北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 系別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
情報研究棟IS Building II 2F
TEL:0761-51-1309
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携本部

 

 

冨田 尭 (トミタ タカシ) 助教
情報科学系、セキュリティ・ネットワーク領域

■学位

東京工業大学 学士(工学) (2007), 東京工業大学 修士(工学) (2009), 東京工業大学 博士(工学) (2013)

■職歴

東京工業大学 大学院情報理工学研究科 研究員 (2013)

■専門分野

ソフトウェア工学,形式手法,検証,自動合成,特に定量的検証及び定量的合成

■研究テーマのキーワード

時間論理,オートマトン,リアクティブシステム,モデル検査,仕様検証,自動合成,近似的手法

■研究業績

◇発表論文

  • Safraless LTL Synthesis Considering Maximal Realizability,Takashi Tomita, Atsushi Ueno, Masaya Shimakawa, Shigeki Hagihara, Naoki Yonezaki,Acta Informatica, Special Issue on Synthesis,Accepted on 20th Sept. 2016
  • 大規模複雑SimulinkモデルのためのテンプレートベースMonte-Carlo法に基づいたテスト自動生成ツール,冨田 尭, 石井 大輔, 村上 徹, 竹内 成樹, 青木 利晃,組込みシステムシンポジウム2018,8 pages,2018
  • ハイブリッドシステムの統計的モデル検査,石井大輔, 冨田尭, 米崎直樹,2016年電子情報通信学会総合大会,2016

全件表示

◇講演発表

  • 大規模複雑SimulinkモデルのためのテンプレートベースMonte-Carlo法に基づいたテスト自動生成ツール,冨田 尭, 石井 大輔, 村上 徹, 竹内 成樹, 青木 利晃,組込みシステムシンポジウム2018,下呂市,岐阜,2018
  • Template-Based Monte-Carlo Test Generation for Simulink Models,Takashi Tomita, Daisuke Ishii, Toru Murakami, Shigeki Takeuchi, Toshiaki Aoki,Workshop on Design, Modeling and Evaluation of Cyber Physical Systems (CyPhy'17 ),Seoul, South Korea,2018
  • A Characterization on Necessary Conditions of Realizability for Reactive System Specifications,Takashi Tomita, Shigeki Hagihara, Masaya Shimakawa, Naoki Yonezaki,Workshop on Computation: Theory and Practice 2018 (WCTP2018),UP Professional Schools BGC, Manila, Philippines,2018

全件表示

■学外活動

◇所属学会

  • IEEE,正会員,2015-
  • 日本バイオインフォマティクス学会,正会員,2009-
  • 日本ソフトウェア科学会,正会員,2008-

◇その他の国際・国内貢献等

  • BIOINFORMATICS 2019 (10th International Conference on Bioinformatics Models, Methods and Algorithms),PC member
  • BIOINFORMATICS 2018 (9th International Conference on Bioinformatics Models, Methods and Algorithms),PC member
  • BIOINFORMATICS 2017 (8th International Conference on Bioinformatics Models, Methods and Algorithms),PC member

全件表示

■賞等

  • FOSE Young Researcher Award,IEEE Computer Society Japan Chapter,2015
  • 学生奨励賞,日本ソフトウェア科学会,2012

■共同研究等希望テーマ

  • 定量的検証
  • 形式手法の生命情報学/計算生物学への応用
  • リアクティブシステムの自動合成