研究室紹介

 松村は、2013年3月末に、国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)マテリアルサイエンス研究科を定年退職し、名誉教授となった後、国のプロジェクトとして行っている「Cat-CVD技術」、「Cat-doping技術」の太陽電池への応用を中心とした研究を継続するため、その後5年間、特任教授として勤務を続けておりましたが、その特任雇用期間も2018年3月をもって終了致しました。国のプロジェクトは現在も継続されておりますが、多くの方々の御協力と御理解により、今後は、当大学の大平研究室でプロジェクトを継続して行うこととなり、松村は、プロジェクト進行の相談役として、お役に立つよう活動することになりました。これに伴い、研究室自体は全て大平研究室に移りましたので、正式な意味での「松村研究室」は閉じましたが、プロジェクト継続中は、従来からのオフィスも使わせて頂き、研究員も同じフロアーにおりますので、名誉教授の(疑似)研究室として、ささやかな活動を致しております。

お知らせ

学会発表予定