PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

宮竹小学校4年生を対象に理科の特別授業を実施

 3月9日(金)、能美市立宮竹小学校の4年生28名に理科の特別授業を実施しました。これは、児童に理科への関心をより深めてもらう取組として、同小学校から本学に対して企画の依頼があったものです。

 特別授業では、ナノマテリアルテクノロジーセンターの赤堀 誠志准教授応用物理学領域)、木村 一郎技術専門職員及び仲林 裕司主任技術職員が講師となって、液体窒素を用いた科学実験を行いました。
 液体窒素によって、花や乾電池などの身近な材料が化学反応を起こす光景に、子供たちは目を輝かせて見入っていました。子供たちにとって、先端科学技術の世界に触れるまたとない機会となりました。

info20180312-1.jpg
木村技術専門職員による説明
info20180312-2.jpg
液体窒素の実験風景

平成30年3月12日

PAGETOP