menu

IE使用時の証明書取得手順

InternetExprolerを用いてクライアント証明書を取得する場合には,事前の設定変更が必要となります。

IE事前設定変更 1 (信頼済みサイトへの登録)

Internet Explorerを起動し,ツール->[インターネットオプション[O]]を選択します。

インターネットオプションウィンドウが開いたら,[セキュリティ]タブ -> [信頼済みサイト]を選択します。
画面下の[保護モードを有効にする]のチェックを外し,[サイト(S)]ボタンをクリックしてください

信頼済みサイト管理画面が開きます。
[scia.secomtrust.net] を入力し,[追加(A)]をクリックします。
[https://scia.secomtrust.net] が [Webサイト(W)] 欄に移動したことを確認し,[閉じる]をクリックしてください。

 

 

 

 

IE事前設定変更 2 (JavaScriptとActiveXの設定)

インターネットオプション画面に戻り、[レベルのカスタマイズ(C)…]をクリックしてください.

[スクリプトを実行しても安全だとマークされていないActiveXコントロールの初期化とスクリプトの実行]の[ダイアログを表示する]にチェックします。

同様に[JAVAアプレットのスクリプト]->[有効にする]にチェックし,[OK]をクリックしてください.

設定を変更する旨のポップアップメッセージが表示されたら、[OK] を押してください。

[インターネットオプション]の設定は以上です。[OK]を押して終了してください。

 

 

 

IE事前設定変更 3 (互換表示設定)

互換表示の設定を行います.[ツール] ->[互換表示設定]をクリックしてください.

 

 

 

 

 

 

 

[secomtrust.net] を入力し,[追加(A)]をクリックします。
[secomtrust.net]が[互換表示に追加したWebサイト]欄に移動したことを確認し,[閉じる]をクリックしてください.

 

 

 

 

 

 

 

Internet Explorerを使用した場合のクライアント証明書取得手順

 IEで電子証明書を取得する場合、事前にIEの設定変更を行わないと処理に失敗しますのでご注意ください。

 

【手順1】J-UPKIシステムにアクセスし、証明書の発行申請手続きを行います。

J-UPKIシステムにログイン後、[発行] をクリックします。

既に証明書が発行済みの場合、[発行] は現れません。再度証明書発行を希望する場合は、発行済みの証明書の失効を行う必要があります。失効を行うと対象の証明書は無効となりますのでご注意ください。

 

   J-UPKIシステム  (SSL-VPN接続を含む学内LANからのみアクセス可)

 

【手順2】UPKIの証明書ダウンロード用のサイトにアクセスします。

手順1 の処理が完了後(数分かかります)、J-UPKIシステム上で [証明書をダウンロード] が表示されるので、これをクリックて UPKIのWebサイトにアクセスします。

 

 

【手順3】UPKIのWebサイトからクライアント証明書を取得します (IEに自動的にインポートされます)。

【手順3-1】

UPKIの証明書ダウンロードページの "【STEP2】CSPと鍵長を選択" の画面で、次の操作を行ってください。

 

CSP: Microsoft Enhanced Cryptographic Provider v1.0 (初期値から変更する必要あり)
鍵長
: 2048bit

を選択して [発行] をクリックしてください。


注意:
・[発行] ボタンを押した後、【STEP3】の画面が表示されるまで何もせずにお待ちください。
・[発行]ボタンを複数回押したり[一つ戻る]ボタンを押したりブラウザを閉じたりしないでください。証明書が取得できなくなります。

【手順3-2】

UPKIの証明書ダウンロードページの "【STEP3】証明書を受け取る" の画面で、次の操作を行ってください。

 

[クライアント証明書のインストール] をクリックしてください。

右のダイアログが表示された後, WEBブラウザにインポートされた証明書の確認に基づいて,証明書がWEBブラウザにインポートされていることを確認してください.

【手順3-3】

 UPKIの証明書ダウンロードページの "【STEP4】証明書の確認" に表示されている確認を行ってください。