研究室紹介

 当研究室は、松村英樹特任教授が主導する研究室です。松村は、2013年3月末に、国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学マテリアルサイエンス研究科を定年退職し、名誉教授となりましたが、国のプロジェクトとして行っております「Cat-CVD技術」「Cat-doping技術」の太陽電池への応用を中心とした研究を継続するため、ナノマテリアルテクノロジーセンター・特任教授として、引き続き当大学(JAIST)に勤務しております。学内協力研究室の大学院生、および博士研究のメンターを依頼されている国内外の大学院生などが時折訪れる以外、研究室には基本的に指導学生はおりません。また、研究室の場所も、マテリアルサイエンス研究科の建物から離れた、「産学官連携総合推進センター」の建物内にあります。研究室構成員は、研究員および研究補助事務職員(秘書)で、合計6名の小さな研究室です。研究室規模が小さいため、大学内外での共同研究を活発化させ、多くの方々のご支援に支えられて研究を推進しております。

お知らせ

2016年04月11日
2016年9月6日~9日に、米国・フィラデルフィアにて、第9回Cat-CVD国際会議(HWCVD9)が開催されます。
2016年04月11日
2016年7月8日~9日に、北見工業大学にて第13回Cat-CVD研究会が開催されます。
2016年02月04日
当研究室で行った太陽光発電に関するCREST研究の成果を、名古屋市・豊田工業大学で2月4日に開催された「CREST研究“太陽光を利用した独創的クリーンエネルギー生成技術の創出”第4回公開シンポジウム」にて発表いたしました。

学会発表予定

  • 2016年5月19-20日 
    日本学術振興会第175委員会 第13回「次世代の太陽光発電システム」シンポジウム(新潟県・長岡市)
    "a-Si/c-Siパシベーション層へのプラズマイオンドーピング"
    小山 晃一、山口 昇、田中 美和、鈴木 英夫、大平 圭介、松村 英樹
  • 2016年6月5–10日 
    43rd IEEE Photovoltaic Specialists Conference (Portland, USA)
    "Cat-CVD passivation realizing extremely low surface recombination velocity < 0.2 cm/s in solar cell structure"
    Cong Thanh Nguyen, Koichi Koyama,Shigeki Terashima, Chikao Okamoto, Shuichiro Sugiyama, Keisuke Ohdaira, and Hideki Matsumura
  • 2016年6月20-24日
    32nd European Photovoltaic Solar Energy Conference and Exhibition(Munich, Germany)
    “Combination of Plasma-Damage-Less Cat-CVD with a New Low Temperature Impurity Doping Method, Cat-Doping, for Improvement of Solar Cell Performance"
    T.C.T. Huynh, S. Terashima, K. Koyama, C.T. Nguyen and H. Matsumura