PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

環境・エネルギー領域の桶葭助教、金子教授らの研究成果が米国化学会刊行Langmuir誌の表紙に採択

環境・エネルギー領域桶葭興資助教金子達雄教授らの研究成果が米国化学会刊行Langmuir誌の表紙に採択されました。


■掲載誌
 American Chemical Society, Langmuir 2017, 33, 4954 - 4959.

■著者
 Kosuke Okeyoshi*, Gargi Joshi, Sakshi Rawat, Saranyoo Sornmkamnerd, Kittima Amornwachirabodee, Maiko K. Okajima, Mayumi Ito, Shoko Kobayashi, Koichi Higashimine, Yoshifumi Oshima, Tatsuo Kaneko*

■論文タイトル
 Drying-induced self-similar assembly of megamolecular polysaccharides through nano and submicron layering

■論文概要
 超高分子量の天然多糖類水溶液を乾燥させると、気液界面を利用してナノメータースケールとサブミクロンスケールで自己相似的に層構造を形成することが立証された。ここでは、分子スケールからミリスケールに至る階層的な構造形成が面状の気-液晶界面で誘起されることが電子顕微鏡観察法と偏光観察法により明らかになった。今回解明された多糖類サクランの階層構造を活用することで、電気、光学、細胞工学など多分野における新規材料の創製が期待される。

■採択にあたって一言
 本研究を遂行するにあたり、応用物理学領域の大島義文准教授はじめ、ナノマテリアルテクノロジーセンター伊藤真弓研究員、小林祥子研究員、東嶺孝一技術専門員に大変お世話になりました。この場をお借りして心より感謝の意を表します。

 参考: http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acs.langmuir.7b00107

2017-5-Langmuir-(cover).jpg

平成29年5月25日

PAGETOP