北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 系別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
知識研究棟KS Building 掘3F
TEL:0761-51-1810
研究室ホームページ
領域ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携総合推進センター

 

 

宮田 一乘 (ミヤタ カズノリ) 教授
知識科学系、ヒューマンライフデザイン領域

■学位

東北大学・工学士(1984), 東京工業大学・工学修士(1986), 東京工業大学・博士(工学)(1996)

■職歴

ENSAM/Paris Tech客員教授(2015/5-2015/7)

■専門分野

CG,メディアアート,デジタル映像,マルチメディアアプリケーション

■研究テーマのキーワード

CG,メディアアート,マルチメディアアプリケーション

■研究課題

先駆的メディア表現の創出
芸術と科学・工学の融合領域研究として、より豊かな感動を与える芸術的創作とその支援の実現に取り組む。
メディア創造の強化拡張および支援技術の基礎研究と実践
芸術表現伝達過程の分析ならびに芸術創造過程の強化拡張の環境を整備し、その環境下での実証実験を進める。
ビジュアルコンピューティングの研究
山岳や雲、岩などの自然物体の形状をコンピュータでシミュレーションし表現する研究や、モジュール化されたデザインアルゴリズムの組み合わせにより、さまざまなテクスチャや形状を作り出す研究を進めている。

■研究業績

◇著書

  • ビジュアル情報処理[改訂新版](第4章:アニメーション),画像情報教育振興協会 編/宮田一乘,CG-ARTS協会,2017/03/23,104-130
  • コンピュータグラフィックス[改訂新版]/5章,画像情報教育振興協会 編,CG-ARTS協会,2015/03/23,201-240
  • 知識社会で活躍しよう, 第3章1,JAIST知識科学研究科/由井薗隆也,宮田一乘,社会評論社,2014,43-52

全件表示

◇発表論文

  • Surface Geometry and Visual Support and their Effect on Affordance: A Comparison Across Three Age Groups,Tessier Matthieu, Masahiro Ura, Kazunori Miyata,芸術科学会論文誌,16,2,5-14,2017/06/15
  • 表情分析によるストレス解消効果を高める画像提示順序の決定法,井戸田彰義, 浦正広, 宮田一乘,映像表現・芸術科学フォーラム2017,AS-07,1-4,2017/03/14
  • Healing Window:開放感を高めるデジタル窓,曾珍, 浦正広, 宮田一乘,電情通MVE研究会,116,496,57-62,2017/03/06

全件表示

◇講演発表

  • メディア技術による楽しみの演出,宮田一乘,VRセミナー&ハッカソン,ふくい産業支援センター,2017/03/25
  • ゲームとCG:プロシージャル技術,宮田一乘,福井県立勝山高校模擬授業,福井県立勝山高校,2017/07/14
  • 楽しみのデザイン,宮田一乘,金沢ITフェスティバル,ITビジネスプラザ武蔵,2017/02/25

全件表示

■担当講義

メディアデザイン特論,メディア創造論,知識科学概論III(E)

■学外活動

◇所属学会

  • 日本バーチャルリアリティ学会,2009-
  • 人工知能学会,2006-
  • IEEE,2002-

全件表示

◇国際会議主催状況

  • NICOGRAPH International 2012,Conference Chair,2012/07/02,Bali, Indonesia
  • NICOGRAPH International,Program Chair,2011/6/10,神奈川工科大学
  • 8th ACM International Conference on Virtual Reality Continuum and Its Application in Industry (VRCAI2009),東京工業大学・教授・中嶋正之(General Chair Chair)宮田一乘(Program Chair),2009/12/14-15,東工大・すずかけ台キャンパス(17カ国98件の投稿.Full paper 40件,Poster paper 28件の採択)

全件表示

◇その他の国際・国内貢献等

  • JAISTフェスティバル一日大学院,教室主催,2015/10/10 -
  • 情報処理学会FIT2016,プログラム委員会K分野委員,2016/01/01 - 2016/09/30
  • IVRC,IVRC実行委員,2015/04/01 - 2015/10/31

全件表示

■賞等

  • 芸術科学会論文賞,芸術科学会,2014
  • 口頭発表最優秀賞,映像表現・芸術科学フォーラム,2015
  • 日本創造学会論文誌第16集論文賞,日本創造学会,2013

全件表示

■共同研究等希望テーマ

  • ビジュアルコンピューティングの研究
  • デジタルメディアによる表現の研究
  • メディア創造の研究