PCサイトを見る

ニュース・イベント

受賞

研究員のQIAN, Shenさんが東京電機大学丹羽保次郎記念論文賞を受賞

 研究員のQIAN, Shenさん(セキュリティ・ネットワーク領域松本研究室)がIEEE Transactions on Vehicular Technologyにおいて発表した論文が東京電機大学丹羽保次郎記念論文賞を受賞しました。

 東京電機大学丹羽保次郎記念論文賞は、同大の初代学長である故丹羽保次郎博士の功績を記念して、昭和52年より電子通信工学関連分野(情報工学等の関連分野を広く含む)において独創的な研究に従事し、かつ優秀な論文を発表した若手研究者の優れた論文に授与するものです。応募者は国公立、私立大学を問わず、審査委員会によって厳密に審査されます(受賞者は2名以内)。

丹羽保次郎記念論文賞に関する詳細は以下を参照
https://www.dendai.ac.jp/about/tdu/activities/research/niwa.html
https://www.dendai.ac.jp/news/20190201-01.html

■受賞年月日
平成31年2月23日

■論文著者
S. Qian, X. Zhou, X. He, J. He, M. Juntti and T. Matsumoto

■論文タイトル等
"Performance Analysis for Lossy-Forward Relaying Over Nakagami- m Fading Channels," in IEEE Transactions on Vehicular Technology, vol. 66, no. 11, pp. 10035-10043, Nov. 2017.

■論文概要
We investigate the performance of three-node lossy-forward (LF) relaying over independent block Nakagami-m fading channels. Based on the theorem of source coding with side information, the exact outage probability expression for arbitrary values of the shape factor m is derived under the assumptions of both the Gaussian codebook capacity and the constellation constrained capacity. The difference in outage probability between the two codebook models of capacity is found to be very minor. Furthermore, an accurate high signal-to-noise ratio approximation for the outage probability is obtained. It clearly identifies the equivalent diversity order and coding gain of the LF relaying. It is shown that the LF relaying is superior to conventional decode-and-forward relaying in terms of the outage probability and the ε-outage achievable rate. Moreover, with the LF relaying, the optimal location for the relay (R), which minimizes the outage probability, is found to be the point having same distance to the source (S) and the destination (D) when the S-R and R-D links experience same level of fading. The accuracy of the analytical results is verified by a series of Monte Carlo simulations.

■受賞にあたって一言
 この度、 東京電機大学 丹羽保次郎記念論文賞をいただき、大変光栄に思います。この栄誉はけっして自分だけの成果ではありません。これまで自分を指導し育ていただいた松本正教授をはじめ、JAIST情報理論と信号処理研究室の各位と、自分を支えてくれた事務の方や家族の皆様のお蔭であると実感しています。今後も、多くの人たちとの絆を大切にして、仕事に邁進していきたいと所存です。

award20190227-1.JPG
award20190227-2.jpg

平成31年2月27日

PAGETOP