価値創造実践
プログラム

【博士後期課程】(2022年度開講)価値創造方法を学修・研究し、日米欧の国際的な大学ネットワークを活用した「グローバル課題解決型学習」の実践を通じて、国際連携研究推進能力を身に着ける

21世紀も20年が過ぎ、私達は気候変動やパンデミックなど、未曾有の危機に取り囲まれています。危機の解決には、多様な人材が各自の専門性を生かして問題を解決する、協働が有効です。しかし、各分野の専門家を集めたドリームチームが成功するとは限りません。専門家は、それぞれ固有の専門知識を持ちますが、それが逆に思考に枠をはめ、想像の翼が広がらないことが失敗要因の一つです。そして、想像の翼を広げることは、実践を通して学習できるスキルと考えます。「価値創造実践プログラム」は、協働による価値創造のスキルを、実践を通じて身に付けることを目的とします。「価値」の次元で問題を捉えること(=リフレーミングすること)で、同じ土俵で問題の本質を捉えた議論ができるようになり、各自の専門性を活かした協働による価値創造が可能となります。

本プログラムでは、価値創造に関する講義に加え、価値創造スキル教育に関心を持つ日米欧の諸大学の国際ネットワークを活用した「グローバル課題解決型学習(Global Problem-based Learning)」を通じて価値創造方法の習得・開発・実践を行います。国際共同研究能力を高め、ひいては国際的に通用する未来価値創造人材の育成を目指します。本プログラムは<自由選択>であり、先端知識科学プログラム、あるいは先端情報科学プログラムに加えて選択することができます。

教育陣

教員一覧ページをご参照ください。