本文へジャンプ

現場(フィールド)の手触りにこだわった
研究をしています

伊藤研究室 ITO Laboratory
准教授:伊藤 泰信(Ito Yasunobu)

E-mail:itoyasujaist.ac.jp
[研究分野]
文化人類学、知識社会学、エスノグラフィ
[キーワード]
教育人類学、科学技術の人類学、医療エスノグラフィ、産業系エスノグラフィ、デザインリサーチ、サブカルチャー研究

研究を始めるのに必要な知識・能力

とくにありません。しいていえば、1つの問いに対して1つの解答しかないという、学校算数的な問題設定から離れて、必ずしも答えが1つではないような、現実社会の複雑性に目を向けようとするような構えが要求されます。

この研究で身につく能力

本研究室では、さまざまなコミュニティや組織の知を、文化人類学的視角から研究しています。物事を社会科学的に把握する能力、および方法論としてのエスノグラフィの能力を身につけることができます。エスノグラフィは、我々にとって馴染みのある事象を“異化”して把握する力をもつ方法論です(馴質異化)。我々がよく知っている会社や病院、学校や大学、研究所の実験室など、その現場にいる人々にとって当たり前すぎて、あえて言語化して問わないような「言わずもがな」「問わずもがな」の事象を“異化”しながら記述・分析するエスノグラフィは、現場の課題発見や人々の生活に潜むニーズ発掘のためのインサイトなどに繋がるとされ、ビジネス/デザインの領域でも重用されるに至っています。こうした能力を本研究室では涵養します。

【就職先企業・職種】 技術営業、コンサルティング、マーケティングリサーチ、UXデザインなど

研究内容



左 伊藤泰信、2007、『先住民の知識人類学』世界思想社(第7回日本オセアニア学会賞 受賞)
右 伊藤泰信編、2009、『ラボラトリー=スタディーズをひらくために』JAIST Press.

エスノグラフィ(Ethnography)

 エスノグラフィ(現場密着型の質的調査)は、もともとは文化人類学者が素朴な伝統社会を綿密に調査する方法論でしたが、現在は経営学・医学・看護学・科学技術研究などでも広く取り入れています。いまだ発展途上とはいえ、近年では、産業・ビジネス分野でも、例えば消費者のインサイト(洞察)を探るマーケティング調査などに用いられつつあります。ただ、当の文化人類学者はこれまでビジネス分野でのエスノグラフィにはなかなか積極的ではありませんでした。また、もし産業・ビジネス分野で文化人類学的手法(エスノグラフィ)を真に使えるものにしようとするならば、 文化人類学じたいをも更に学問的かつ実務的に鍛え上げる必要があります。こうした側面を念頭に置きながら研究を進めることに よって、一方で社会に貢献し、他方で文化人類学の可能性を切り開くことが肝要だと考えています。

現場(フィールド)から考える

 修士課程学生であっても、なるべく現場(フィールド)に飛び込んでいくエスノグラフィ研究を勧めることにしています。もちろん、職業的な文化人類学者の現地調査は1−2年にわたります(私も 博士課程の頃、ニュージーランドの先住民の村などに計2年以上にわたって住み込んで調査をした経験があります)ので、修士課程では長期の現場調査は容易ではありません。むしろ、学部時代の専門を活かすことのできるフィールドを選んでもらい、短期間である程度結果がでるように、調査を工夫するよう指導しています。

領域横断的な環境でのユニークな文化人類学

 狭義の文化人類学や社会学を教える大学院は日本国内に多々あります。しかし、学部のバックグラウンドを問わない、先端科学技術研究科というインターディシプリナリな環境でそれらを学ぶことで、他の大学院では出せないようなユニークな研究成果が出せるものと考えています。理系の(たとえば工学系の)学部教育を受けてきた学生が、文化人類学や社会学を私の研究室で学ぶことにより、学部時代の知識を活かしつつ、ものつくりの工場の現場の課題抽出を目指したエスノグラフィを試みる、などが一例です。 そうした試みは、文化人類学だけ、社会学だけ、を学部から専攻してきた学生にはないユニークなエスノグラフィ研究を生み出す可能性を秘めています。私の研究室に所属する学生は学部レベルでは看護系・医学系・工学系・教育学系など様々なバックグラウ ンドを持っています。
 近年、研究室では、科学研究を行う実験系ラボや、病院などの医療福祉施設を主たる対象としたエスノグラフィ、また、デザイン思考とエスノグラフィとを組み合わせた応用的な調査・研究を志す学生が増えてきており、そのような新しい対象・テーマに取り組んでみたいという学生を求めています。

主な研究業績

  1. Ito, Y, 2016, “'Ethnography' in Japanese Corporate Activities: A Metaanthropological Observation on the Relationship Between Anthropology and the Outside,” H Nakamaki et al. eds., Enterprise as an Instrument of Civilization, Springer, 55-72.
  2. Yamaguchi, H and Y Ito, 2014, “Improving the Effectiveness of Interprofessional Work Teams Using EHR-based Data in the Treatment of Chronic Diseases: An Action Research Study," Proceedings of PICMET '14: Infrastructure and Service Integration, 3492-3497.
  3. 伊藤泰信編, 2009,『 ラボラトリー=スタディーズをひらくために──日本における実験系研究室を対象とした社会科学研究の試みと課題』JAIST Press.

研究室の指導方針

学者であれ、ビジネスパーソンであれ、自分たちの当たり前の発想から自由になること・抜け出すことは、なかなか容易ではありません。文化人類学的なアプローチ、エスノグラフィという方法論はそれらを解きほぐす(“リフレーミング”する)のに優れています。社会科学な視点と方法論とを実践できる学生の育成を目指します。東京サテライトの学生と石川本校との学生とを繋いだ遠隔ゼミを定期的に実施しています。また、文化人類学・社会学の基礎的な知識を身につけるため、基礎文献群のレビューを研究室独自の課題としています。

[研究室HP] URL:http://www.jaist.ac.jp/profiles/info.php?profile_id=427

ページの先頭へもどる