PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

【学生・教職員の皆様へ】学長メッセージ 新型コロナウイルス感染症対策について/【To Students, Faculty and Staff members】Message from the President

学生・教職員の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症への対応につきまして、日々ご支援・ご協力いただいていることに感謝いたします。
 5月1日に全国を対象とした緊急事態宣言が発令されて以来、本学では、大学執行部、各系長・保健管理センター長が一丸となって対策会議を重ね、必要な対策をとってきました。学内関係者のご尽力により、新型コロナウイルス感染症罹患者を出すことなく、今日に至っています。
 6月1日に本学における対応をお伝えしたところですが、2-1期(石川キャンパス)及びⅢ期(東京サテライト)(以下「2-1期等」という。)を迎えるに当たり、今後は以下の方針をとることとします。
 学生・教職員の皆様に周知徹底を図っていただくとともにご協力をお願いいたします。

  • 2-1期等の授業については、オンラインでの実施を原則とするが、対面での実施が必要とされる授業については、必要な感染防止措置を講じた上で、行うことを可能とする。なお、対面授業を行う場合は、教員はあらかじめ所属長を通じて理事(教育・学生担当)・副学長へ届け出て、承認を得ることとする(対面授業の担当教員及び受講する学生においては、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のインストールを推奨する。)。
     また、登学機会の減少等により学生生活に不安が生じた学生は、指導教員をはじめとする教職員に気軽に相談し、不安の解消に努めること。
     加えて、2-1期等においてオンラインでの授業実施が継続されるが、学生の教育効果を踏まえ、教員、研究員のテレワーク勤務は、限定的としたい。
  • 県境をまたぐ移動については、特段の制限は行わないが、移動に際しては、当該移動先の感染者の発生状況、クラスターの有無、感染経路が明確か否か等を十分に考慮した上で判断すること(県外からの来学者も同様とする。)。加えて、本学に戻った後は、体温の測定などの体調管理に努めること。
     また、帰省や就職活動(インターンシップを含む。)、研究活動等のために県境をまたいで移動する学生は、必ず事前に指導教員、就職支援室に報告すること。
  • 学内施設の利用、課外活動の実施等に関しては、以下のとおりとする。
    ・食堂の営業時間 午前11時~午後2時、午後5時~午後7時
     売店の営業時間 午前8時~午後8時
      ※ 飛沫感染防止のための食堂レイアウト変更については継続してご協力願います。
    ・体育館、トレーニングルーム、学生寄宿舎の集会室・和室の利用
      段階的に利用制限を解除(別途通知予定)
    ・課外活動団体の活動
      段階的に活動制限を解除(別途通知予定)
    ・貸出物品の貸出
      段階的に貸出制限を解除(別途通知予定)
    ・学生寄宿舎の共用施設の利用
      共用施設利用に係る感染防止対策(別途通知予定)
    ・海外から入国後14日間の待機場所として、学生寄宿舎の単身室は利用できないので注意すること(浴室が共用のため)
  • 飲食(特に飲酒を含む。)を伴う会合、パーティ等については、依然として、全国各地において、会食を契機とした感染者クラスターが発生していることから、会食の参加、開催の必要について十分検討するとともに、できる限り少人数(5人以内)かつ十分な感染防止措置を講じた上で行うこと。
     教職員において、業務遂行上、止むを得ないと判断される場合は5人以上で行うことも可とする。なお、その場合、十分な感染防止措置を講ずること、各都道府県が定める新型コロナウイルス感染症対策取組宣言を遵守している旨のステッカー等が掲示されている店舗を利用すること。
  • 政府による緊急事態宣言の再発令、石川県からの要請、本学で新型コロナウイルス感染症罹患者が発生した場合は、至急、必要な措置を取るので、ご協力願います。

 学生・教職員におかれましては、引き続きウイルスから身体、生命を守るため、気を緩めることなく感染防止等(マスクの着用、手洗いの励行、咳エチケットの徹底、3密の回避)に努めるとともに、十分な体調管理、不要不急の外出・会合の自粛にご協力願います。
 新型コロナウイルス感染症の流行により我々の生命が脅かされる一方で、テレワーク等の新たな技術革新や働き方のスタイルが定着しつつあります。併せて、政府・地方自治体からは「新しい生活様式」の実践例も提示されています。
 このような現状は、本学においても教育研究に係る新しいスタイルの発信や更なる知の創造を行うための一大転換期であると考えています。実現に当たり、皆様からの一層のご支援・ご協力をいただき、全学一体となって取り組むことが必要です。

