Journal (Japanese)

  Title Authors Vol, No, Pages Publisher Issue Date
Surface Geometry and Visual Support and their Effect on Affordance: A Comparison Across Three Age Groups Tessier Matthieu, Masahiro Ura, Kazunori Miyata Vol.16, No.2, pp.5-14 芸術科学会論文誌 2017.6.15
チョコレートの形状に対する消費者の印象評価 石橋賢、稲田聡、宮田一乘 Vol.15, No.1, pp.213-223 日本感性工学会論文誌 2016.1
バルーンアートのデザイン支援のための複数本バルーンモデルの構造化と制作手順の自動生成 浦正広, 山田雅之, 宮田一乘, 遠藤守, 宮崎慎也, 安田孝美 Vol.14, No.5, pp.238-247 芸術科学会論文誌 2015/11/6
米菓を対象としたシズル語の印象評価 ーオノマトペを中心にー 石橋賢、深瀧創、宮田一乘 Vol.30, No.1, pp.229-236 人工知能学会論文誌 2015.1
Incorporating Olfactory into a Multi-Modal Surgical Simulation Osama Halabi, Fatma Al-Mesaifri, Mariam Al-Ansari, Roqaya Al-Shaabi, Kazunori Miyata E97-D(8), pp.2048-2052 IEICE Transactions on Information and Systems 2014.8
A novel integration of intensity order and texture for effective feature description Thao-Ngoc Nguyen, B. Le, Kazunori Miyata E97-D(8), pp.2021-2029 IEICE Transactions on Information and Systems 2014.8
TSUMIKI CASTLE - 積み木を用いたインタラクティブなVRシステム 永井淳之介, 沼野剛志, 東孝文, Matthieu Tessier, 宮田一乘 Vol.13, No.1, 67-75 芸術科学会論文誌 2014.3
表面の成長による樹木の形状生成 溝口敦士, 宮田一乘 Vol.13, No.1, 45-58 芸術科学会論文誌 2014.3
Langevin Rigid: Animating Immersed Rigid Bodies in Real-time 謝浩然, 宮田一乘 Vol.13, No.1, 1-10 芸術科学会論文誌 2014.3
対話型グリッドレイアウト生成システム 石橋賢, 宮田一乘 Vol.13, No.1, 7-16 日本感性工学会論文誌 2014.2
幼稚園児向け絵画トレーニング「描画アイデアマラソン」の開発と創造的効果の分析 樋口健夫,由井薗隆也,宮田一乘, 川路崇博, 小泉貴史 Vol.17, pp.43-56 日本創造学会論文誌 2013.12
工芸素材の質感表現手法を活用したデザイン支援システムの開発 宮田一乘,梶井紀孝,餘久保優子,加藤直孝 Vol.J96-D, No.10, pp.2351-2358 電子情報通信学会論文誌 2013.10
入力3Dモデルの近似形状を持つ3D歯車集合体モデルの生成 下中進, 宮田一乘 Vol.12, No.2, pp.92-103 芸術科学会論文誌 2013.6
任意形状の堆積形成手法 櫻井快勢, 宮田一乘 Vol.54, No.3, pp.1220-1229 情報処理学会論文誌 2013.3
視覚的類似性に基づくフォント探索手法の提案 石橋賢, 宮田一乘 Vol.12, No.1, pp.77-85 日本感性工学会論文誌 2013.2
Generating Layout of Nonperiodic Aggregates Kaisei Sakurai, Kazunori Miyata Vol.11, No.4, pp.119-137 芸術科学会論文誌 2012.12
TTCT創造性テストによるアイデアマラソン研修の創造性開発効果の分析 樋口健夫,由井薗隆也,宮田一乘 Vol.16, pp.190-203 日本創造学会論文誌 2012.12
スパイダーヒーロー:張力提示によるエンタテインメントVR 石橋賢,Toni Da Luz, Remy Eynard, 北直樹,姜南,瀬木宏,寺田圭祐,藤田恭平,宮田一乘 Vol.66, No.1, pp.J11-J16 映像情報メディア学会誌 2012.12
地表に無造作に配置された岩石の生成手法 櫻井快勢, 宮田一乘 Vol.10, No.3, pp.98-106 芸術科学会論文誌 2011.9
毛孔で構成される皮革模様の特徴抽出と再構成 松藤和夫, 櫻井快勢, 宮田一乘, 河合直樹 Vol.50, No.8, pp.1905-1916 情報処理学会論文誌 2009.8
A Proposal of Framework for Kansei-based Material Selection R.P.C. Janaka Rajapakse,Kazunori Miyata, Chandrajith A. Marasinghe, Yoshimasa Tokuyama vol.23, no.2, pp.54-59 The Journal of Three Dimensional Images 2009.7
風景バーテンダー:カクテルのアナロジを用いた風景生成 野田貴彦,野村健太郎,小室直之,鄭韜,楊深,宮田一乘 Vol.8, No.2, pp.81-89 芸術科学会論文誌 2009.6
顔に見えるものとのインタラクションを実現するシステム「かおさがし」の開発 松本遥子,堤孝広,寺澤玲緒,宮田直貴,藪慎一郎,宮田一乘 Vol.8, No.2, pp.66-73 芸術科学会論文誌 2009.6
Perceived Visual Roughness: Empirical Study on Effect of Shape R.P.C. Janaka Rajapakse,Kazunori Miyata, Yukari Nagai,Chandrajith A. Marasinghe Vol.22, No.2, pp.59-64 The Journal of Three Dimensional Images 2008.7
Interactive Fountain 柿原 利政, 溝口 敦士, 櫻井 快勢, 瀬井 大志,谷本 隼飛, 宮田 一乘 Vol.7, No.2, pp.34-42 芸術科学会論文誌 2008.6
印画紙露光アナロジを用いた画像処理システム 河原塚有希彦, 宮田一乘 Vol.61, No.10, pp.1477-1480 映像情報メディア学会誌 2007.10
GPUの先駆的利用の研究動向と将来像 新庄貞昭,高橋誠史,木村秀敬,白井暁彦,宮田一乘 Vol.6, No.3, pp.167-178 芸術科学会論文誌 2007.9
3D Texture Node for Generating Camouflage Textures in Maya R.P.C. Janaka Rajapakse, Kazunori Miyata, Chandrajith A. Marasinghe Vol.21, No.2, pp.130-135 The Journal of Three Dimensional Images 2007.7
A Framework for Real-time Rendering of Cloth Objects Using Programmable Shaders R.P.C. Janaka Rajapakse, Kazunori Miyata Vo.21, No.1, pp.33-40 The Journal of Three Dimensional Images 2007.3
