PCサイトを見る

研究

エクセレントコア (国際的研究拠点)・リサーチコア・研究施設(センター)

協生AI×デザイン拠点

AIとデザインを基軸とした人の創造的な能力の拡張

 コンピューティング技術の劇的な進化により、深層学習に代表されるように人間の複雑な情報処理の一部をコンピュータが担うようになってきました。また、超高速データ通信が可能になったことで、世界中のビッグデータに瞬時にアクセスできる環境が整備されています。このような情報化社会において取り残されているのが、利用者である「人間」です。本リサーチコア拠点は、AIとデザインをバックボーンとして、人の創造的な能力を拡張することを目標とし、情報化社会の発展形態である創造的社会の構築に資する研究を推進します。
 具体的には、デザイン思考に基づき、目に見えない未来の可能性、すなわち生活の豊かさや生きる喜びを見える形へと具象化することを第一義とし、先端技術としてのコンピューティング、インタフェース、コミュニケーション、デジタルメディア等を有機的に結合することで、人の創造性を支援・拡張するとともに、生活の豊かさを享受し創造性を発揮できる環境の構築および、応用研究としての社会実装とその検証を目指します。以下の4レイヤに分け、研究開発を推進します。

基礎要素技術:

  1. 知的処理コアレイヤ
    高度知的処理技術の研究開発:深層学習やビジュアルコンピューティングなど
  2. インタフェースレイヤ
    知的処理コアとユーザを接続する操作系・表現系の研究開発:ヒューマンマシンインタフェース、XR技術、マルチモーダルインタラクションなど
  3. インタラクションレイヤ
    知的処理コアとユーザによる協調活動支援技術の研究開発:HCI、エンタテインメントコンピューティング、デジタルファブリケーション、創造活動支援、知識創造支援システム、生活支援、CSCW、コミュニケーション支援など

統合技術開発:

  1. コハビテーションレイヤ
    知的処理コアとユーザの協生による創造的社会の構築を目指したデザイン思考およびSTEAMに関する研究開発

cohabitativeaidesign.png

PAGETOP