PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

産学連携マッチングイベント「Matching HUB Kumamoto」を開催

 2月28日(火)、熊本大学において「くまもと産業復興支援プロジェクトフォーラム 2017」が開催され、その中で産学連携マッチングイベントとして「Matching HUB Kumamoto」が開催されました。

 「Matching HUB Kumamoto」は、本学発の産学官金連動活動であるMatching HUBを全国へ展開する第一歩として、本学と熊本大学との共催による、震災からの復興支援と一層の産業活性化を目的とした産学連携マッチングイベントです。熊本大学の研究者、熊本地域の企業を中心に、本学と連携協力関係にある北陸、信州、中部地方の企業に加え、金沢大学、石川県立大学、本学等が出展し、合計約70のブース展示となりました。

 本学からは永井由佳里教授ヒューマンライフデザイン領域)、金子達雄教授環境・エネルギー領域)及び産学官連携総合推進センターが出展しました。永井教授は川合鑿泉工業株式会社との共同研究の成果として、本学周辺の地下水系を3Dプリンターで再現した模型展示を行い、金子教授は熊本県で発見された藍藻類「スイゼンジノリ」から抽出される多糖体「サクラン」や、微生物に由来するバイオマスプラスチックフィルムの展示を行いました。また、産学官連携総合推進センターのブースでは、本学の教育・研究活動についての展示を行いました。

 本学のブースには、企業関係者を始め、大学の研究者や学生等も含めて約70名の方々が来訪し、各担当者は展示した研究成果等について説明を行うとともに、多くの出展者や参加者との積極的な情報交換を行いました。

info20170309-1.jpg info20170309-2.jpg
挨拶をする浅野学長 1分間プレゼンテーションをする金子教授
info20170309-3.jpg info20170309-4.jpg
本学ブースの様子

平成29年3月10日

PAGETOP