PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

環境・エネルギー領域の増田助教が野口研究所の研究助成に採択

 環境・エネルギー領域増田 貴史助教が公益財団法人・野口研究所の研究助成に採択されました。

 野口研究所は、「化学工業の振興を期するため、諸般の研究並びに調査を行うとともに、広く重要なる研究に対し援助をなし、なお研究者の養成、発明・考案の工業化にも力を注ぐ」に則り、助成金制度を設けています。独創的で新しい産業振興に繋がるポテンシャルを持つ基礎的研究を行っている若手研究者を対象としています。

■採択期間
 平成30年4月1日~平成31年3月31日

■研究課題
 液体Alの創出

■研究概要
 Al産業が、電解製錬法による「固体Al(地金)」の獲得、有機金属気相法による 「気体Al(錯体)」の活用と歩みを進めてきた過去150年の歴史を振り返ると、将来「液体Al」と呼ぶ新材料が必要になると考える事はおかしくありません。故に後世に必要となる新たな学術領域として「液体Al科学」を追求する必然性が生まれます。
 本研究は常温常圧で液体で、脱水素化のトリガーにより固体の金属Alへと変化する新物質「液体Al」の創出を目的とします。

■採択にあたって一言
 地殻存在度第3位のAlは100年後、200年後の社会にも確実に残されている資源の1つです。本研究を通し、将来のAl社会を切り拓く先駆け的な研究ができればと思います。テーマ選考にあたり、野口研究所および選考委員の皆様に心より感謝申し上げま す。また、本研究を進めるにあたり熱心にご指導を頂きました下田教授、また多くのご助言を頂きました研究室のメンバー及びスタッフの方々にも深く感謝致します。

平成30年2月23日

PAGETOP