PCサイトを見る

ニュース・イベント

受賞

学生のNgoさんと高橋さんがNCSP2017においてStudent Best Paper Awardsを受賞

 学生のNGO, Thuan Vanさん(博士前期課程2年)と高橋響子さん(博士前期課程1年)(ヒューマンライフデザイン領域赤木研究室)がNSCP2017(International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing)においてStudent Best Paper Awardsを受賞しました。

 NSCPは、RISP:信号処理学会が毎年開催している会議で、研究者・学生による非線形回路、コミュニケーションと信号処理に関する国際会議です。今年は2月28日から3月3日まで米国グアムで開催され、通算14回目を迎えました。
 Student Best Paper AwardsはNCSP2017における学生発表者(兼 第一著者)による発表論文のうち、ワークショップ委員会において特に優れた論文と認められたものに対して授与される論文賞です。

 参考 http://www.risp.jp/NCSP17/


■受賞年月日
 平成29年3月3日

【NGO, Thuan Vanさん】
■論文タイトル
 「Acoustical analyses of Lombard speech by different background noise levels for tendencies of intelligibility」

■論文概要
 This paper investigates acoustic variations for producing Lombard speech under the effect of environmental dynamics to identify adaptive tendencies of intelligibility. Analyses of acoustic features: duration, F0, formants, spectral tilts, and modulation spectrum on the dataset of speech: −∞ (neutral), 66, 72, 78, 84, and 90 dB noise level were carried out. Analysis results show that the recognized tendencies (neutral-Lombard distinction) including lengthening vowel duration, increasing F0, shifting F1 and decreasing spectral tilt (A1-A3) still preserve among Lombard speech produced in a various noise-level background. Besides, new findings are abrupt changing in F0 at 84 dB, increasing formant amplitudes, H1-H2 variation, and lifting modulation spectrum. Basing on the physiological and psychological knowledge we can reason their correlations with intelligibility. Moreover, those variations are continuously varying with noise level increasing. As a result, it can be suggested that they are related to the adaptive tendencies of intelligibility.

■受賞にあたって一言
 It is my great pleasure and honor to receive the NCSP'S 17 paper award. Firstly, I would like to express a grateful appreciation to NCSP 2017's organizers, the Research Institute of Signal Processing Japan, who gave me an "NCSP'17 Student Paper Award." I deeply thank Prof. Masato Akagi, who supervises and gives me many instructive comments for my research and the participation of the conference. It is also to specially appreciate all members in my laboratory, especially Assistant Prof. Daisuke Morikawa, Doctor Rieko Kubo, Doctor Maori Kobayashi and Prof. Masashi Unoki for their contributions and advice in my research. This award motivates me to study harder and obtain further results.

akagi_ngo.jpg




【高橋響子さん】
■論文タイトル
 「Horizontal Localization of Sound Image and Source in Monaural Congenital Deafness」

■論文概要
 音像とは音響信号を受聴者が聴取することで知覚する像、音源とはその音響信号の発生源です。先天性の一側聾者の日常の体験から、その音像を定位する位置(音像定位)と音源を定位する位置(音源定位)は異なるのではないかと考え、本研究では先天性一側聾者の水平面における音像定位実験と音源定位実験を実施し、先天性一側聾者の音像定位と音源定位の傾向を比較しました。その結果、音像は聞こえる側に定位し、音源は360度全体にわたって定位する傾向が見られました。したがって、先天性単時受聴における音像定位と音源定位は異なることがわかり、単時受聴における定位実験において音像定位と音源定位は区別して実施する必要があることを示唆しました。

■受賞にあたって一言
 副テーマ研究についての本論文がStudent Paper Awardを受賞できたことに大変驚き喜ぶとともに、支えてくださったみなさまへの感謝の気持ちでいっぱいです。副テーマ研究をご指導いただき、また今回の論文の執筆にご助力いただきました森川大輔助教、実験に協力頂きました富山県立大の平原達也教授、発表等ご指導いただきました赤木正人教授ならびに音情報処理分野メンバーのみなさまに深く感謝いたします。

akagi_takahashi.jpg

平成29年3月10日

PAGETOP