PCサイトを見る

ニュース・イベント

受賞

学生の中田さんが日本デザイン学会奨励賞第3支部を受賞

 学生の中田 泰子さん(博士後期課程2年、ヒューマンライフデザイン領域永井研究室)が、日本デザイン学会奨励賞第3支部を受賞しました。

 日本デザイン学会奨励賞第3支部は、日本デザイン学会第3支部会員(教員)在籍の大学院、大学、短期大学において、 特に優秀な研究、制作を行った学生、大学院生に対して授与されるものです。

■受賞年月日
 平成30年3月15日

■研究タイトル
 イノベーション創出のための組織間連動型コミュニティデザイン研究

■受賞理由
 中田さんは、URAとして産学官連携の業務に携わりながら、デザイン思考、知識創造モデルの理論とイノベーションデザインの方法論を適用し、産学官のコミュニティ間の相互作用を高める事ができるよう、中心的な担当者としてアクションリサーチに取組んだ。北陸発の産学官連携マッチングイベント Matching HUB金沢を小樽、熊本に展開し、産学官の組織間連動型コミュニティデザインの成果として2件の国際会議で研究発表し、本手法を普及する優れた研究であると認められた。

■受賞にあたって一言
 このような賞をいただき、大変嬉しく光栄に思います。ご指導いただきました永井由佳里教授をはじめとして、産学連携部門の寺野稔総括理事やメンバーの皆様に深く感謝申し上げます。
 本研究は、地方創生/地域活性化を目的とした本学独自の取組であるMatching HUBを研究対象としたものであり、今回の受賞は本学の産学連携の取組への評価でもあり、とても嬉しく感じています。本受賞を励みに今後とも精一杯努力していく所存ですので、より一層のご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

award20180307-1.jpg
award20180307-2.jpg

平成30年3月13日

PAGETOP