PCサイトを見る

研究

エクセレントコア (国際的研究拠点)・研究施設(センター)

サイレントボイスセンシング国際研究拠点

超微細加工とデバイスの拓く夢の世界

 サイレントボイスセンシング国際研究拠点の目的は、極限まで高感度・高性能化したセンサの研究開発と、感性工学に基づくインタフェース/空間デザインとを融合し、身体だけでなく精神的・社会的にも健康な生活環境を実現するセンサシステムの社会実装です。また同時に幅広い海外研究機関、関連企業パートナーとの緊密な産官学ネットワークを最大限に活用した学生研究指導プログラムを推進し、グローバル研究教育活動を実施します。
 私たちの身の回りにあるモノ・生活環境・社会インフラ・自然、そして私たち自身は、多くの微弱な信号(ガス、振動、音、光、化学物質、生体物質)を発しています。それら信号(サイレントボイス)の検出は、例えば病気の予防/早期発見、物質の劣化/変化予測、精神的ストレスモニタリングなどを可能にします。さらに人や環境に調和したインタフェースやプロダクトデザインを持つセンサシステムの設計は、環境変化の直観的な認識を可能にします。それは自然な形で人の行動に作用し、一人一人のライフスタイルをより多様に、より健康な形へとアップデートしてゆきます。
 私たちは世界に先駆けてサイレントボイスを聴き取るための極限センシング技術を開拓します。更にその最先端技術と人とが調和するインタフェース/プロダクト/システムを設計します。さらに、センシングデータ処理に対するIoT・AI技術、そして将来社会が真に必要とする社会システムの基盤を提供します。私たちの研究拠点は、グラフェンのナノスケール加工技術をベースとした超高感度においセンサや落雷予知に向けた大気中電界センサの研究(水田研究室)、新たな治療法開発を目的とした生体組織や細胞を分子レベルで分析可能なバイオセンサの研究(高村研究室)、印刷法によるセンサ作製を可能とする液体Si材料群の合成(増田研究室)、人と生活環境に調和するシステムデザインの設計(永井研究室)といった異なる領域で活躍する4つの研究室が集まり、多様性ある組織となっています。

svs.png

*エクセレントコア(国際的研究拠点)
エクセレントコアは特定の研究領域について国内外から第一線の研究者が集まる高い研究水準を誇り、最先端の研究設備及び研究環境を有する国際的研究拠点であり自ら研究活動を展開するための施設です。
PAGETOP