PCサイトを見る

ニュース・イベント

受賞

研究員の布山さんが第8回知識共創フォーラムにおいて優秀論文賞を受賞

 研究員の布山 美慕さん(ヒューマンライフデザイン領域日高研究室)が第8回知識共創フォーラムにおいて発表した論文が優秀論文賞を受賞しました。

■知識共創フォーラムと優秀論文賞の概要
 第8回知識共創フォーラムは 2018年3月6日(火)〜7日(水)しいのき迎賓館(石川県金沢市)にて開催されました。2018年度知識共創フォーラム「優秀論文賞」は、編集委員会が定めた複数の評価者による厳正なる論文評価のもと、上記論文に対して与えることを決定致しました。本賞は知識科学研究の発展に大いに寄与することが期待される論文に対し与えられるものです。

■受賞年月日
 2019年3月8日

■論文タイトル
 不定自然変換理論の構築:圏論を用いた動的な比喩理解の記述

■論文著者
 布山美慕 (JAIST)、 西郷甲矢人(長浜バイオ大学)

■論文概要
 本論文では、意味の創造過程を探求するための仮説として、比喩理解を例にとりTheory of indeterminate natural transformation (TINT)を提案する。TINTではイメージの意味をイメージの間の想起関係として定義し、被喩辞のイメージから喩辞のイメージの想起を端緒として、動的にイメージの不定圏の構造が変化する過程として比喩理解過程をモデル化する。このモデル化のため、圏論の数学的構造を導入し、イメージの意味をコスライス圏で、喩辞と被喩辞のイメージの意味の対応づけを関手で、比喩理解の過程を自然変換の探索で表現した。加えて、比喩理解の動的な過程をモデル化するために、イメージの想起確率を導入し、圏を不定化した。この理論化によって、被喩辞と喩辞のもつイメージの構造単位での相互作用を扱うことができる。

■受賞にあたって一言
 この度は私たちの研究に対し、第8回知識共創フォーラム優秀論文賞を与えていただき、大変光栄で嬉しく存じます。
 フォーラム当日の深い議論によって、本研究の課題ー圏論の精緻な制約の"良さ"を保ちつつ確率過程をうまく導入しノイジーな現実世界の認知を説明するーが明確になりました。受賞いたしました改定後の論文ではこの課題を明記して議論しております。当日ご議論いただきました皆様に深く感謝いたします。
 今後は、シミュレーションや実証的な研究を取り入れて理論の精緻化と検証を進め、いっそう研究を深めていく所存です。ありがとうございました。

award20190312-1.jpg

平成31年3月12日

PAGETOP