本文へジャンプ

言語・コミュニケーション・社会制度を対象に
知識の創造・共有・活用を考える

橋本研究室 HASHIMOTO Laboratory
教授:橋本 敬(Hashimoto Takashi)

E-mail:hashjaist.ac.jp
[研究分野]
複雑系、進化言語学、進化経済学、知識科学
[キーワード]
言語、コミュニケーション、制度、創発、進化、コミュニティ、シミュレーション、ゲーミング

研究を始めるのに必要な知識・能力

新しい研究に必要な知識はそのつど身につけていけばいいので、特に必要な知識はありません。プログラミング、数学、本を読む、現場に出る、 モノを作るなど、なにか得意とすることがあると、それを活かした研究ができるでしょう。あとは、論理的にしっかり考えようとする気持ちが大切です。

この研究で身につく能力

研究課題を設定し、具体的なデータを得てそれを分析し、そこから自分の主張を作りあげるという研究活動を通して、問題を見出して分析する能力と論理的に考える力が身につきます。そして、各研究で用いる方法に応じて、プログラミング、実験計画、社会調査、コミュニティ活動などの実践的スキルが得られるでしょう。ゼミでは異なる対象・方法論の研究発表を聞いて一緒に議論するので、幅広い視点や知識を得ることができます。さらに、しっかり構成された修士論文を書くところまで研究に取り組むことで、具体と抽象を行き来し、自分の考えを人にきちんと伝える能力が身につきます。これらの能力は、社会に出てからも、自分が出会う問題を見極め、既存の知識を活用しつつ解決策を新たに作って人と協働していく上でとても役立つものです。

【就職先企業・職種】 業種は情報系企業、ゲーム会社、コンサルタントなど、職種は、データサイエンティスト、大学・企業・研究所の研究者、システムエンジニア、プログラマなど

研究内容


二者同時脳波計測(予備実験)の様子

社会課題の解決を考えるゲーミングの様子

私たちは、言語、コミュニケーション、社会制度を対象に、どのようにして知識が創造・共有・活用されるかについて、ダイナミクスと相互作用を重視する複雑系の観点で研究しています。このような知識の創造や活用を探求する学問を知識科学といいます。研究の方法としては、シミュ レーション、数理モデル、実験、脳波測定、社会調査、ゲーミングなど、 解明したい・解決したい対象に適した様々な方法を用います。異なるテーマ・異なる方法論の研究を行うメンバーが一緒に議論し切磋琢磨することで、研究の幅を拡げ深みを増すとともに、学生の成長が促されます。

具体的にはつぎの3つのテーマを中心にしています。

1)言語の起源と進化

言語は、知識の表現や伝達そして思考に用いられることで創造性を飛躍させる、人間を人間たらしめるとても大切な能力です。この能力を私たち人間はどのようにして得たのでしょう。そして、どのように今のような言語になったのでしょう。このような根源的な点から言語を考えることで、言語と人間の本質が見えてきます。学生の研究では、必ずしも起源や進化に限らず、言語に関するテーマを幅広く扱います。たとえば、 留学生がオノマトペ(擬音語・擬態語)をうまく学習する方法や、複数言語の学習が思考・認識・言語知識に与える影響、といった研究を進めています。

2)コミュニケーションのダイナミクス

コミュニケーションと言語は同一視されがちですが、実は異なるものです。人間は言語以外の様々な手段でコミュニケーションをするし、言語はコミュニケーションにだけ用いられるものではないからです。また、コミュニケーションでは「なにかを伝える」だけでなく、「なにかを共に創り出す(共創する)」ことも起き得ます。わたしたちの研究室では、互いに意図を共有し、共創が生じるようなコミュニケーションを人々はどのように実現してるのだろう、ということを探求しています。この研究では、 シミュレーションや認知実験に加え、他大学と協力して2人の脳波を同時測定し分析する研究も進めています。

3)社会制度の変化とデザイン

人々がコミュニケーションをしていると自然に思考や行動の型のようなものが生まれ共有されてきます。これが社会制度であり、社会を成り立たせる大事なものです。制度がどうやってできるのか、どう変化するかを理解し、どのような制度を作れば人々がより幸せに暮らせる社会になるのかが、このテーマの探求目標です。この考えのもと、シミュレーションや調査のデータから理論的に考えるとともに、理論的な知見を活かして実際にコ ミュニティで制度づくりを実践し、その効果を計測・分析することにも取り組んでいます。

主な研究業績

  1. 橋本 敬(2014)「記号コミュニケーションはどのように成立する か」、今井むつみ・佐治伸郎(編著)『言語と身体性』、岩波講座 コミュニケーションの認知科学 第1巻、第9章、岩波書店、pp.235-260.
  2. Guanhong Li, Takeshi Konno, Jiro Okuda and Takashi Hashimoto (2016) An EEG study of human mirror neuron system activities during abstract symbolic communication. Advances in Cognitive Neurodynamics (V), Rubin Wang and Xiaochuan Pan (Eds.), Springer, pp. 565-571.
  3. 小林重人、吉田昌幸、橋本 敬(2013)ゲーミングとマルチエージェントシミュレーションによる地域通貨流通メカニズムの検討、シミュレーション&ゲーミング、Vol. 23、No. 2、pp. 1-11.

使用装置

PCクラスタ
高速リフレッシュレート・応答速度の視覚刺激提示装置
メガネ型視線計測装置

研究室の指導方針

本研究室では、研究を通じて成長しようという気持ちを大切にし、学生自身の興味から、学生と教員が一緒にわくわくして取り組 める研究テーマを設定しています。毎週のゼミでは、論文紹介と研究進捗報告をそれぞれ1名が担当し、メンバー全員で議論をし ます。異なる対象や方法の研究をみんなでしっかり議論することで、多様なものの見方、掘り下げたり俯瞰的に見たりする思考力、 異なる研究や視点・意見を自分の研究に展開する力を鍛えます。また、学生と教員の個別ミーティングを適宜持つことで、研究や 就活などの相談をじっくり行います。

[研究室HP] URL:http://www.jaist.ac.jp/ks/labs/hashimoto/

ページの先頭へもどる