PCサイトを見る

ニュース・イベント

受賞

國藤名誉教授、学生の生田さん、Nayeema Afroz Sultanaさん、東さんがKICSS2017において各賞を受賞

 國藤進名誉教授、学生の生田泰章さん(博士後期課程3年、ヒューマンライフデザイン領域西本研究室)、Nayeema Afroz Sultanaさん(博士前期課程2年、知識マネジメント領域神田研究室)、東孝文さん(博士後期課程2年、ヒューマンライフデザイン領域金井研究室)がKICSS2017において各賞を受賞しました。

 KICSS(International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support Systems)シリーズは、本学の國藤進名誉教授とタマサート大学SIITのThanaruk Theeramunkong教授が創設した国際会議で、今年は名古屋工業大学で第12回目が開催されました。本国際会議は、創造性開発にむけた理論及び支援システム、知能情報システム、情報科学を活用した創造技術、コンピュテーショナルクリエイティビティとその認知や共創についての研究など、幅広い領域・分野を対象にしています。また、今年は32本のFull Paperが採択され(採択率33%)、各論文はIEEEデジタルライブラリにて公開されます。
 
 参考:www.itolab.nitech.ac.jp/KICSS2017/

■受賞年月日
 平成29年11月10日

【國藤進名誉教授 KICSS2017 Service Award】

■受賞名
 KICSS2017 Service Award 
 本国際会議において最も貢献及び影響を与えた人物に授与されます。

■受賞にあたっての一言:
 KICSS2017 Service Awardは、大会委員長名古屋工業大学伊藤孝行教授とプログラム委員長産業技術大学院大学松尾徳郎教授の企画提案で今年度創設された。永井由佳里副学長の招待講演提案、院生5人の研究発表勧誘、それ以外にJAISTのOB5人の参加発表等が評価されたと思われる。なお、國藤はKICSSシリーズ全てに参加しているので、功労賞的なニュアンスもあると思われ、企画された伊藤教授と松尾教授に感謝する。

kicss2017-kunifuji1.jpg
kicss2017-kunifuji2.jpg



【生田泰章さん Outstanding Paper Award】

■受賞名
 Outstanding Paper Award 
 査読スコアが2番目に高い論文に授与されます。

■論文タイトル
 Exploiting Criticisms in Brainstorming: A Pilot Study

■論文概要
 企業などで広く活用されているアイデア生成技法の一つにブレインストーミング(BS)があります。BSには、他者からの批判を気にしてアイデア生成者がアイデアを生成することに消極的になるという問題を防ぐために、批判厳禁というルールが設定されています。その一方で、アイデアに対する「建設的」批判は、アイデアの改善やさらなる発展的アイデアの創造に有効であることも示されています。つまり、アイデア生成者を消極的にせずに批判可能な仕組みをBSに取り入れることができれば、質の高いアイデアをより多く得ることができると考えられます。そこで、本研究では、電子ブレインストーミングシステムCriticism Climberを開発し、このCriticism Climberを用いることによってその要求を実現することを提案しました。ユーザスタディを実施したところ、期待通り批判を乗り越える新たなアイデアが案出される様子が確認され、提案方法の基礎的な有効性が示されました。

■受賞にあたっての一言:
 このようなすばらしい賞をいただきましたことを、大変うれしく、また光栄に思います。ご指導いただきました神田陽治教授、西本一志教授、並びに実験に協力いただきました被験者の方々に深く感謝申し上げます。今回の賞は本研究の発展性を評価していただいたと思います。この受賞を励みに、より研究を進めてまいります。

kicss2017-ikuta1.jpg
kicss2017-ikuta2.jpg



【Nayeema Afroz Sultanaさん Honorable Mention Award】

■受賞名
 Honorable Mention Award 
 査読スコアが3番目に高い論文に授与されます。

■論文タイトル
 Conceptualizing the Sharing Relationship Framework on Applicants and Employers in Current E-recruitment Process of Bangladesh

■論文概要
 The traditional recruitment system has been overturned by the influence of Internet technology. Notwithstanding having great influence of technology on recruitment in advanced countries, the country, in particular, Bangladesh is still challenging of the practices and effects upon the e-recruitment system. Due to lack of personal touch, applicants are facing problems of building relationship of the employers. Hence, it is necessary to improve the relationship between applicants and employers in the development of current E-recruitment process in Bangladesh. Understanding the relationships between applicants and employers may give us hints to improve the current E-recruitment practice in Bangladesh. This conceptual paper proposes the sharing relationship framework in E-recruitment practice between applicants and employers; and contributing the solution to practical problems in the current E-recruitment of Bangladesh. The major focus of such a concept opens a path way to contribute the solution to practical problems in the current E-recruitment process in Bangladesh.

■受賞にあたっての一言
 I am very pleased to receive "The Honourable Mention Award" in the KICSS 2017, which was held on November 9-11 in Nagoya, Japan. I would like to thank to the conference organizer, and committee members of KICSS 2017. I wish to express my indebtedness, sincere appreciation and deepest sense of gratitude to my respected supervisor Professor Youji Kohda, JAIST, Japan for his highly valued supervision, solemn instruction, constructive criticism, valuable suggestions and constant encouragement and in the preparation of this manuscript. Besides, I cherish the desire to thank my husband Dr. Md. Shahiduzzaman for inspiring me to do very hard work, support and love. I strongly believe that this award will motivate me in my future work. Last but not the list, I would like to express my gratitude to my parents and family for their all-time support.

kicss2017-nayeema1.jpg
kicss2017-nayeema2.JPG



【東 孝文さん Honorable Mention Award】

■受賞名
 Honorable Mention Award 
 査読スコアが3番目に高い論文に授与されます。

■論文タイトル
 Tracing Practice System for Developing Paper-Cutting Skills

■論文概要
 この研究はクラフトアートの一つである切り絵の練習を支援するものである。切り絵を制作する時、デザインナイフの筆圧を調整して紙を切ることが重要である。これまでは鉛筆を使い絵をなぞることで筆圧の練習を行う練習法がある。我々が開発したシステムはタッチペンとタブレット端末により利用者の筆圧を測定し、予め測定した熟練者の筆圧と比較することで練習を行う。実験では鉛筆での練習法と比較した結果、より効率的に熟練者らしい筆圧に調整して初心者が切ることを確認した。

■受賞にあたっての一言:
 この度、KICSS2017におきましてHonorable Mention Awardを頂き大変光栄に思います。本研究を進めるにあたり、ご指導頂きました金井秀明准教授にこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。これを励みに、一層精進していきたいと思います。

kicss2017-higashi11.jpg
kicss2017-higashi2.jpg

平成29年11月22日

PAGETOP