menu

はじめに

学内の無線LANを利用するIP電話機の一部において,電波状態を示すアンテナ表示が「圏外」になりやすいものがありました。

これは無線IP電話機の設定によるものであり,正しく設定することで直ります。

お心当たりの方は次の手順で設定変更をお試しください。

 

手順

機種: N-04B (NTT docomo) の場合:

 

1. [MENU]ボタンでメニュー画面を表示し,[本体設定]を選ぶ。

2. [外部接続] (または[その他設定]) → [Wi-Fi] → [Wi-Fi設定] →[接続先切替] → [接続先一覧] → 適切な接続先(SSID=JAISTALLになっているもの)を選ぶ

4. [Wi-Fiモード設定] → [通信チャネル設定] → Auto(1-14ch) を選択する。

5. [確定]→[確定]→[完了] と進む。(ここで変更した設定が保存され,反映されます)

お知らせ

この手順は,無線IP電話機の無線LANチャンネルを,1ch-14chの範囲で自動選択させるものです。
(1,5,9,13chから自動選択する設定だと圏外になりやすいので,それを改める手順です。)

設定変更方法は一部の機種のみを紹介していますが,他機種でも同様の設定項目がある場合は,それを変更することで同様の効果が見込めます。

さいごに

他の機種でも,SSIDの設定画面の近辺でチャンネル設定ができるようになっていると思われます。

(チャンネル設定はSSID毎の設定だからです。)


機種によってはチャンネル設定ができず、最初から1ch-14chの自動選択になっているものもあるかと思います。

その場合は設定変更は不要です。