加速度センサとのれん状スクリーンを用いたピッチングVRアプリケーション 伊豫田 旭彦,木村 秀敬,武井 悟,垣内 祥史,杜 暁冬,藤井 宗太郎,益田 義浩,枡野 大輔,宮田 一乘 Vol.5, No.2, pp.33-44 芸術科学会論文誌 2006.6
視覚デザインにおける支援手段の研究~画像構成要素における輝度・サイズ分散の観点から~ 宮下芳明,西本一志,宮田 一乘 Vol.16, pp.9-15 日本インテリア学会論文報告集 2006.3
コンテンツのデザイン支援技術による社会貢献を目指して~近未来チャレンジセッションでの議論より 平田 圭二,片寄 晴弘,笠尾 敦司
宮田 一乘,原田 利宣
Vol.21, No.2
pp.215-218
人工知能学会 2006.2
変位情報を用いたVRアプリケーションの実装 -バーチャル紙相撲“トントン” 薮博史,鎌田洋輔,高橋誠史
河原塚有希彦, 宮田一乘
Vol.4, No.2, pp.36-46 芸術科学会論文誌 2005.6
GPUコンピューティングの動向と将来像 宮田一乘,高橋誠史,黒田篤 Vol.4, No.1, pp.13-19 芸術科学会論文誌 2005.3
非言語メディアのデザイン支援に向けて 片寄 晴弘,平田 圭二,野池 賢二,原田 利宣,笠尾 敦司,宮田 一乘,平賀 瑠美 Vol.20, No.2, pp.129-138 人工知能学会 2005.2
UoQA -ジェスチャ認識と簡易なモーションベースを用いたVRアプリケーション 河原塚有希彦,高橋誠史,桑村宏幸,宮田 一乘 Vol.3, No.3, pp.200-204 芸術科学会論文誌 2004.9
ViewFrame2 -マーカレス顔部検出手法を利用した“ViewFrame”- 河原塚有希彦,高橋誠史,宮田 一乘
Vol.3, No.3, pp.189-192 芸術科学会論文誌 2004.9
UoQ -ジェスチャ認識を用いた映像体験環境- 河原塚有希彦,高橋誠史,桑村宏幸,宮田 一乘 Vol.2, No.4, pp.123-127 芸術科学会論文誌 2003.12
コミュニケーションツールとしてのCG 宮田 一乘,伊藤貴之 Vol.2, No.2, pp.74-82 芸術科学会論文誌 2003.6
正方形粒子の最密充填手法を用いた石畳テクスチャの生成 宮田 一乘,伊藤貴之,嶋田憲司 Vol.42, No.11, pp.2743-2751 情報処理学会論文誌 2001.11
画像のワーピング処理を用いたヘアスタイルの自動合成法 宮田一乘 Vol.25, No.5, pp.473-485 画像電子学会誌 1996.5
A Method of Generating Textures by Using Skeleton Lines 宮田一乘 Vol.35, No.7, pp.1332-1341 IPSJ Journal 1994.7
石垣パターンの生成法 宮田一乘 Vol.J75-D-II, No.1, pp.86-95 電子情報通信学会論文誌 1992.1
A Method of Generating Cloud Images Using Density Contour Lines 宮田一乘 Vol.E-72, No.6, pp.763-770 電子情報通信学会論文誌 1989.6
三次元山岳形状の等高線からの自動生成法 安居院猛,宮田一乘,中嶋正之 Vol.J69D, No.12, pp.1905-1912 電子通信学会論文誌 1986.12
フラクタル次元に基づいたディジタル図形の疑似符号化法 安居院猛,宮田一乘,中嶋正之 Vol.39, No.10, pp.979-987 テレビジョン学会誌 1985.10

International Journal

  Title Authors Vol. No, Pages Publisher Issue date
Aesthetic Rating and Color Suggestion for Color Palettes Naoki Kita, Kazunori Miyata Vol.35, Issue 7, 127-136 Computer Graphics Forum 2016/10
Multi-class anisotropic blue noise sampling for discrete element pattern generation Naoki Kita, Kazunori Miyata Vol.32, Issue 6, 1035-1044 The Visual Computer 2016/5
A Playful Affordances Approach to the Design of Gameful Learning Robert W. Songer, Kazunori Miyata Vol.32-1-2, pp.468-478 International Journal of Engineering Education 2016/1
A Prior Reduced Model of Dynamical Systems Haoran Xie, Zhiqiang Wang, Kazunori Miyata, Ye Zhao Mathematical Progress in Expressive Image Synthesis II Springer 2015/3
Statistics-Based Interactive Evolutionary Computation for Color Scheme Search Ken Ishibashi, Kazunori Miyata Vol.14, No.1, pp.31-41 International Journal of Affective Engineering 2015/1
Multi-scale region perpendicular local binary pattern: An effective feature for interest region description Thao-Ngoc Nguyen, Kazunori Miyata DOI:10.1007/s00371-014-0934-5 The Journal of Visual Computer 2014
Modelling of Non-Periodic Aggregates Having a Pile Structure Kaisei Sakurai, Kazunori Miyata Vol. 33, Issue 1, 190-198 Computer Graphics Forum 2014
Real-time simulation of lightweight rigid bodies Haoran Xie, Kazunori Miyata DOI:10.1007/s00371-013-0783-7, pp.1-12 The Journal of Visual Computer 2013
A Study on Gender-Kansei of Three-Dimensional Geometric Shapes R. P. C. Janaka Rajapakse, Harinda Jayasinghe, Kazunori Miyata, Ashu Marasinghe and Yoshimasa Tokuyama Vol.4, No.4, pp.388-405 Int. Journal of Biometrics 2012
Automatic Generation Method for Processing Plants Kentarou Nomura, Kazunori Miyata Vol.26, No.1, pp.29-38 Forma 2011
An educational framework for creating VR application through groupwork Kazunori Miyata, Katsuhiro Umemoto, Takeo Higuchi Vol.34, Issue 6, pp.811-819 Computer & Graphics 2010
