北陸から新産業創出を目指すJAISTの取り組み

北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)では、産学官連携総合推進センターを中心として「産・学・官・金」連携活動を行なっています。Matching HUB Kanazawa 2016 は、北陸地域全体の活性化のために最も重要な新産業の創出と人材育成に貢献することを目的として開催します。これを機会に北陸地域から新しい産業が生まれることを期待しています。

Matching HUB Kanazawa 2016 イベント概要無料

参加対象 産学・産産連携に関心のある企業 / 公的機関 / 金融機関 / 大学(研究者、学生)

内容は変更になる場合があります。 一部、事前申し込み制のプログラムもあります。
2日目のブース出展は、事前申し込み・有料です。

※一部ご利用環境において、お申込みが完了できない場合がございます。そのような場合は、お手数ですが事務局までご連絡ください。
(MatchingHUB 事務局 TEL:0761-51-1070)

ネル展示

11月1日(火) 10:00〜18:00 ANAクラウンプラザホテル金沢

10:00〜10:15

オープニング

挨拶

国立大学法人 北陸先端科学技術大学院大学 学長浅野 哲夫

金沢市長山野 之義

10:20〜11:40

特別講演

  • 『夢の素材「クモの糸」実用化へ』

    Spiber株式会社 取締役兼執行役菅原 潤一

    『学術文化都市宣言〜鶴岡市のまちづくり〜』

    鶴岡市 企画部政策企画課 課長永寿 祥司

    慶應大学の学生発べンチャーとして設立。山形県鶴岡市を拠点に、人工的に作り上げたクモ糸「QMONOS(クモノス)」を開発し、石油由来ではない新たな次世代のバイオ新素材として注目を集めています。共同創業者である菅原氏に新たな道を切り開いた実体験について、また永寿氏に慶大先端研の活動促進、バイオ関連産業等の集積を図る鶴岡市の取り組みについてお話しいただきます。

  • 菅原

    菅原 潤一氏

13:00〜14:00

特別講演

  • 『女性リーダーの育つ条件』

    昭和女子大学 理事長・総長坂東 眞理子

    大べストセラー「女性の品格」をはじめ、続編となる「親の品格」、「働く女性が知っておくべきこと」など女性に焦点をあてた多くの書籍の著者であり、2014年に昭和女子大学理事長に就任され、昨年度まで学長も兼務されました。多数の女子学生を輩出してきた坂東氏独自の視点で「女性リーダーの育つ条件」についてお話しいただきます。

  • 坂東

14:00〜15:30

パネルディスカッション

『女性の社会進出』※ 引き続き、坂東氏にご参加いただきます。

モデレーター 北陸先端科学技術大学院大学 総括理事・副学長 寺野 稔
総括コメント 昭和女子大学 理事長・総長 坂東眞理子 氏
パネリスト 厚生労働省 前雇用均等・児童家庭局雇用均等政策課長 小林洋子 氏(元 小松副市長)
金沢大学 男女共同参画キャリアデザインラボラトリー長 教授 池本良子 氏
金城大学 短期大学部 副学長 岡野絹枝 氏
三谷産業株式会社 常務 三谷忠照 氏
共和電機工業株式会社 総務部長 杉村昌則 氏
北陸銀行 ダイバーシティ推進室長 山口秀子 氏

15:30〜18:00

テクニカルセッション(9テーマ)

大学や企業などがテーマを決めて開催するセッションです。テクニカルセッション詳細 →

2Fセラヴィ 15:30〜

金沢工業大学 COI STREAM「革新材料による次世代インフラシステムの構築」社会実装に向けた
フェーズ2における取組について

[担当]金沢工業大学COI[座長]金沢工業大学ICC 所長 鵜澤 潔

H25年度より開始したCOIプログラムにおいて、フェーズ2では社会実装に向けた具体的アプリケーションへの取組みをスタートしました。具体的事例の紹介と討議により革新材料の社会実装の今後を探ります。

チラシを見る

3F瑞雲(前) 15:30~

3D計測によるものづくりの高度化

[担当]産業技術総合研究所 工学計測標準研究部門 3D3プロジェクト

製品の設計・製造・検査などものづくりの一連の工程において、3D形状計測によって得られた測定対象物の形状に関するデジタルデータを活用し、ものづくりの生産性を向上することが取り組まれています。本セッションでは3D形状計測とその応用に関する最新の動向および事例を紹介するとともに、実用化への期待の高まる逆問題手法による光計測についてわかりやすく講演します。

チラシを見る

3F瑞雲(奥) 16:00〜

工業や医療を支える最先端の分析技術
〜文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業:JAIST〜

[座長]JAIST 教授 大木進野

JAISTに於いて展開されている本事業の成果は、工業材料、環境物質、農薬、薬物、タンパク質の分析など、多岐にわたっております。本セッションでは、これらの分析事例等をご講演いただきます。また、大学の設備・装置を企業等の外部の方に公開する制度をご紹介します。

チラシを見る

3F鳳(西) 16:00〜

今、繊維産業が変わる!

