PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

留学生が金箔貼り体験とひがし茶屋街散策

 2月24日、今年度第3回の日本文化研修を実施しました。
 参加した17名の学生は、まず金沢市東山のひがし茶屋街にある工房で金箔貼り体験を行いました。1/10,000mmという薄い金箔を扱う機会は初めてでしたが、皆自ら選んだ箸や小箱、コンパクトミラーなどにデザインを施し、30分ほどでオリジナル金箔グッズを作り上げました。体験後は、店内で実際に売られている様々な金箔グッズを見ながら金箔入りのお茶をいただきました。
 その後、茶屋街界隈を散策し、国指定重要文化財のお茶屋「志摩」では建物の中を見学しました。1820年に建てられたまま残るお茶屋独特の造りや、江戸時代の風情を堪能しました。また、芸妓さんのように三味線や太鼓を叩かせてもらい、学生たちにとってとてもよい記念となりました。
 金沢の伝統工芸・伝統文化を肌で感じる有意義な時間となり、日本文化へのさらなる理解と学生間の交流を深められた半日でした。

info20170228-1.jpg info20170228-2.jpg
金箔貼り体験を楽しむ留学生たち
info20170228-4.jpg info20170228-3.jpg
ひがし茶屋街で散策 三味線を体験

平成29年2月28日

PAGETOP