PCサイトを見る

ニュース・イベント

受賞

学生の生田さんが情報処理学会ヒューマンコンピュータインタラクション研究会において学生奨励賞を受賞

 学生の生田泰章さん(博士後期課程2年、ヒューマンライフデザイン領域西本研究室)が情報処理学会ヒューマンコンピュータインタラクション研究会において学生奨励賞を受賞しました。

 参考:http://www.sighci.jp/


■受賞年月日
 平成29年2月22日

■論文タイトル
 Text ComposTer:文章作成の上流工程で生じる棄却テキスト断片を知的資源化するシステム
 (平成28年6月2日~3日 岩手県立大学アイーナキャンパスで開催の第168回研究会で発表)

■論文概要
 論文や企画書などの文書を作成するとき、初めから完成形を執筆できるわけではなく、試行錯誤の過程を経て完成させていくことが一般的です。この過程で、(この文書では)不用であると判断された本文の一部(テキスト断片)は削除されてしまいます。しかし、削除されたテキスト断片は別の文脈で活用可能な知的資源となるかもしれず、ただ削除されているのは「もったいない」です。本論文では、このような削除されたテキスト断片を蓄積しておき、後に知的資源として活用可能とする機能を有する文書作成支援システムText ComposTerを提案しました。そして、被験者実験を行い、Text ComposTerが活用可能性の高いテキスト断片を蓄積可能なことを実証しました。

■受賞にあたって一言
 このような賞をいただきましたことを、大変うれしく、また光栄に思います。ご指導いただきました西本一志教授、並びに実験に協力いただきました被験者の方々に深く感謝申し上げます。本論文は、創造活動における「もったいない」を解消するための第一歩となる取り組みです。この受賞を励みに、今後もこのような「もったいない」を解消するための研究を進めてまいります。

nishimoto_0308.jpg

平成29年3月9日

PAGETOP