先端知識科学
プログラム

【博士後期課程】知識社会を担う高度な知識、問題発見・解決力、研究能力を備えた人材を養成する

先端科学技術研究科は、個人・組織・社会・自然の営みとして知識創造という視点から、人文科学・社会科学・認知科学・情報科学・システム科学分野の諸学問を再編・融合し、社会からの多様なニーズに応える教育・研究体制を整備しています。その一貫として東京社会人コースでは、博士前期課程プログラムとして「技術経営(MOT)プログラム」「サービス経営(MOS)プログラム」「医療サービスサイエンス(MSS)プログラム」を用意し、実践現場での知を学術的に取り扱い知識創造につなげるための教育・研究活動を展開しています。これらを基盤としつつ、先端知識科学プログラムは東京サテライトに設置する博士後期課程プログラムとして、知識科学全般にわたる高度な専門知識・技術を教授するとともに、高度な研究能力と実践力を持つ専門職および知識科学研究者の育成を目指します。

教育陣

教員一覧ページをご参照ください。