Real-time rendering of colour-shift effect of metallic materials R.P.C.Janaka Rajapakse, K.Miyata, A.Marasinghe, Y.Tokuyama Vol.2, No.2, pp.185-200 Int. Journal of Biometrics 2010
Learning to Reflect in Online Fantasy Role-Playing Games Tunc D. Medeni, Kazunori Miyata, Mustafa Sa?san Vol.20, No.2, pp.139-162 Information World 2009
A Design Support System for Kaga-Yuzen Kimono Pattern by Means of L-System Y.Kamada, K.Miyata Vol.22, No.3, pp.231-245 Forma 2007
How should a Visual Design Process be Supported? H.Miyashita, K.Nishimoto, K. Miyata Vol.6, pp.180-186 AIDIA Journal 2006
Algorithmic Painter: a NPR method to generate various styles of painting A.Kasao, K.Miyata Vol.22, No.1, pp.14-27 The Visual Computer 2006
Generation of Organic Textures with Controlled Anisotropy and Directionality via Packing Rectangular and Elliptical Cells T.Itoh, K.Miyata
K.Shimada
Vol.23, No.3, pp.38-45 IEEE CG & A 2003
A Method of Generating Pavement Textures Using the Square Packing Technique K.Miyata, T.Itoh, K.Shimada Vol.17, Issue 8, pp.475-490 The Visual Computer 2001
A Method of Generating Stone Wall Patterns Kazunori Miyata Vol.24, No.2, pp.57-69 Systems and Computers in Japan 1993
A Method of Reconstructing 3D Mountainous Shapes from Contours T.Agui, K.Miyata, M.Nakajima Vol.18, No.11, pp.33-40 Systems and Computers in Japan 1987

International Conference

  Title Authors Vol, No, Pages Conference Name Issue Date
Analyzing Video Game Completion Achievements Implications for Game Project Scope Eric Nelson Bailey, Kazunori Miyata LNCS 10507, 469-472 ICEC 2017 2017/09/18
Cube Art Naoki Kita, Kazunori Miyata Article No.30 SIGGRAPH ASIA 2016 2016/12/5
Effect of surface geometry on affordance and cognitive load: A comparison of different age groups Matthieu, Tessier, Masahiro Ura, Kazunori Miyata #5-2, 1-7 NICOGRAPH International 2016 2016/7/6
Multi-class anisotropic blue noise sampling for discrete element pattern generation Naoki Kita, Kazunori Miyata Session 10, Image Processing I. L33, 1-10 CG International 2016 2016/6/29
Edit-Based Font Search Ken Ishibashi, Kazunori Miyata Part 1, pp.550-561 22nd International Conference MMM 2016 2016/1/4
Pattern-Guided Simulations of Immersed Rigid Bodies Haoran Xie, Kazunori Miyata pp.133-142 ACM SIGGRAPH Motion in Games 2015 2015/11/16
Shape Changing Tangible Interface Designed for Supporting Exploratory Learning: A Flower on a Pot Matthieu Tessier, Masahiro Ura, Kazunori Miyata Poster #27, 2-pages ACM SIGGRAPH VRCAI 2015 2015/10/30
Modelling of Non-Periodic Aggregates Having a Pile Structure Kaisei Sakurai, Kazunori Miyata Selected Paper from CGF Eurographics 2015 2015/5/4
A Prior Reduced Model of Dynamical Systems Haoran Xie, Zhiqiang Wang, Kazunori Miyata, Ye Zhao Vol.58, pp.55-64 Symposiun MEIS 2014: Mathematical Progress in Expressive Image Synthesis (MI Lecture Note, ISSN:2188-1200) 2014/11/12
A Playful Affordances Model for Gameful Learning Robert Songer, Kazunori Miyata 205-213 Proc. of Technological Ecosystems for Enhancing Multiculturality (TEEM 2014), ACM 2014/10/1
Color Scheme Search: A Statistics-Based IEC Method Ken Ishibashi, Kazunori Miyata 4D, 1-13 KEER 2014 2014/6/12
A Novel Local Binary Pattern Feature for Robust Pedestrian Detection Thao-Ngoc Nguyen, Kazunori Miyata pp.127-136 NICOGRAPH International 2014 2014/5/31
