PCサイトを見る

ニュース・イベント

受賞

学生のLIN, WenshengさんがIEEE名古屋支部国際会議研究発表賞を受賞

 学生のLIN, Wenshengさん(博士後期課程3年、セキュリティ・ネットワーク領域松本研究室)がIEEE 29th Annual International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC)において発表した論文がIEEE名古屋支部国際会議研究発表賞を受賞しました。

 IEEE名古屋支部では、IEEE主催の海外で開催される国際会議で発表するIEEE名古屋支部所属の学生員の研究発表を奨励することを目的として国際会議研究発表賞を授与しております。今回の表彰対象は、2018年4月1日から2019年3月31日の発表済または発表予定のものとなっており、厳正な審査の結果、受賞者が決まりました。

■受賞年月日
平成31年3月25日

■論文タイトル
An Analysis of Performance Improvement by a Helper for Wireless Sensor Networks

■著者
Wensheng Lin, and Tad Matsumoto

■論文概要
Wireless sensor networks (WSNs) are the core component in the big data era. Due to the unreliable transmission environment, it is significantly useful to introduce a helper to refine the system performance. To begin with, we formulate the system model of WSNs as a problem of multiterminal source coding. Subsequently, we propose a 3D distributed compress-bin scheme and derive a corresponding inner bound by analyzing the expected rate-distortion. Finally, we investigate the performance improvement of a helper by comparing the derived inner bound with the Berger-Tung inner bound and through simulation. Both the theoretical bounds and simulation results indicate that a helper can obviously improve the system performance.

■受賞にあたって一言
 この度、IEEE 名古屋支部国際会議研究発表賞をいただき、大変光栄に思います。ご指導いただいた松本正教授、並びにJAIST情報理論と信号処理研究室の先輩たちに深く感謝申し上げます。また、本研究のシミュレーション成果が早めに出せることも、JAISTの優れた計算サーバのお陰です。今後も、研究の成果を更に出すように、努力していきたい所存です。

award20190326-3.jpg award20190326-2.jpg

平成31年3月26日

PAGETOP