本文へジャンプ

クリエイティブマインドを起動する 「デザイン思考」

永井研究室 NAGAI Laboratory
教授:永井 由佳里(Nagai Yukari)

E-mail:ynagaijaist.ac.jp
[研究分野]
デザイン学、知識創造、イノベーションデザイン、創造的思考、知識科学
[キーワード]
知識創造、デザイン、芸術、イノベーション

研究を始めるのに必要な知識・能力

デザインの動機や方法、あるいはコツを知りたいなら、思考過程を解明していくとヒントが見つかります。デザイン思考や創造的な問題解決には、あなたの感動や気づきが重要です。自分の創造性を開花し、社会の課題に取り組みましょう。

この研究で身につく能力

新しいコンセプトを創出する問題発見力、企画や構想力、それを実現させる計画力と実行力、さらには表現力と説得力が身につきます。ひとことで言うと「デザイン力」です。デザインは人間とモノやコトの関係が大事ですので、モノの機能やサービスのアイデアだけでなく人間の心がカギとなります。研究では調査・フィールド観察・実験を行います。その中で分析力と「仮説」を生成する力が自然に身につきます。デザインは、人間だからこそできる思考だといわれています。ぜひ、その力を高めましょう!

【就職先企業・職種】 メーカー、情報デザイン系企業、研究開発職、クリエイティブ産業

研究内容


図1.アイカメラによる視線追跡でデザイナと
ユーザの見方の違いを検証

図2.学生主体のイノベーションデザインワークショップ

 知識創造としてのデザインを研究しています。
 これまでにない新規な製品やサービスのアイデアを創出し、それを社会や市場での価値にむすびつけていくために、「デザイン」はたいへん重要な役割を担います。その謎にせまるため、研究は次の3つのアプローチで行います。

(1)理論的アプローチによる研究

 認知科学を基礎に、人間の創造性や思考を研究し、コンセプト生成プロセスの解明を進めています。

(2)デザインは実践研究

 様々な状況に応じた問題解決の方法としてデザインが期待されています。実際のデザインの現場で行われている様々な工夫を知るための観察を行います。実践している人が実は気付いていないなど、分析して初めて分かることもあります(図1)。

(3)ワークショップ

 デザイン現場(フィールド)が、大学の中にあったら理想的ですよね。イノベーションデザインを目指して本格的な立体試作ができるワークショップでチャレンジしています(図2)。
 例えば、いしかわ動物園で車椅子での散策支援ナビゲーションシステム開発やコミュニケーションゲームを展開しています。また、地域の農産物を用いた6次産業商品の開発や、新しいクラフトの提案など、デザイン知識を活用して、社会課題に取り組んでいます。

主な研究業績

  1. Ding Wei, Jader Zelaya, Yukari Nagai, Mindsets of Craftsman: From barrier to lever, International Conference on Knowledge, KICSS BEST PAPER AWARD, Information and Creativity Support Systems (The KICSS 2016), Jogjakarta. Indonesia. (2016)
  2. Ding Wei, Jader Zelaya, Yukari Nagai, Guo Xiao and Liu Jing, HEALTH MONITORING SMART CLOTHING FOR HUMAN CENTRIC CREATIVE DESIGN, International Conference of Design Creativity 2016, Georgia Tech. USA. (2016)
  3. BOOK: YUKARI NAGAI, Creativity in Individual Design Work, in Experimental Design Research, pp 67-81, Springer (2016)

使用装置

3Dプリンタ&3Dスキャナー
アイカメラ等生体情報分析装置
JAIST Fab.(ワークショップ環境)

研究室の指導方針

デザインは生き生きした人間の創造性による活動です。研究に取り組むよう、学生の自主性を尊重しつつ、世界水準の研究拠点として、常に社会を視野にいれた指導を行っています。独創性を重んじていますが、チームとしての総合力を高めるには一人一人の個性とお互いの関係が大切なので、研究室全体が一つのチームとして向上するように心がけ、プロジェクト型研究を進めています。

[研究室HP] URL:http://www.jaist.ac.jp/ks/labs/nagai/cgi-bin/Japanese/

ページの先頭へもどる