PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

内閣サイバーセキュリティセンター・総務省主催 「各府省庁対抗インシデント・ハンドリング競技会」開催に協力

 3月17日(金)、本学東京サテライト(東京都港区)において、内閣サイバーセキュリティセンター及び総務省主催「各府省庁対抗インシデント・ハンドリング競技会~NATIONAL 318(CYBER)EKIDEN 2017~」が開催され、総務省、文部科学省など13省庁の情報セキュリティ担当者計52名が参加し、サイバーセキュリティ対処の能力を競う演習が実施されました。

 省庁対抗でサイバーセキュリティ対処の能力を競う競技会形式の演習は、本年度で3回目となります。

 演習は、内閣サイバーセキュリティセンターの三角育生副センター長らによる開会宣言の後、約3時間にわたる競技が各省庁一斉に開始されました。競技の結果、これまでの2回は警察庁が制していましたが、今回は総務省が初優勝し、菅義偉内閣官房長官から首相官邸で表彰を受けました。

 本演習の開催にあたっては、本学が、演習環境の構築に協力したほか、本演習の基礎となった「実践的サイバー防御演習(CYDER)」において演習シナリオやスキルセットの検討を実施しており、サイバーセキュリティ対処のスキル向上に大きく貢献しています。
 また、本学は情報通信研究機構(NICT)北陸StarBED技術センター(石川県能美市)と連携し、大規模ネットワークを模したセキュリティ演習環境の構築に貢献しています。

info20170321-1.jpg
演習会場の模様(本学東京サテライト)
info20170321-2.jpg
省庁対抗の模様

平成29年3月21日

PAGETOP