menu

ライセンス

学内ユーザ向けに以下のネットワークライセンスをご用意しています.

DMOL3 Morecular

64FL

DMOL3 SolidState

32FL

DMOL3 Interface

1FL

CASTEP

32FL

CASTEP Interface

1FL

VAMP

32FL

VAMP Interface

1FL

Discover(Forcite plus)

2FL

Compass

1FL

Amorphous Cell

1FL

DFTB+

1FL

Reflex

1FL

  Blends 1FL

Visualizer

61FL

 

○ライセンスは全学共用です.
特にVisualiserはアプリケーション起動によってライセンスが消費されますので,
必要のない間はアプリケーションを終了し,ライセンスを返却して下さい.

計算サーバを利用する: Visualizer

Visualizerを利用してPC クラスタシステム  CX250 Cluster (pcc: Matstudioキュー)に計算ジョブを投入することができます.

# 注意:計算ジョブ実行終了までVisualizerとPCクラスタを接続状態にしておく必要があります.途中でネットワークが切れる,端末がスリープになるなどで接続が切れた場合は,正常に結果が得られない場合がありますので,ご注意ください.

機器メンテナンス等のため,計算機が一時的に停止することがあります.メンテナンス情報は当Webサイトトップページのニュース欄をご覧頂くか,MPCグループへの加入をご検討ください.

Visualizerは本学のWindows 仮想デスクトップ から利用するほか, ご自分のPCにインストールして利用することもできます.下記[個人PCで利用する]をお読み下さい.

 

Visualizer設定

1. Visualizerを起動し,サーバコンソールを開きます.

  画面上部のメニューからTools -> Server Consoleを選択してください.
  Server Console ウィンドウが開いたら,Server Gatewayを選択し,右クリック->新規作成を選びます.

 

2. サーバコンソールにPCクラスタを追加します.

  手元のパソコンにインストールしたMaterials Studioのバージョンに応じて以下のように設定してください.

   URL:
       pcc.jaist.ac.jp , lmpcc.jaist.ac.jp
   Port Number:
    18888 (pcc: MS Ver8.0, lmpcc: MS ver2020)
           18889 (MS Ver2018)
           18989 (MS Ver2018: Dmol, CASTEP不可,32Coreまで利用可能)

3. 3.ここまでで設定は完了です.
以下の方法で,実際に計算を行う際のジョブ投入先をPCクラスタに変更できるようになります.

通常の計算同様に,画面上部のメニューから,Modules -> dmol3 -> Calculation を選択します.
Job Controlのタブを選択し,Gateway Locationにhpccを選択してください.

・始めはCore数を1~2程度にしてお試しください.

・キューの設定は以下をご利用いただけます.

   キュー:

       Matstudio  (Materials Studio一般)
       MS_Forcite  (Forcite)
       MS_Compass (Compass)
       MS_Amorphous (Amorphous Cell)
       MS_dftbplus (DFTB+)

計算サーバを利用する:スタンドアロンスクリプト

PCクラスタシステム (ホスト名: pcc, )にインストールされているdmol3などの実行ファイルを直接利用して,並列かつ高速に計算させることができます.

スクリプト (pcc)#
Dmol3: /work/opt/Accelrys/MaterialsStudioX.X/etc/DMol3/bin/RunDMol3.sh,
Castep: /work/opt/Accelrys/MaterialsStudioX.X/etc/CASTEP/bin/RunCASTEP.sh,
DFTB+: /work/opt/Accelrys/MaterialsStudioX.X/etc/DFTB/bin/RunDFTB.sh
(X.Xに当たるバージョンは 5.5, 6.0, 6.1, 7.0, 8.0, 17.1をご用意しています)

利用例(:dmol3)

0. 入力ファイル群を準備する

計算に利用する入力ファイルを事前に作成して下さい.

1. PCクラスタにログインする

% ssh pcc -l xxxxx (ユーザ名)

2. ご自身のホームディレクトリに移動し,入力ファイルをコピーする

% cd /home/xxxxx(ユーザ名)/MS

* 初回利用時は作業ディレクトリがありません.以下のようにディレクトリを作成してください.
% mkdir /home/xxxxx(ユーザ名)/MS(任意の名称)

* Windowsで作成した入力ファイルを, scpツール等で直接pcc:/home/xxxx/MS にコピーすることもできます.
* h2o.input, h2o.car, など必要な入力ファイルをすべてコピーしてください.


3.  ジョブを投入する

PCクラスタはジョブシステムによって制御されています.
計算する際はPBSスクリプトを作成し,適切なキューにジョブを投入します.
スクリプトとジョブ投入に関するその他の情報はPCクラスタのWebサイトをご参照ください.

% qsub -q SINGLE dmol3.sh <-- PBSスクリプト

7日間以内に終了するジョブの場合はSINGLEキュー, SMALLキューをお勧めします.

#PBSスクリプト作成例 (dmol3.sh)

#!/bin/csh
#PBS -N MStest   <-- ジョブ名
#PBS -l ncpus=1 <-- 1Coreを使って計算します
#PBS -j oe

cd $PBS_O_WORKDIR
setenv PATH ${PATH}:/opt/Accelrys/MaterialsStudioX.X/etc/DMol3/bin
(X.Xにご希望のバージョンを入れてください)
RunDMol3.sh -np 1  h2o  <-- -np オプションの値はncpusと同じにします
                <-- h2o.input, h2o.car, 等のインプットファイル類は事前にご用意ください.

個人PCで利用する

ご自分のPCにMaterials Studioをインストールして利用できます.

・システム要件(Materials Studio2018):

こちらをご覧ください.

 

・インストールについて
Windowsにインストールされる際は,フルインストールをお勧めします.
Visualizerのみのインストールも可能ですが,計算は実行できません.

 

・ライセンスサーバ:
Materials Studioのライセンスサーバは以下です.

lmgr.jaist.ac.jp : 1715

学外等からMaterials Studioを利用する際は,ライセンスサーバにアクセスするため SSL-VPN等で学内環境に接続してください.

ダウンロード(学内限定)

・インストーラ:


以下のサイトからダウンロードしてください.
ソフトウェアダウンロード