PCサイトを見る

ニュース・イベント

受賞

学生のTU,Daifenさん、阿部さん、河合さん、宮下さんが大地の力コンペ2018において未来農業シーズ賞を受賞

 知識マネジメント領域敷田研究室の学生のTU,Daifenさん(博士前期課程2年)、阿部和美さん(博士前期課程2年)、河合一樹さん(博士前期課程2年)、宮下健太郎さん(博士後期課程3年)が大地の力コンペ2018において未来農業シーズ賞を受賞しました。

 大地の力コンペ2018は、「農+食の安全と健康」をテーマとして、環境の保全・食文化の継承や、女性や若者が活躍する場を提供するアイデアを募集したコンペティションです。社会的インパクト、革新性、事業性、農業寄与度の項目をポイントとして審査されます。
 未来農業シーズ賞は、一次審査を通過した応募者の中から将来性のあるプランに授与されます。

■受賞年月日
 平成30年3月7日

■タイトル
 旅しに来んかいね ~アグリ・コンシェルジュ

■概要
 「農業+交流観光」で、高齢化農家を助けつつ、女性の活躍の場を創出。ホテル業界の「リゾートコンシェルジュ」を参考に、「アグリ・コンシェルジュ」を育成。コンシェルジュ・デスクを能美市にある駅前の空き家を活用して設置。能美市の無農薬ゆずや加賀丸いもなどの健康と伝統を重視する能美野菜に注目。デスクでは、旅行者がその日にできる農業体験をリストの中から選ぶことができ、婦人会アグリ・コンシェルジュが、農家と旅行者を繋ぐ手配をする。

■受賞にあたって一言
 この度は、このような名誉ある賞をいただき、大変光栄に思っております。 農業プラン作製をご指導いただいた指導教員の坂村先生、いつも私たちが協働しやすいような環境を提供して下さっている敷田先生のお二人に心からお礼を申し上げます。
 インタビュー審査に協力してくれた敷田研究室の伊達くん、井澤くんにもこの場を借りてお礼申し上げます。

award20180608-1.JPG

平成30年6月11日

PAGETOP