北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 領域別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
情報研究棟IS Building 掘3F
TEL:0761-51-1240
研究室ホームページ
領域ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携総合推進センター

 

 

前園 涼 (マエゾノ リョウ) 教授
情報科学系、環境・エネルギー領域

■学位

学士/東京大学/1995, 修士(工学/東京大学/1997), 博士(工学/東京大学/2000)

■職歴

日本学術振興会特別研究員/1999-2001、ケンブリッジ大学キャベンディシュ研究所リサーチ・アソシエイト/英国EPSRC研究員/2000-2002、独立行政法人/物質・材料研究機構/研究員(常勤テニュア)/2001-2007、2007より北陸先端科学技術大学院大学/情報科学研究科(常勤テニュア)。この間、兼任/非常勤として、独立行政法人/科学技術振興機構研究員兼任/2004-2007、ケンブリッジ大学キャベンディッシュ研究所/客員研究員/2005/2009、コーネル大学理論センター/客員研究員/2005、ノース・カロライナ州立大学/客員研究員/2006、横浜市立大学大学院国際総合科学研究科/客員准教授/2006、東京大学/物性研究所/客員准教授/2007、大阪大学/理学系研究科物理学専攻/非常勤講師/2011、理化学研究所/客員研究員/2011、金沢大学/数物科学類/非常勤講師/2014、金沢大学/共通教育/非常勤講師/2015、横浜国大/物理情報/非常勤講師/2016/2017。

■専門分野

スパコン科学、マテリアルインフォマティクス、多体電子論、量子化学/MENSA会員

■研究テーマのキーワード

量子シミュレーション・物性理論/多体電子論・計算材料科学・量子化学

■研究業績

◇著書

  • N/A,研究グループのweb参照:,N/A

◇発表論文

  • “New Insight into the Ground State of FePc: A Diffusion Monte Carlo Study”,◯Tom Ichibha, Zhufeng Hou, Kenta Hongo, and Ryo Maezono,Scientific Reports,7,2011,2017
  • “Bayesian molecular design with a chemical language model”,Hisaki Ikebata, Kenta Hongo, Tetsu Isomura, Ryo Maezono, ◯Ryo Yoshida,Journal of Computer-Aided Molecular Design,31,379,391,2017
  • “Phonon dispersions and Fermi surfaces nesting explaining the variety of charge ordering in titanium-oxypnictidessuperconductors”,Kousuke Nakano, Kenta Hongo, Ryo Maezono,Scientific Reports,6,29661,2016

全件表示

◇講演発表

  • “Diffusion Monte Carlo method for evaluating Hamaker constants”,◯Ryo Maezono, Kenta Hongo,APS March Meeting 2017,New Orleans Ernest N. Morial Convention Center, New Orleans, Louisian, USA,2017/3/16
  • “Phonon-induced superlattice structures in titanium-oxypnictides superconductors”,◯Kenta Hongo, Kousuke Nakano, Ryo Maezono,APS March Meeting 2017,New Orleans Ernest N. Morial Convention Center, New Orleans, Louisian, USA,2017/3/15
  • “Essential factor for DFT predictions of relative energies in FePc: A Diffusion Monte Carlo study”,◯Tom Ichibha, Zhufeng Hou, Kenta Hongo, Ryo Maezono,APS March Meeting 2017,New Orleans Ernest N. Morial Convention Center, New Orleans, Louisian, USA,2017/3/17

全件表示

■担当講義

情報解析学特論(E),人間情報処理学特論

■学外活動

◇所属学会

  • 日本物理学会/米国物理学会/応物学会,1999-2030