研究室紹介

 当研究室は、松村英樹特任教授が主導する研究室です。松村は、2013年3月末に、国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学マテリアルサイエンス研究科を定年退職し、名誉教授となりましたが、国のプロジェクトとして行っております「Cat-CVD技術」「Cat-doping技術」の太陽電池への応用を中心とした研究を継続するため、ナノマテリアルテクノロジーセンター・特任教授として、引き続き当大学(JAIST)に勤務しております。学内協力研究室の大学院生、および博士研究のメンターを依頼されている国内外の大学院生などが時折訪れる以外、研究室には基本的に指導学生はおりません。また、研究室は、「産学官連携総合推進センター」の建物内にあります。研究室構成員は、研究員、および研究補助事務職員(秘書)で、合計6名の小さな研究室です。研究室規模が小さいため、大学内外での共同研究を活発化させ、多くの方々のご支援に支えられて研究を推進しております。

お知らせ

投稿記事がありません。

学会発表予定