PCサイトを見る

ニュース・イベント

受賞

学生の田中さん、山内さん、三浦さん、片岡さんが第7回情報処理学会国際人工知能プログラミングコンテスト: SamurAI Coding 2018-19において受賞

 学生の田中 健人さん(博士前期課程1年、セキュリティ・ネットワーク領域青木研究室)、山内 拓磨さん(博士前期課程1年、ゲーム・エンタテインメント領域長谷川研究室)、三浦 郷さん(博士前期課程1年、知能ロボティクス領域岡田研究室)、片岡 直樹さん(博士前期課程1年、ゲーム・エンタテインメント領域・小谷研究室)のグループ(チーム名:tkgy)が第7回情報処理学会国際人工知能プログラミングコンテスト: SamurAI Coding 2018-19において3位を受賞しました。
 今回の本コンテストへの参加は、田中さん、山内さん、片岡さんのグループ副テーマ研究(ゲーム・エンタテインメント領域の池田 心准教授が指導)の活動の一環として行ったものです。

 インターネット・IoT産業および人工知能技術の急速な発展によるエンジニアの質と量の確保がますます重要となっている中、情報処理学会は若い世代から将来第一線の研究者や開発者になりうる、また世界市場を舞台に活躍できる人材を育てることを目的として、国際的なAIプログラミングコンテスト "SamurAI Coding" を 2012年以来毎年開催しています。参加エンジニア・プログラマはその能力が世界で通用するか本コンテストを通じて試すことができます。

■受賞年月日
 平成31年3月15日

■チーム名
 tkgy

■チーム構成
 田中健人、山内拓磨、三浦郷、片岡直樹

■受賞にあたって一言
 この度は、輝かしい賞を頂戴し光栄に思います。本コンテストの参加にあたり、ご指導を頂きました池田心准教授には厚く御礼申し上げます。
 共通の目的に向かって、メンバー全員が各々異なる視点で議論しながら、開発・改良を行った時間は非常に楽しい時間でした。
 機会があれば、来年度も本コンテストに参加し、上位入賞を目指したいと思います。

award20190325-1.jpg

平成31年3月25日

PAGETOP