[担当]福井大学産学官連携本部

それぞれの国々の経済発展に大きく貢献してきた繊維産業は今、大きな転換期を迎えています。本セッションでは「スマートテキスタイル」と呼ばれる新しい機能を備えたテキスタイル素材の開発、非水型および低環境負荷型の繊維加工技術といった新しい分野について討論します。

チラシを見る

3F鳳(中) 16:00〜

イノベーションを生み出す人づくり 〜わくわく人材が未来を拓く〜

[担当]認定NPO法人キーパーソン21 [協力]いしかわ学生定着推進協議会 (金沢大学COC+)

分野や専門性や立場の枠を超えた協働が進む中、10年後の未来をつくる小中高校生大学生が力を発揮できるよう、企業や学校と共に開発し15年間にわたり35000人の子どもたちに行っている教育ノウハウをワークショップをまじえながらお伝えしつつ、未来を拓く人材について、ご一緒に考えます。

チラシを見る

3F鳳(東) 15:30〜

オープンな結集に基づく『北陸発』の農林水産・
食品関連研究開発プラットフォームの形成・発展を目指して

[担当]農水省「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会

講演1 : 農林水産省     講演2 : 石川県立大学     講演3 : 帯広畜産大学
講演4 : (株)果実堂     講演5 : 中央農業研究センター

チラシを見る

4F孔雀 15:30〜

大企業ニーズ提示型 マッチング事業ニーズ説明会

[担当]株式会社ケイエスピー
対象者:中小企業支援をされている方 (公的・民間支援機関・金融機関、自治体、大学等)

国内外の大企業8社から、外部との連携で解決したい技術課題(66テーマ)を開示し、課題解決の提案が可能な技術を保有する企業、研究機関等を募集し、マッチングを行います。

チラシを見る

4F雲雀 15:30〜

個性と共生の哲学: ロボットと人間の共生社会へ向けて

[担当]JAIST知識科学系、金沢大学
[登壇者]柴田正良(金沢大学、心の哲学・分析哲学)
小松孝徳(明治大学、HCI・認知科学)
長滝祥司(中京大学、身体論・現象学)

人間とロボットの「個性をベースにした共生」のあり方について、哲学、工学、認知脳科学、複雑系科学等の研究者たちと議論し、人間のパートナーとしてのロボットの今後の開発方向を探求します。

チラシを見る

4F白鷺 15:30〜

地域科学技術イノベーション 政策立案ワークショップ

[担当]九州大学 科学技術イノベーション政策教育研究センター

地域科学技術政策立案支援システム「RESIDENS」の利用法のご案内と、大学と地方自治体の連携による地域活性化ケースによるケースディスカッションを行います。ケースディスカッションでは、石川を舞台とした、実践的な地域活性化施策の実例をもとに会場でご参加頂いた皆様と共に検討を行います。

チラシを見る

12:30〜15:00

同時開催産から学へのプレゼンテーション

本イベントは、オープンイノベーションの一環としてニーズオリエンテッドの産学連携を生み出す機会を増やすため、研究開発に係わる企業のニーズや共同研究分野・課題を、直接大学や研究機関に伝える場を提供するものです。

※一部ご利用環境において、お申込みが完了できない場合がございます。そのような場合は、お手数ですが事務局までご連絡ください。
(MatchingHUB 事務局 TEL:0761-51-1070)

11月2日(水)10:00〜17:00ホテル日航金沢

 

10:00〜17:00

パネル展示

企業や大学、公的機関など271ブースがパネル出展します。北陸はもちろん、全国から様々な事業や技術内容、研究シーズを紹介します。

10:00〜

ミニセミナー

10:00〜かがやきプロジェクト

10:25〜有限会社マーケットリサーチ社

10:50〜PFUビジネスフォアランナー株式会社

11:15〜「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会

11:40〜簡単スマホアプリ制作ツール~モビラス株式会社

12:40〜株式会社かな和工業

13:00〜かがやきプロジェクト

14:30〜BREST株式会社

14:50〜株式会社グランゼーラ

15:10〜クレスコ北陸株式会社

15:30〜北日本紡績株式会社

10:00〜17:00

関係機関セミナー

産学官金の様々なジャンルから、事業や技術内容、研究シーズを紹介します。

10:00〜

ベンチャー・中小・中堅企業向けNEDOの支援事業のご紹介

[担当] 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)イノベーション推進部

NEDOでは、中堅・中小企業・ベンチャーの研究開発および事業化をシームレスに支援するため、フェーズに合わせ様々な支援事業を用意しています。NEDOの支援事業を是非ご活用ください。

