知的財産

知的財産の取扱と運用

研究者から創出される知的財産の内容は様々であるため、その知的財産の実用化までの距離、研究成果活用の社会的意義、発明者の熱意などに応じて、下記のような多様な方法により最も適切と判断される取扱いを選択し、運用していきます。

  1. 実用化までの距離が極めて短いものについては、大学としての権利を確保して企業にライセンスすることをめざします。発明者の熱意があれば、大学発ベンチャービジネスとして育成することもめざします。
  2. 実用化までの距離が比較的近いものについては、実用化までのさらなる研究開発に協力できる企業との共同出願などを行い、共同研究などの実施により実用化をめざします。
  3. 実用化までの距離が比較的遠いものについては、各種開発支援事業のメニューを有する科学技術振興機構(JST)の特許化支援事業の活用や、当該専門分野に強い既存のTLOなどの技術移転機関に譲渡することをめざします。