PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

「e-messe kanazawa 2018(第33回いしかわ情報システムフェア)」に出展

 5月17日(木)~19日(土)の3日間、石川県産業展示館1号館で日本海側最大規模のICTビジネスショーである「e-messe kanazawa 2018 (第33回いしかわ情報システムフェア)」が開催され、本学からヒューマンライフデザイン領域永井 由佳里教授吉高 淳夫准教授及び産学官連携推進センターが出展しました。

 本学の研究紹介として、永井教授はスマートフォンで利用できる双方向型遠隔講義支援システム、吉高准教授は画像処理による管状部品の品質評価技術について、それぞれ動画やポスターを交えて来場者に分かり易く説明しました。また、産学官連携推進センターは、北陸地域の活性化を目指した本学の産学連携活動の取組について紹介し、産学官金連動マッチングイベント「Matching HUB Kanazawa」の周知活動を行いました。

 本学ブースには、企業関係者、大学・研究関係者、大学生・高専生、一般の方など3日間で延べ433名もの方々が来訪され、活発な情報交換の場となりました。
 また、本フェア内で開催されたセミナーでは、吉高准教授が「画像処理によるパイプ内面の品質評価のための自動化技術」をテーマに講演を行い、多くの聴講者によって活況を呈しました。

info20180528-1.jpg info20180528-2.jpg info20180528-3.jpg
本学出展ブースにて来訪者への説明・情報交換等を行う様子 セミナーにて講演する吉高准教授

平成30年5月28日

PAGETOP