本文へジャンプ

日本語と日本社会の関係を探る

本田研究室 HONDA Laboratory
教授:本田 弘之(HONDA Hiroyuki)

E-mail:
[研究分野]
社会言語学、日本語教育学、言語政策
[キーワード]
日本語教育(読解・記述)、言語政策、言語景観、「やさしい日本語」

研究を始めるのに必要な知識・能力

日本社会を観察・調査・分析するための日本語運用力を備えていることが必要です。
社会言語学は、フィールドワークが必要です。誰とでも仲良くなれる「人なつこさ」「自己開示力」も大事です。

この研究で身につく能力

日本社会には、すでにたくさんの海外出身者が暮らしています。そして、今後、もっと多くの移住者がやってくるでしょう。先住者である日本人と移住者である外国人のコンフリクトを軽減する必要があります。その鍵になるのは、日本語のコミュニケーション能力です。
この研究室では、「どのように日本語を使い」「どのように日本語を習得するか」を考えていきます。「人とことば」「社会とことば」の関係を考えて「ことばを活用する」ことの専門家になることをめざします。

【就職先企業・職種】 地方自治体・企業などで外国人と接触する部署、日本語教育機関、サインデザイン関係

研究内容

 国立国語研究所などによる大規模な日本語コーパスの確立以降、日本語関連分野では研究方法の革新が急速に進みました。言語としての日本語研究は、ほぼ完成され、新しい研究テーマは一部のニッチな分野にしか残っていません。
 一方で、日本社会は、日本人人口の減少と外国人住民の増加により、大きな変革期を迎えています。言語や文化の異なる人々が調和のとれた社会をどのように形成していくかが最大の課題となっています。従来の日本語学から自律的に発展してきた日本語教育学は、このような状況に直面しています。
 本田研究室では、新しい日本社会に必要な日本語教育の分野において、社会言語学的方法論を用いた研究を行います。

(1) 日本語教育の方法論に関する研究

 地域に日本語が母国語ではなく、そして、さまざまなバックグラウンドを持つ移民を受け入れるとき、効果的かつ効率的な日本語教育を普及させることが、コミュニティの再構築のカギとなるでしょう。
 言語としての日本語を見ると、学ぶことはそれほど難しいことではありません。しかし、人類史上類を見ないほど複雑な記述システムをもっています。これが日本語を学ぶ上でのポイントになると言えます。
 このような観点から、日本語教育、特に読み書きを中心とした学習・指導法の研究を続けています。

(2)「やさしい日本語」の研究

 移住者に日本語を覚えてもらうのと同時に、日本人に「わかりやすい日本語」を使ってもらうことが大切です。これまでのように、日本人にしかわからない日本語を使い続けることはできません。そのため、外国人の目線で日本語を見つめ直す研究が必要になってきています。

(3) 日本の「文字コミュニケーション」の独自性に関する研究

 これまで日本語は、ドイツ語や英語に比べて非常に「高いコンテクスト」を持つ言語とされてきました。しかし、空港や駅、電車内の公共サインの比較研究では、日本の公共サインがドイツ語やオーストラリアの公共サインに比べて、非常に低いコンテクスト文化的側面を持っていることが明らかになってきました。
 世界の他の地域の公共サインの調査や比較を行うことで、このような「文字に書かれた日本語」文化の特殊性を明らかにします。

主な研究業績

  1. 『新・日本語教育を学ぶ』2020(共著)三修社
  2. 『日本語教材研究入門』2019(共著)くろしお出版
  3. 『やさしい日本語と多文化共生』2019(共著)ココ出版
  4. 『日本語教育学の歩き方(改訂版)』2019(共著)大阪大学出版会
  5. 『街の公共サインを点検する』(共著)2017 大修館書店

研究室の指導方針

学生一人一人の希望と興味にしたがって研究テーマを話し合っていきます。
「研究内容」に書いたとおり、すでに「言語としての日本語」研究は、ほぼ完了しています。したがって、一般言語学にもとづく伝統的な日本語研究は、奨励しません。
近未来の日本社会を考えた社会言語学的な立場から日本語および日本社会の研究をすることを希望します。たとえば、日本社会の中で日本語がどのように使われているか、日本にやってきて暮らしている移住者にわかりやすい日本語はどのようなものか、といったテーマです。
修士の2年間は、決して長い時間ではありません。時間的な余裕をもって論文を完成することをめざします。

ページの先頭へもどる