11:00〜

これからの時代のM&A

[担当] 北陸先端科学技術大学院大学 産学連携本部 産学官連携総合推進センター
[講師] 岡 俊子 株式会社岡&カンパニー代表取締役
(北陸先端科学技術大学院大学 インダストリアルアドバイザー・産学官連携客員教授)

今、注目を集めているテーマは「事業承継」と「ヒトを獲得するためのM&A」です。 あと10年で「事業承継」できないと廃業に追い込まれる会社がまだ残っています。 他方、高度なスキルを持った人材を自前で育てることをあきらめ、必要な人材をM&Aで確保する動きがありますが想定どおりにはっていません。 いずれもキーワードはヒトの育成。本セミナーでは、これからの時代に象徴的なこの二つのテーマについて解説します。

12:00〜

Googleを活用した新しい企業ブランディングと人材採用戦略
〜検索データを活用したデジタルソリューション〜

[担当] 独立行政法人 中小企業基盤整備機構
[講師] グーグル株式会社 新規顧客開発本部 人材業界担当 アカウント・エグゼクティブ 藤澤 潤

講師プロフィール:北海道出身
Googleのビッグデータを活用し2000社を超える中小企業のデジタル戦略立案に参画。

求職に関する検索データ分析から人材採用のジレンマを打破する可能性を見出し、デジタルテクノロジーを駆使した人材採用戦略を数々立案。
企業ブランディング(企業のイメージや価値を高める活動)の重要性の認識は高まっていますが、マスメディアを使う従来の手法では、コストの面で中小企業には困難な面があります。このセミナーでは、Googleの検索データを活用することで企業ブランディングを高める手法と事例を紹介します。また、検索データの分析で“学生の就活での心の動きを理解し人材採用戦略への展開も可能である”ことの事例も交えて紹介します。 なお、会場で配布するアンケートにご回答いただいた方にGoogleグッズを差し上げます。

14:30〜

JST産学連携事業成果発表会

[担当] 国立研究開発法人 科学技術振興機構

科学技術振興機構(JST)ではイノベーションが期待される科学技術シーズを実用化して社会へ還元し、科学技術の発展や国民生活の向上につなげる「産学連携事業」に取り組んでいます。今回の発表会では北陸地域での企業マッチングや販路拡大が望まれる事業成果のいくつかをご紹介いたします。

15:30〜

若者の熱量を地域企業のエンジンに!〜「わくわく」した気持ちをどう活かすか〜

[担当] いしかわ学生定着促進協議会 (金沢大学COC+)
[協力] 北陸先端科学技術大学院大学 国立大学改革強化推進事業

「学生、地域、企業、大学職員の本音トーク」
学生のわくわくをどう組織に活かして活性化できるかを探っていきます。 自分の将来、そしてこれからの未来社会へのモチベーションの原動力は「わくわく」する想い。 この想いを地域・企業へとマッチング(Matching)させるには!

13:30〜14:30

特別講演

  • 『夢持ち続け日々精進』

    株式会社 A and Live 代表取締役髙田 明
    (株式会社ジャパネットたかた 前社長)

    新産業の創出に向けた重要なポイントとして、マーケティング、特に販売が挙げられます。テレビ通販でおなじみの「ジャパネットたかた」を長崎県佐世保から全国に展開し、経営者としてローカルビジネスの成功事例を実践してきた髙田氏から、独自のマーケティング法や販売方法・販売戦略などについてお話しいただきます。

17:30〜

交流会

参加者同士の交流を目的に立食形式で開催します。
※会費1,000円・当日交流会受付にてお支払いください。

10:00〜

同時開催輝く地元中小企業応援プロジェクト かがやきプロジェクト

特許庁 平成28年度地域中小企業知的財産支援力強化事業

北陸新幹線沿線5大学(金沢大学、富山大学、信州大学、埼玉大学、北陸先端科学技術大学院大学)とTLO2機関(金沢大学ティーエルオー、信州TLO)が個別 相談を開催します。

http://www.shinshu-tlo.co.jp/kagayaki/resroom/webdir/7.html

※一部ご利用環境において、お申込みが完了できない場合がございます。そのような場合は、お手数ですが事務局までご連絡ください。
(MatchingHUB 事務局 TEL:0761-51-1070)

これまでのMatching HUB Kanazawa イベントレポートを見る

  • Matching HUB 2015 実施内容と風景
  • Matching HUB 2015 実施内容と風景