PCサイトを見る

ニュース・イベント

受賞

学生の岡田さんが、日本デザイン学会奨励賞第3支部を受賞

学生の岡田侑里さん(博士前期課程2年、ヒューマンライフデザイン領域永井研究室)が、日本デザイン学会奨励賞第3支部を受賞しました。

日本デザイン学会奨励賞第3支部は、日本デザイン学会第3支部会員(教員)在籍の大学院、大学、短期大学において、 特に優秀な研究、制作を行った学生、大学院生に対して授与されるものです。

■受賞年月日
 平成29年3月15日

■論文タイトル
 共創人材育成プロセスの考察―欧州大学教育の事例研究

■受賞理由
 デザイン活動で優れた成果を挙げる為には、エンジニアや営業などとの共創の成功が要点のひとつである。共創人材育成をいかに計画、実施、検証するかという点については、各々の教育担当者の経験、対象学生の属性や状態等に応じて工夫されてきている実情がある。結果的に、従前の共創人材育成の方法は暗黙的で属人的といえる。この実情に鑑み、本学生の研究は、共創人材育成に関する暗黙知を形式知化するための試みである。欧州の教育機関で共創人材教育に携わる4名の教育者と、シンガポールで次世代教育に関わるデザイナー1名の合計5名の実践者からヒアリングし、得られた質的データの分析を行い、優秀な研究成果を収めたと認められるため授与する。

■受賞にあたって一言
 このような賞をいただき、大変嬉しく光栄に思います。ご指導いただきました永井由佳里教授、前川正実特任准教授並びに調査にご協力いただきました阿部雅世氏、欧州にてインタビューに応じていただいた方々に深く感謝申し上げます。本論文は、共創力を育む為に、欧州で教育者が行なっている共創的取り組みをまとめ、今後国内でも取り組むべきポイントや、教育と学習者の間にある課題、課題に対する提案を行ったものです。本受賞を励みに今後も共創に関する研究を多角的に進めてまいります。

nagailab_0321.jpg

平成29年3月24日

PAGETOP