PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

環境・エネルギー領域の増田助教が友禅作家と連携し、地元兼六桜を使った加賀友禅を商品化へ

 環境・エネルギー領域増田貴史助教と山梨英和大学の杉山歩准教授(元本学知識科学研究科)が、加賀友禅 工房久恒と連携し、地元兼六桜を使った草木染め加賀友禅の創作とその製品化に協力しました。

 製品は2月1日~3月31日の期間、パリにあるショップMaison Wa(メゾン・ワ)にて展示販売されます。Maison Waは日本の優れた品を、フランスを中心とした欧州での販売や卸へ繋げる事業を目的としたショップです(B to Bを主目的とした展示会)。試作品に対して特に欧州から強い引き合いがあったことを背景に、美術品に対する感度が高いフランスを軸に、販売が開始されます。

 本取組における本学の役割は、世界初の友禅用の草木染め染料の創出になります。従来の天然染料の染めには高エネルギー(80℃、数時間)が必要とされ、筆彩色は困難とされてきました。本学では物質間の分子間力を設計し、室温30秒で染まる、筆彩色可能な天然染料を創出し、更に色素の劣化機構の解明と抑制に取組み、耐光性の改善に成功しました。

 増田助教らは、近年の製品の多くが、機能の差別化から情緒の差別化へと競争の局面をシフトさせている中、ストーリー性を持ち自己実現欲求を刺激する美意識を持った製品へのサイエンスの応用展開が必要と考え、兼六桜の染料を用いることで金沢という文化的ストーリーを示すこと、また途上国で問題となっている化学染料による水質汚染の問題を克服した初めての草木染め友禅であること、そして一目見て綺麗だと思える色作りの加賀友禅を求めました。

Maison Wa (ESPACE DENSAN)
8 bis rue Villedo 75001 Paris
http://maisonwa.com/

info20180126-1.jpg

平成30年1月29日

PAGETOP