sss

金子研究室では天然分子を用いて新しい高性能・高機能高分子材料を開発し、サスティナブル~持続可能~社会の実現に貢献するための材料科学を進めています。そして、その実用化を目指し日々奮闘しています。例えば、本研究室で発見したサクランという新規多糖は保水成分やテキスタイルとして既に実用化されています。

Topics

桶葭研との共同研究の成果がBiopolymersの総説としてみとめられました。
Kulisara Budpud, PhD graduated from Kaneko Laboratory and coworkers’ paper was selected as front cover in Macromolecular Rapid Communications (WILEY)
卒業生 Dr. Kulisara Budpudさんらの論文がMacromolecular Rapid Communications (WILEY) の表紙に採択されました。
Royal SocietyofChemistryが発行するPolymerChemistryに論文掲載が決まりました。
Fermentative production of 2-(4-aminophenyl)ethylamine to synthesize a novel heat-resistant biopolyureaがBioscience, Biotechnology, and Biochemistryに掲載許可されました。
高田助教のコーヒー酸系ポリアミドに関する研究課題が旭硝子財団の研究助成に採択されました。
ERCAの共同研究者である若井暁博士(JAMSTEC)による金子研との共同発表が日本農芸化学会のトピックス賞に選ばれました。 https://jsbba2.bioweb.ne.jp/jsbba2022/index.php?btn2_move=on&topics=1
新規PBI超高耐熱共重合体の二段階重合に関する論文がRSC advに採択されました。
高田助教の研究課題が藤森科学技術振興財団&池谷科学技術振興財団の研究助成に採択されました。

Research

詳しくはそれぞれの葉をクリック!

reserch バイオプラスチックの設計と合成 天然高分子の材料化 バイオプラスチックの設計と合成 天然高分子の材料化

Member