PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

くまもと産業復興支援プロジェクトフォーラム2018に共催

 3月2日(金)、グランメッセ熊本(熊本県上益城郡益城町)において「くまもと産業復興支援プロジェクトフォーラム 2018」が開催され、本学も共催機関として参加しました。

 本フォーラム内のマッチングイベント「Matching HUB Kumamoto 2018」は、本学発の産学官金連動活動であるMatching HUBの全国展開の一環として、震災からの復興支援と一層の産業活性化を目的に開催されました。熊本大学の研究者、熊本地域の企業を中心に、小樽商科大学、石川県立大学、本学等が出展し、合計約90のブース展示となりました。

 「Matching HUB Kumamoto 2018」には、本学からは永井由佳里教授ヒューマンライフデザイン領域)、カンリエ准教授知識マネジメント領域)、金子達雄教授環境・エネルギー領域)及び産学官連携推進センターが出展しました。永井教授はデザインと社会システムの先端研究の展示、カン准教授はファミリービジネス研究の展示、金子教授は植物由来の新規高性能高分子材料の展示を行いました。また、産学官連携推進センターのブースでは、本学の教育・研究活動についての展示を行いました。

 本学のブースには、企業関係者を始め、大学の研究者や学生等も含めて約30名の方々が来訪し、各担当者は展示した研究成果等について説明を行うとともに、多くの出展者や参加者と積極的な情報交換を行いました。

info20180309-2.jpg
info20180309-3.jpg
info20180309-4.jpg
info20180309-5.jpg

Matching HUB Kumamoto 2018 会場内の様子

平成30年3月12日

PAGETOP