PCサイトを見る

ニュース・イベント

受賞

Interop 2018 Tokyoにおいて本学から出品のJAIan: Syslog, xFlow 配信/記録システムがBest of Show Award を受賞

 アジア最大級のネットワークコンピューティング総合展示会 Interop 2018 Tokyo (6/13~15 幕張メッセ / 主催: Interop Tokyo 実行委員会)において、本学高信頼IoT社会基盤研究拠点と国立研究開発法人情報通信研究機構で共同研究開発を行っている「JAIan: Syslog, xFlow 配信/記録システム」が、Best of Show Award「デモンストレーション部門 グランプリ」を受賞しました。

■ Best of Show Award「デモンストレーション部門 グランプリ」
 JAIan: Syslog, xFlow配信/記録システム

 ネットワークの広帯域化に加え、ネットワークにはセキュリティ機器をはじめとするさまざまなミドルボックスが接続されるようになってきました。組織のネットワーク運用において、システムの安定運用やセキュリティ対策・証拠保全には、これらの多数の装置から生成される膨大なログ情報やフロー情報などを欠けること無く解析システムに配信し、また、記録することが重要です。
 本デモンストレーションでは、通常では考えられないような広帯域かつ多数のデバイスを取り扱う必要があるInteropの会場ネットワーク『ShowNet』の要求を満たすべく、10Gbps 超のSyslog, xFlow 配信・記録が可能なシステムを構築しShowNet内で動態デモンストレーションしています。

 ※当デモンストレーションはNICT北陸StarBED技術センターとの共同実施です。

award20180614-1.png


その他にも、JAISTブース(4S12)では次のようなデモンストレーションを実施しています。

■ Best of Show Award「デモンストレーション部門 ファイナリスト」
 AOBAKO:BLEエミュレーションにもとづいて物理空間で電波を発信する仮想ビーコンシステム

 AOBAKOは、BLEエミュレーションにもとづいて物理空間で電波を発信する仮想ビーコンシステムです。端末と仮想ビーコンの位置を指定し、送受信タイミングとフレーム衝突を考慮したBLEエミュレーションによって端末が受信するビーコン情報を導出します。その結果にもとづき、物理空間に配置したビーコン発信機は、仮想ビーコンを模擬して発信します。物理空間の端末は仮想ビーコン相当のビーコンを実際に受信できるのです。

 ※当デモンストレーションは NICT 北陸StarBED技術センターとの共同実施です。

■ CyTrONE v1.0を使用したサイバー演習体験

 JAIST CROND の開発しているサイバー演習システム CyTrONEはクイズ式サイバー演習の構築・運用を行います。CyTrONEではクイズ内容やサイバーレンジ構成を自由に編集できます。また、オープンソフトウェアですから、低コストなのも利点です。

参考:

Interop 2018 Tokyo 会場へお越しの際には、是非、JAISTブース(4S12)へもお立ち寄りください。

平成30年6月14日

PAGETOP