PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

平成30年4月入学者対象全学オリエンテーションを実施

 4月5日(木)~11日(水)の1週間、平成30年4月入学者に対する全学オリエンテーションを実施しました。

 本学は、全学的に「デザイン思考」「システム思考」「イノベーションマネジメント」の3つの手法を組み合わせた日本型イノベーションデザイン教育を実施しています。全学オリエンテーションは、この教育システムの一つとして、世界各国、日本各地から本学に集う入学生全員を対象に入学直後に実施されました。

 オリエンテーションでは、学長講話、各学系企画(留学生との交流、ストロータワー作成、新入生によるプレゼンテーション、マテリアルサイエンスに関する科学クイズと演示実験)、領域・研究室紹介、産学連携セミナー、研究倫理教育、知的財産教育、履修制度、奨学制度、学生生活ガイダンス、進路ガイダンスなど様々な企画が行われました。
 約300名の新入生がランダムに9名程度のグループに分かれ、グループ演習やグループ行動を通して交流を深めました。研究分野が異なる学生、日本人学生、留学生、各課程学生が混在して一つのグループを構成し、全てのグループが同じ課題を協働して取組む企画では、新たな価値が創造される場面が数多く見られました。また、各企画には先輩学生がアシスタントとして参画し、新入生との交流を図りました。
 新入生からは、「普段は出来ない英語でのコミュニケーションを取る良い機会になった。」「各学系の企画や新入生歓迎会で自分と異なる分野の人と話をする機会があり、知的好奇心を非常に刺激された。」「入学してすぐに班を組んだりして、初めて話す人達と多く会うことができた。」等の意見がありました。

 今後、新入生は、このオリエンテーションの経験を活かし、イノベーション創出人材の基礎である「人間力」と「創出力」を修得する必修科目(「博士前期課程」:人間力イノベーション論、創出力イノベーション論 「博士後期課程」:人間力・創出力イノベーション論)を受講することになります。必修科目では、通常の講義形式に加え、グループワーク形式の演習を行い、社会のニーズと科学技術のシーズの関連付けを発見的に行うチーム活動を通し、イノベーションを生み出す共創の価値や楽しさをさらに深く学修します。

info20180412-1.jpg
学長講話
info20180412-2.jpg
進路ガイダンス(博士後期課程向け)
info20180412-3.jpg
科学クイズと演示実験

平成30年4月13日

PAGETOP