Empowering Students with Gamified Learning Experiences Robert Songer, Kazunori Miyata Poster #3 The 6th International Symposium on Digital Technologies in Foreign Language Learning 2014/3/29
Creativity Effects of Idea-Marathon System (IMS): Torrance Tests of Creative Thinking (TTCT) Figural Tests for College Students Takeo Higuchi, Takaya Yuizono, Kazunori Miyata, Keizo Sakurai, Takahiro Kawaji pp.138-148 KICSS 2013 2013/11/7
Effective Feature Description using Intensity Order Local Binary Pattern Thao-Ngoc Nguyen, Bac Le, Kazunori Miyata pp.175-182 CyberWorld 2013 2013/10/21
Graphic Design Support Methods Using IEC: Layout, Font, and Color Ken Ishibashi, Kazunori Miyata pp.5942-5945 5th IASDR 2013 2013/8/26
Grid Layout Generator using Interactive Evolutionary Computation Ken Ishibashi, Kazunori Miyata pp.1-6 ICBAKE 2013 2013/7/5
Langevin Rigid: Animating Immersed Rigid Bodies in Real-time Haoran Xie, Kazunori Miyata pp.89-96 NICOGRAPH International 2013 2013/6/2
TSUMIKI CASTLE:Interactive VR System Using Toy Blocks Junnosuke Nagai, Tsuyoshi Numano, Takafumi Higashi, Matthieu Tessier, Kazunori Miyata Proc. of VRIC2013, #26, pp.1-7 VRIC2013 2013/3/22
Procedural Technology and Creativity Mining Kazunori Miyata pp.169-174 KICSS 2012 2012/11/8
Creativity Improvement by Idea-Marathon Training, Measured by Torrance Tests of Creative Thinking (TTCT) and Its Applications to Laboratories Takeo Higuchi, Kazunori Miyata, Takaya Yuizono pp.66-72 KICSS 2012 2012/11/8
Generating Layout of Nonperiodic Aggregates Kaisei Sakurai, Kazunori Miyata pp.68-75 NICOGRAPH International 2012 2012/07/02
Realistic Motion Simulation of Objects in Free Fall Xie Haoran, Kazunori Miyata #29, pp.1-10 CGI 2012 2012/06/11
Font Selection Using an Interactive Genetic Algorithm and Similarity Search Ken Ishibashi, Kazunori Miyata pp.494-499 Proc. of IWAIT2012 2012/01/09
A Multi-layer Framework for Background Subtraction Using Extended Local Ternary Patterns Thao Nguyen, Kazunori Miyata, Bac Le pp.476-481 Proc. of IWAIT2012 2012/01/09
Interactive Procedural Modeling of Pebble Mosaics Naoki Kita, Kazunori Miyata Technical Sketch, Art, Design & Computer Graphics Education, #3, 2 pages ACM SIGGRAPH ASIA 2011 2011/12/11
Free Fall Motion Synthesis Xie Haoran, Kazunori Miyata Technical Sketch, Production and Visual Effects, #2, 2 pages ACM SIGGRAPH ASIA 2011 2011/12/11
Modeling Trees with Rugged Surfaces Atsushi Mizoguchi, Kazunori Miyata pp.1464-1471 Proc. of 2011 International Joint Conference of IEEE TrustCom-11/IEEE ICESS-11/FCST-11 2011/11/16
Pre-computaed Data-driven Free Fall Animation Xie Haoran, Kazunori Miyata Session 3, No.5, 8pages NICOGRAPH International 2011 2011/06/11
A rule-based method for creating bookshelf models Naoki Kita, Kazunori Miyata Posters, "Modeling" SIGGRAPH ASIA 2010 2010/12/14
Procedural Modeling of Multiple Rocks Piled on Flat Ground Kaisei Sakurai, Kazunori Miyata Posters, "Modeling" SIGGRAPH ASIA 2010 2010/12/14
Visualization and Haptic rendering of Ancient Woodcarvings in Sli Lanka R.P.C. Janaka RAJAPAKSE, Yoshimasa TOKUYAMA,
Ashu MARASINGHE, Kazunori MIYATA,
Raj SOMADEVA
Article No. 21, 8 pages Proc. of 14th International Conference on Geometry and Graphics (ICGG 2010) 2010/8/5
Practical 3D decoration on flat media with anisotropic reflection Eriko Kimura, Naoki Kawai, Kazunori Miyata Posters, #73, "Image/Video Processing" SIGGRAPH2010 2010/7/25
Spider Hero Ken Ishibashi, Toni Da Luz, Remy Eynard, Naoki Kita,
Nan Jiang, Hiroshi Segi, Keisuke Terada, Kyohei Fujita and Kazunori Miyata
Proc. of VRIC2010, pp.257-266 VRIC2010 2010/4/7