令和2年10月9日
北陸先端科学技術大学院大学
学長 寺野 稔



----------

To Students, Faculty and Staff members,

October 9, 2020

Message from the President

First of all, I am grateful for all your cooperation and support for prevention measures against the novel coronavirus.
JAIST has been holding many countermeasure meetings with the executives, Deans, and Director of Health Care Center and taken necessary procedures. With your cooperation, JAIST could make it through without getting any infected persons until today.
We announced prevention measures against the novel coronavirus at JAIST on June 1st. please be informed that JAIST will take following measures considering the second semester(Term 2-1 at Ishikawa campus).
Please get the message across to students, faculty and staff members thoroughly and I ask for your understanding and cooperation.

  • In Term 2-1, classes will be offered online in principle; however, when a class is necessary to be offered face-to-face, it is available to offer those by taking preventive measures against infection. When a faculty member offers face-to-face classes, it needs the approval of Trustee and Vice President for Educational and Student Affairs through Dean in advance. (It is recommended for a faculty member and students who offers or take face-to-face classes to install COVID-19 Contact-Confirming Application known as COCOA.)
    When a student is worried about your campus life due to less face-to-face classes, please consult a supervisor, a faculty or a staff member to relieve your anxiety.
    In addition, classes in Term 2-1 will be mainly continued to be offered online, but telework of faculty and researchers is limited in light of educational benefits to students.
  • JAIST will not particularly set the rules for movement across prefectural borders. When you move across prefectural borders, check the current situation (infection status, outbreak of cluster and clarification of a route of infection) in a destination prefecture and consider carefully before you act (same apply to a visitor from outside the prefecture), and when you come back to Ishikawa prefecture, manage your health condition such as taking the body temperature.
    Students must report a movement across prefectural borders to the career support office or a supervisor in advance due to going home, job hunting includes internship, or research activities.
  • On use of school facilities and extracurricular activities
    ・Cafeteria: 11 am ~ 2 pm, 5 pm ~ 7 pm
    ・JAIST shop: 8 am ~ 8 pm
     *Please note that the cafeteria has been operating decreasing the number of seats in order to avoid droplet infection.
    ・Gymnasium, Training room, Meeting room and Japanese-style room in Student Housing: Ease the limit of use step by step (notify separately)
    ・Club activities: Ease the limit of activity step by step (notify separately)
    ・Borrowing items: Ease the limit of rental step by step (notify separately)
    ・Common facilities of Student Housing: prevention measures against infection regarding shared facilities (notify separately)
    ・Note: single rooms of Student Housing will be used for 14-day self-isolation after immigration and cannot be used. (Bathrooms are shared facilities)
  • Since a cluster of infection is still confirmed across the country, ponder on the necessity of a meeting or a party with food and drink (especially drinking alcohol) carefully and hold it with a small number of people (less than five people) as possible and take sufficient measures against infection.
    When it is not avoidable for faculty and staff members to have a meeting with more than five people due to duties, take sufficient measures against infection and use the place where COVID-19 safety sticker is posted.
  • When Japanese government declares the state of emergency again, Ishikawa prefectural government makes the request or a member of JAIST is confirmed COVID-19, JAIST will take the necessary measures immediately.

I ask for your cooperation in preventing infection by strictly keeping the habits of wearing a mask, washing hands, practicing the cough etiquette, and avoiding "three Cs" since there are still risks of infection. I also ask you to keep managing your health condition avoiding nonessential and non-urgent outings and meetings.
As a result of the novel coronavirus pandemic, we have been facing a life-threatening infectious disease. However, there are new technical innovations and new system of working style has been established such as a telework and Japanese government and local governments has indicated "New Lifestyle".
I believe that we are at the major turning point to disseminate new style regarding educational research and to create additional knowledge at JAIST. It is possible to come true with your cooperation and support. We need to work on it in union.

TERANO Minoru,
President of Japan Advanced Institute of Science and Technology

PAGETOP