Members

メンバー

准教授 (PI)

濵田勉 (Hamada, Tsutomu)

和歌山県生まれ。
大学院生の時に人工細胞膜の研究を始め、膜の世界を探求してきました。好奇心と遊び心を大切に、新たな膜の可能性を考えています。
»JAIST研究者総覧
紹介

◎学位 博士(理学)
◎専門 ソフトマター物理、リポソーム
◎所属学会 日本物理学会 ソフトマター研究会 日本生物物理学会
◎趣味 本とアートと植物

講師

永井健 (Nagai, Ken)

滋賀県生まれ。
これまで非平衡・非線形物理の研究室に所属し、アクティブマターと呼ばれるエネルギーの散逸によって自発運動する粒子について主に研究してきました。
イワシのような弱い魚が規則だった群れ運動を起こすことが知られています。同様の現象はムクドリの群れや枯草菌の集団などにも観察されています。近年これらの全く違った生物種の群れ運動の中に普遍的な物理法則があることがわかってきました。このような普遍的性質は生物の群れ運動にとどまらず、分子モーターによって動かされる棒状分子を多数集めた系にも同様の法則が成り立ちます。代表的な「分子モーターによって動かされる棒状分子を多数集めた系」は細胞の変形や運動の起源である細胞骨格です。
これまでの生物の群れ運動に対する非平衡物理の知見を元に、リポソームをベースとした人工細胞を構築し、細胞運動の理解、制御を目指します。
»Site
紹介

◎学位 博士(理学)
◎専門 非線形・非平衡物理
◎所属学会 日本物理学会
◎趣味 マウンテンバイク、美術館・博物館めぐり、飲酒

研究員

水野写真

水野志野 (Mizuno, Shino)

福島県出身。スカイスポーツが好きです。膜-コロイド系を主とする複合ソフトマター実験に取り組んでいます。

研究補助員

加藤真紀子 (Kato, Makiko)

趣味はスノーボードと海外ドラマを見ることです。

後期課程1年

鈴木由衣 (Suzuki, Yui)

山梨県出身。ソフトマターについて勉強中です。暇な日は、海外ドラマを観て過ごします。

WONGSIROJKUL, Nichaporn

2017.10-2018.9 タマサート大学シリントン国際工学部(タイ)との協働研究指導プログラム

前期課程2年

金川圭佑 (Kanagawa, Keisuke)

 

東彰大 (Higashi, Akihiro)

前期課程1年
 

細田直樹 (Hosoda, Naoki)

 

朝比奈 励 (Asahina, Rei)

これまでのメンバー、訪問者

中出暁子 (Nakade, Akiko)

2012.8-2017.9 研究員

執行航希

2017年度卒業生
博士学位論文「Lateral diffusion and penetration of particles on a lipid bilayer membrane」
(脂質二分子膜界面における粒子の拡散・透過ダイナミクス)

Banyong, Suwankaisorn

2016.6-10 特別学修生 from Chulalongkorn University

TIDY, Nicholas James

2015.9-2016.9 英国UCL(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)数学物理学科との協働研究指導プログラム

太田有紀

2016年度卒業生
修論「細胞モデル小胞上のコロイド粒子ダイナミクス」

薮内紀仁

2016年度卒業生
修論「脂質膜で被覆した油滴上を走る微小管の運動解析」

JAYASEVI, Phattarawan

2016.1-2 特別学修生 from Chulalongkorn University

石井健郎

2015年度卒業生
修論「細胞モデル膜小胞内における相分離系のシステム挙動」

山本千恵

2014.8-2015.3 研究補助員

吉田一也

2015.2 from 青山学院大学大学院理工学研究科

Sathornsantikun, Kamonluck

2015.1-2,6-8 特別学修生 from Chulalongkorn University

Sansureerungsikul, Titiporn

2015.1-2,6-8 特別学修生 from Chulalongkorn University

Waralee Ruankham

2014.11 特別学修生 from Mahidol University

廣瀬花鈴

2014.8 特別学修生(高専インターンシップ)

Jiraporn Seemork

2014.7,10-11 from Chulalongkorn University

Prof. Supason Wanichwecharungruang

2014.7 from Chulalongkorn University

HOME Page top