Automatic generation method for processing plants K.Nomura, K.Miyata Proc. of IEVC2010
3B-6, pp.1-6
IEVC2010 2010/3/7
An Education Method for VR Content Creation using Groupwork Kazunori Miyata, Katsuhiro Umemoto, Takeo Higuchi Proc. of SIGGRAPH ASIA 2009,
Educator Paper, Visualization and Virtual Reality, #2, pp.1-5
SIGGRAPH ASIA 2009 2009/12/18
Spider Hero: A VR application using pulling force feedback system Ken Ishibashi, Toni Da Luz, Remy Eynard, Naoki Kita,
Nan Jiang, Hiroshi Segi, Keisuke Terada, Kyohei Fujita and Kazunori Miyata
Proc. of VRCAI2009,
pp.197-202
VRCAI2009 2009/12/15
Mosaic Image Generation using 3D Models Takahiko Noda, Kazunori Miyata, Eriko Kimura, Naoki Kawai ASIAGRAPH2009 Proceedings,
pp.110-115
ASIAGRAPH 2009 2009/10/23
The Effect of Variable Base on Perceiving Gender Kansei of 3D-Shape R. P. C. Janaka Rajapakse, Harinda Jayasinghe, Yoshimasa Tokuyama, Kazunori Miyata,
Ashu Marasinghe
Proceedings of the International Multi-Conference on Biometrics and Kansei Engineering 2009, pp.136-141 IEEE-ICBAKE 2009 2009/06/25
Face Search: A System Realizing Interaction with Face-like Things Naoki Miyata, Yoko Matsumoto, Takahiro Tsutsumi, Shinichiro Yabu, Reo Terazawa, Kazunori Miyata Proc. of NICOGRAPH International 2009
Session IV-2, pp.1-6
NICOGRAPH International 2009/06/19
A Method for Character Animation Generation Based on Karaoke Sound Feature Tao Zheng, Xiaodong Du,
Kazunori Miyata
Proc. of NICOGRAPH International 2009
Session I-2, pp.1-6
NICOGRAPH International 2009/06/19
Procedural Modeling of Leather Texture with Structural Elements Kaisei Sakurai, Kazunori Miyata, Naoki Kawai, Kazuo Matsufuji Proc. of Eurographics Workshop on Natural Phenomena, pp.1-8 Eurographics 2009 2009/04/01
Development of Virtual Playground System by Markerless Augumented Reality and Physics Engine Masafumi Takahashi
Kazunori Miyata
Multimedia Application Session, No.7, pp.1-4 IWAIT 2009 2009/01/12
A Visual Simulation for Gold Leaf and Japanese Lacquerware Kazunori Miyata
Kaisei Sakurai
Toshihiro Tomoi
Hiroshi Tashimo
Koji Imao
Yoshiyuki Sakaguchi
Sketches
Visual Simulation
SIGGRAPH ASIA 2008 2008/12/13
A Shading Model for Color-shift Effect of Metallic Materials R. P. C. Janaka Rajapakse
Kazunori Miyata
Ashu Marasinghe
Yoshimasa Tokuyama
Proceedings of the 11th International Conference on Humans and Computers, pp.135-140 HC'2008 2008/11/21
Proposal on Kansei-Based Material Editing R.P.C. Janaka Rajapakse
Kazunori Miyata
Ashu Marasinghe
Yoshimasa Tokuyama
Proc. of 2nd International Conference on Kansei Engineering and Affective Systems, pp.135-140 KEAS'08 2008/11/23
Analysis of 3D Shapes by Gender KANSEI Harinda Jayasinghe
R.P.C. Janaka Rajapakse
Kazunori Miyata
Proc. of 2nd International Conference on Kansei Engineering and Affective Systems, pp.129-134 KEAS'08 2008/11/23
Landscape Bartender: Landscape Generation Using a Cocktail Analogy Takahiko Noda
Kentarou Nomura
Naoyuki Komuro
Tao Zheng
Chen Yang
Kazunori Miyata
New Tech Demo
SIGGRAPH Core
SIGGRAPH2008 2008/8/11-15
A new visual expression of motorcycle driving data with animal character animation Xiaodong Du
Harinda Jayasinghe
Kazunori Miyata
Proc. of NICOGRAPH International 2008
Session III-2, pp.1-6
NICOGRAPH International 2008/5/30
Perceived Visual Roughness: Effect of Shape Characteristics R. P. C. Janaka Rajapakse,
K.Miyata
Yukari Nagai
C.A. Marasinghe
Proc. of 10th International Conference on Human and Computers (HC-2007), pp.95-100 HC-2007 2007/12/13
