PCサイトを見る

研究

エクセレントコア (国際的研究拠点)・リサーチコア・研究施設(センター)

超越バイオ医工学研究拠点

機能性マテリアルを活用した革新的医療技術の創出

 がんをはじめとする難病の早期診断・根本治療技術、事故等で失われた組織や臓器を元に戻すことが可能な再生医療の実現は、我が国のみならず、多くの先進国が抱える緊急の課題となっています。本リサーチコア拠点の研究理念は、このような世界規模の医療ニーズに応えるべく、「機能性マテリアルの設計と合成を基軸とした、がんと再生医療のための革新的な診断・治療システムの構築を中心に、我が国の健康持続社会の実現に貢献する」ことです。また、一日でも早く、患者さんに安心安全で効果的な医療技術を届けることを最大のミッションとしています。
 私たちの拠点では、上記の研究理念を実現すべく、1)がんを克服するための診断・治療技術(都英次郎准教授)、2)人工臓器、ドラッグデリバリーシステム、再生医療のための生体調和型高分子材料(松村和明教授)、3)疾患に係るバイオマーカーを高選択的に認識可能な機能性糖鎖材料(山口拓実准教授)、4)バイオ医薬品創出に向けた人工タンパク質改変技術(芳坂貴弘教授・渡邉貴嘉講師)、5)光を使った核酸医薬・ゲノム編集技術の開発(藤本健造教授)に取り組み、学内外及び国際的な連携を推進します。また、研究室間での共同研究やサブテーマを通した交流を促進し、若手研究者の教育に注力します。さらに、企業等との共同研究を積極的に実施することで、研究成果の逸早い社会実装を目指します。

cohabitative-AID.png

PAGETOP