menu

はじめに

Internet Explorer(IE)を使用してクライアント証明書を取得する場合、事前にIEの設定変更が必要となります。

(Firefoxを使用する場合は、特に設定変更は必要ありません)

設定手順

メニューの "ツール”、またはツールアイコンから "インターネットオプション" を開く。

"セキュリティ" タブ、"信頼済みサイト" を選択し、"サイト" をクリックする。
"保護モードを有効にする" にチェックが入っている場合はチェックを外す。

"このwebサイトをゾーンに追加する" 欄に

scia.secomtrust.net

を入力し、"追加" をクリックする。

"Webサイト" の欄に、前の手順で入力したURLが移動したのを確認し、"閉じる" をクリックする。

"信頼済みサイト" を選択した状態で、"レベルのカスタマイズ" をクリックする。

"スクリプトを実行しても安全だとマークされていないActiveXコントロールの初期化とスクリプトの実行"
の項目について、"ダイアログを表示する" に設定する。

"スクリプト" の項目について、"有効にする" に設定し、"OK" をクリックする。

設定を変更するか確認された場合は、"はい" をクリックする。

メニューの "ツール”、またはツールアイコンから "互換表示設定" を開く。

"追加するWebサイト" の欄に

secomtrust.net

を入力し、"追加" をクリックする。

"互換表示に追加したWebサイト" の欄に、前の手順で入力したものが移動したのを確認し、"閉じる" をクリックする。