A Gallery of Gold Shaders R.P.C. Janaka Rajapakse,
Kazunori Miyata
Proc. of 10th International Conference on Human and Computers (HC-2007), pp.51-52 HC-2007 2007/12/13
Generating procedural texture effects by categorizing noise colors R.P.C. Janaka Rajapakse,
Kazunori Miyata
Proc. of IEVC2007
2A-5, pp.1-6
IEVC2007 2007/11/27
Leather texture generation considering sulci flow Kaisei Sakurai, Kazunori Miyata,
Naoki Kawai, Kazuo Matsufuji
Proc. of IEVC2007
1B-1, pp.1-6
IEVC2007 2007/11/27
The Effect of Shape on the Perception of Visual Roughness R. P. C. Janaka Rajapakse,
K.Miyata
Yukari Nagai
C.A. Marasinghe
Proc. of International Symposium on Humanized Systems 2007, pp.119-122 ISHS'07 2007.9.13-15
Leather Texture Generation Considering Sulci Flow K.Sakurai,K.Miyata
K.Matsufuji,N.Kawai
Posters, #B05, "Geometry" ACM SIGGRAPH 2007
Baked Crepe Texture Generation Kaisei Sakurai,Akihiko Shirai
Fabien Goslin,Kazunori Miyata
Posters, #B12, "Modeling" ACM SIGGRAPH 2007
How Creative Design Space in Digital Painting R. P. C. Janaka Rajapakse,
K.Miyata
Yukari Nagai
C.A. Marasinghe
A. P. Madurapperuma
Proc. of the First International Conference on Kansei Engineering & Intelligent Systems, pp.182-187 KEIS-2006 2006
Camouflage-Shader: A Shading Node for Generating Camouflage Materials in Maya R. P. C. Janaka Rajapakse,
K.Miyata
C.. A. Marasinghe
Proc. of the 9th International Conference on Human and Computers, pp.31-35 HC-2006 2006
Leather Texture Generation K.Miyata,Y.Sakaguchi,K.Imao
Y.Hatada,A.Fujita,R.Suzaki
Posters, #93, "Modeling: Geometry and Surface" ACM SIGGRAPH 2006
Hardware Accelerated Rendering of BRDF Materials with Zernike Polynomials J. Rajapakse,K.Miyata pp.250-255 IWAIT2006 2006
“RoboGamer mark 2”: Development of a collaborative portable TV game playing robot A.Shirai, L.Dominjon, M.Takahashi,
K.Miyata,M.Sato, S.Richir
Extended Abstracts of Demos & Poster,
pp.13-16
ICEC2005 2005
A survey of real-time reflectance models for cloth ojbects J. Rajapakse,K.Miyata Proc. of the 8th International Conference on Human and Computers, pp.46-52 HC-2005 2005
Development of Robotic TV Game Player Using Haptic Interface and GPU Image Recognition
A.Shirai,M.Takahashi,K.Miyata
M.Sato,S.Richir
Posters, #126, "GPU Techniques" ACM SIGGRAPH 2005
Ton2: A VR Application With Novel Interaction Method Using Displacement Data H.Yabu,Y.Kamada,
M.Takahashi,Y.Kawarazuka,
K.Miyata
Emerging Technology ACM SIGGRAPH 2005
Enhanced SIC (Synergistic Image Creator) for Artistic Use A.Kasao,K.Miyata pp.903-911 IV05 2005
RoboGamer?: Development of Robotic TV Game Player using Haptic Interface and GPU Image Recognition A.Shirai
M.Takahashi
K.Miyata
M.Sato
S.Richir
Proceedings of SIGCHI International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology,
pp.471-472
ACE2005 2005
GPU based interactive displacement mapping M.Takahashi,
K.Miyata
pp.477-480 IWAIT 2005 2005
Enhanced Synergistic Image Creator: a NPR method with natural curly brushstrokes A.Kasao, K.Miyata Advances in Multimedia Information Processing - PCM2004, LNCS 3331, pp.444-452 PCM 2004 2004
Algorithmic Painter: A NPR Method to Generate Various Styles of Painting
A.Kasao, K.Miyata Posters, #23, "Nonphotorealistic Animation and Rendering" ACM SIGGRAPH 2004
Organic Textures with Controlled Anisotropy and Directionality K.Miyata,
T.Itoh, K.Shimada
Sketch, Technical, pp.240 ACM SIGGRAPH 2001
A Method of Generating Pavement Textures Using the Square Packing Technique K.Miyata,
T.Itoh, K.Shimada
Sketch, Technical, pp.228 ACM SIGGRAPH 2000
A Hairstyle Simulation System Kazunori Miyata Sketch, Application, pp.278 ACM SIGGRAPH 1998
A Prototype Hairstyle Simulation System Kazunori Miyata, M.Kurokawa pp.352-358 Multimedia Japan 96 1996
A Hybrid Texture Generator Kazunori Miyata, M.Nakajima Vol.2410, pp.382-393 SPIE Symposium 1995
A Method of Generating Stone Wall Patterns Kazunori Miyata Vol.24, No.4, pp.387-394 ACM SIGGRAPH 1990

Bulletin (Japanese)

  Title Authors Vol, No, Pages Publisher Issue Date
映画のデジタル化の波 宮田一乘 Vol.8, pp.27-32 東京工芸大学紀要 2002.3
デジタル映像の過去、現在、未来 宮田一乘 Vol.7, pp.51-57 東京工芸大学紀要 2001.3

Domestic Conference

  Title Authors Vol, No, Pages Conf. Name Issue Date
表情分析によるストレス解消効果を高める画像提示順序の決定法 井戸田彰義, 浦正広, 宮田一乘 AS-07, 1-4 映像表現・芸術科学フォーラム2017 2017/3/14
Healing Window:開放感を高めるデジタル窓 曾珍, 浦正広, 宮田一乘 Vol.116, No.496, MVE2016-53, pp.57-62 電情通MVE研究会 2017/3/6
首の伸びを検知するデバイスの開発とVRコンテンツの提案/td> 蟹江秀俊, 王鴻宇, 北村勇喜, 西澤博大, 畠山巧幹, 森健斗, 浦正広, 宮田一乘 23-405-56, 851-855 インタラクション2017 2017/3/2
訪日旅行者向けバス乗り間違え回避・対処支援システム 王睿, 浦正広, 宮田一乘 No.35, 1-6 電情通CW研究会 2017/3/1
ジオラマすごろく回想法:介護レクリエーションのICT化による介護士の負担軽減 林千晴, 浦正広, 藤波努, 宮田一乘 2017-ASD-7, No.4, pp.1-6 情処研報・高齢社会デザイン 2017/2/17
オリジナルアーケードゲーム「アオモリズム」の展示時プレイログ分析によるスコア向上に関する仮説検証 中村隆之, 宮田一乘 2016-DCC-13(10), pp.1-7 情処・デジタルコンテンツクリエーション研究会 2016/5/30
モラル向上を促す家庭用スマートゴミ箱の提案 山中孔聖, 浦正広, 宮田一乘 pp.27-32 第32回サイバーワールド研究会 2016/3/9
立体カードとスマホでつくる子供向けプロジェクションマッピング 塚平彩, 浦正広, 宮田一乘 映情学技報, Vol.40, No.11, pp.307-310 映像表現・芸術科学フォーラム2016 2016/3/9
質感認知に対する凹凸の空間周波数の影響 林宏紀, 浦正広, 宮田一乘 映情学技報, Vol.40, No.11, pp.13-16 映像表現・芸術科学フォーラム2016 2016/3/9
バルーンアートのデザイン支援のための複数本バルーンモデルの構造化と制作手順の自動生成 浦正広, 山田雅之, 宮田一乘, 遠藤守, 宮崎慎也, 安田孝美 J-08 NICOGRAPH 2015 2015/11/6
リボンの掛け方とボウの結び方に関する印象調査 石橋賢, 韓宇, 浦正広, 宮田一乘 デザインII, 1C-01 第10回日本感性工学会春季大会 2015/03/28
文字の形状変形によるフォント検索手法の提案 石橋賢, 宮田一乘 ITE-39, No.14, pp39-42 映像表現・芸術科学フォーラム2015 2015/03/07
「改訂新版コンピュータグラフィックス」の狙い 藤代 一成, 斎藤 隆文, 乃万 司, 高橋 成雄, 馬場 雅志, 宮田 一乘 2015-CG-158, No.6, pp.1-4 情報処理学会・グラフィックスとCAD研究会 2015/02/20
視覚コンテンツにおける対話型進化計算のデータ構造設計と評価方法 石橋賢, 宮田一乘 SS16-2 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2014 2014/11/21
統計値ベースIECと類似検索による配色検索システムとその感性伝達の効果 石橋賢, 宮田一乘 2A05, pp.1-6 第9回日本感性工学会春季大会 2014/3/22
米菓の食感とシズル語の印象評価その考察 深瀧創, 宮田一乘 1A03, pp.1-6 第9回日本感性工学会春季大会 2014/3/22
漫才のネタ発想支援システム 木下誠, 宮田一乘 A3-7, pp.1-6 インタラクション2014 2014/2/27
樹脂フィルムの熱変形シミュレーション 奥成貴大, 宮田一乘 Vol.2014-CG-154, No.19, pp.1-8 情報処理学会 GCAD研究会 2014/2/21
配色の統計値を用いた対話型進化計算による配色支援システム 石橋賢, 宮田一乘 HI2013-67, 21-24 映像情報メディア学会ヒューマンインフォメーション研究会 2013/12/6
積み木を用いたインタラクティブな VR システムとその評価 永井淳之介, 沼野剛志, 東孝文, Matthieu Tessier,宮田一乘 pp.97-102 EC2013 2013/10/4
対話型グリッドレイアウト生成システム 石橋賢, 宮田一乘 F11 第15回日本感性工学会大会 2013/9/5
表面の成長を考慮した樹木の形状生成 溝口敦士,宮田一乘 #O-21, 1-8 Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2013 2013/6/22
Cube Art 北直樹,宮田一乘 #P-18, 1-4 Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2013 2013/6/22
複雑な挙動を持つミサイルアニメーションの制作支援システム 櫻岡卓哉, 宮田一乘 #42, pp.1-4 映像表現フォーラム・芸術科学フォーラム 2013/3/15
顔のアタリ描画支援システム 戎直哉, 宮田一乘 #9, pp.1-4 映像表現フォーラム・芸術科学フォーラム 2013/3/15
ストッキングの質感表現 坂口寛典,宮田一乘 Vol.2013-CG-150, No.5, pp.1-6 情報処理学会 GCAD研究会 2013/3/15
コマとの一体感を体験できるゲーミングシステム 奥成 貴大, 吉田 翔, 沼野 剛志, 阿部 翔太郎, Matthieu Tessier, 池田 任志, 木下 誠, 宮田一乘 pp.134-137 NICOGRAPH 2012 2012/11/16
入力モデルの近似形状を持つ歯車集合体モデルの生成 下中進, 宮田一乘 pp.44-49 NICOGRAPH 2012 2012/11/16
表面の成長を考慮した樹木の形状生成 溝口敦士, 宮田一乘 S3-2, pp.1-9 画像電子学会, VCワークショップ2012 2012/11/4
拡張つみき遊びシステム「つみきキャッスル」の提案 永井 淳之介,沼野 剛志, Matthieu Tessier, 松尾 亮輔,廣瀬 大紀,宮田 一乘 O2-04, 231-234 EC2012 2012/09/28
視覚的類似性に基づくフォント探索手法の提案 石橋 賢, 宮田一乘 B1-03, 1-9 第14回日本感性工学会大会 2012/8/30
Fun Computing 宮田一乘 pp.1425-1434 DICOMO2012 2012/7/5
Poisson-Disk Sampling を用いた離散エレメントテクスチャ生成 北直樹,宮田一乘 #27, pp.1-5 Visual Computing / グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2012 2012/6/23
堆積構造を有する凝集体のモデリング 櫻井快勢, 宮田一乘 #20, pp.1-6 Visual Computing / グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2012 2012/6/23
短繊維で構成された凝集体の表現 櫻井快勢, 宮田一乘 Vol.2011-CG-147, No.7, pp.1-6 情報処理学会 GCAD研究会 2012/6/22
フォントの視覚的特徴量から分析するオノマトペに適したフォントの一考察 石橋 賢, 宮田一乘 1M2-OS-8b-1 第26回人工知能学会全国大会予稿集 2012/6/12
対話型進化計算と類似検索を用いたフォント検索手法 石橋 賢, 宮田一乘 D-8-3 電子情報通信学会総合大会 2012/3/22
果実における細毛表現手法の提案 高見澤大輔, 宮田一乘 #13, pp1-4 芸術科学フォーラム 2012/3/16
スマートフォンのセンサ及びBluetooth探索を用いた個人間の相対位置表示システム 木下 剛志, 宮田 一乘 Vol.2012-MBL-61 No.35,pp.1-8 IPSJ第61回MBL・第33回UBI合同研究発表会 2012/3/13
任意形状の堆積形成手法 櫻井快勢, 宮田一乘 Vol.2011-CG-145, No.14, pp.1-7 情報処理学会 GCAD研究会 2011/11/17
対話型遺伝的アルゴリズムと類似検索によるフォント選択手法の提案 石橋賢,宮田一乘 ME2011-123, Vol.35, No.39, pp.33-36 映像情報メディア学会技術報告 2011/10/14
咀嚼コミュニケーション:ポッキーゲーム 櫻岡卓哉,赤川龍之介,岩本拓也,笹谷竜矢,宮田一乘 06A-01 EC2011予稿集 2011/10/07
エコ意識向上を目指した缶つぶしシステム -エクストリーム缶つぶし- 坂口寛典,戎直哉,三原亘貴,佐藤政宣,古谷亘,宮田一乘 01B-01 EC2011予稿集 2011/10/07
任意形状をもつオブジェクトの配置によるテクスチャ生成 櫻井快勢, 宮田一乘 #13, pp.1-6 Visual Computing / グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2011 2011/06/25
正多面体学習における3DCG教育コンテンツの影響 ~ 数学の正多面体を中心として ~ 土山伸, 由井薗隆也, 宮田一乘 Vol.35, No.23, 9-12 映像情報メディア学会技術報告 2011/06/20
感情を表すオノマトペを用いた感情情報入力手法の提案と画像検索への応用 石橋賢,宮田一乘 1C2-OS4b-10 第25回人工知能学会全国大会予稿集 2011/06/01
自動車用ホイールのコンセプトデザインの支援ツールの開発 寺田圭祐,宮田一乘 IV-2 第10回NICOGRAPH春季大会予稿集 2011/3/25
3D小石モザイクの生成手法 北直樹,宮田一乘 II-6 第10回NICOGRAPH春季大会予稿集 2011/3/25
表面形状を考慮した樹木の形状生成 溝口敦士, 宮田一乘 II-5 第10回NICOGRAPH春季大会予稿集 2011/3/25
AnkiPad: 携帯型端末を用いた机上書類持ち出しシステム 木下 剛志,宮田 一乘 4INH-8 インタラクション2011論文集 2011/03/10
物体表面の微細形状の陰影付け手法 宮田一乘, 櫻井快勢 Vol.110, No.456, pp.171-176 電子情報通信学会技術研究報告 2011/3/8
感性情報を考慮した絵画調画像の生成 石橋賢,宮田一乘 Vol.35, No.8, pp.53-56 映像情報メディア学会技術報告 2011/2/19
グループワークによる知識創造とVRコンテンツの制作教育 宮田一乘,梅本勝博,石橋賢,樋口健夫 Vol.2011-CG-142, No.6, pp.1-6 情報処理学会GraCAD研究会 2011/02/08
Folding on Bent Surfaces 櫻井快勢, 宮田一乘 セッション3-4, pp.1-9 ビジュアルコンピューティングワークショップ2010 in 舘山寺温泉 2010/11/26
詳細度を考慮したシボ表面の陰影付け 宮田一乘, 櫻井快勢 セッション2-3, pp.1-6 ビジュアルコンピューティングワークショップ2010 in 舘山寺温泉 2010/11/26
描画表現における偶発的要素を用いた発想刺激の影響について 杜 暁冬,宮田一乘 セッション5-3-3, pp.1-4 Designシンポジウム2010予稿集 2010/11/26
グラフまたはシミュレーションを基にしたプロシージャルモデリング 櫻井快勢, 宮田一乘 pp.50 第13回知識科学シンポジウム予稿集 2010/11/14
Dancing Sound Vincent de Paul ATANGANA EKANI, Haoran Xie, Kazunori Miyata Vol.34, No.44, pp.21-24 映像情報メディア学会技術報告 2010/10/25
イメージ語入力による絵画調画像の生成 石橋賢,宮田一乘 Vol.34, No.44, pp.1-4 映像情報メディア学会技術報告 2010/10/25
雲を用いた紙すき体験システム「くもすき」 木下剛志,田中唯太,清水浩二,稲田聡,宇佐美佑介,宮田一乘 B18, pp.1-5 EC2010予稿集 2010/10/22
変身システム 高見澤大輔,才野仁史,馬場裕,宮田一乘 A17, pp.1-7 EC2010予稿集 2010/10/22
地表に無造作に配置された岩石の生成手法 櫻井快勢,宮田一乘 #V-1, pp.1-7 第26回NICOGRAPH論文コンテスト 2010/9/25
感性情報マップを用いた画像検索システムの提案 石橋賢,宮田一乘 #1F1-1, pp.1-4 第12回日本感性工学会大会 2010/9/11
3次元形状の特徴を利用した異方性反射によるレリーフ表示の改善 木村絵里子, 河合直樹,宮田一乘 Vol.2010-CG-140, No.5, pp.1-6 情報処理学会GraCAD研究会 2010/9/8
色彩効果による画像への感情記録の可能性に関する検討 石橋賢,宮田一乘 #J-030, pp.529-530 FIT2010 2010/9/7
本棚シーンのルールベース生成 北直樹,宮田一乘 #17, pp.1-6 Visual Computing / グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2010 2010/6/26
ルールベースの図書館シーンの自動生成 北直樹,宮田一乘 SII-2, pp.1-6 第9回NICOGRAPH春季大会 論文 & アート部門コンテスト予稿集 2010/3/26
詳細度を考慮したCGの凹凸質感表現 堤孝宏, 宮田一乘 pp.119-124 画像電子学会・第250回研究会講演予稿<09-06> 2010/3/23
スパイダーヒーロー:張力提示システムを導入したVRアプリケーション 石橋賢,Toni Da Luz, Remy Eynard, 北直樹,姜南,瀬木宏,寺田圭祐,藤田恭平,宮田一乘 PB21, pp.1-4 インタラクション2010論文集 2010/3/1
スパイダーヒーロー:張力提示システムによるVRアプリケーション 石橋賢,Toni Da Luz, Remy Eynard, 北直樹,姜南,瀬木宏,寺田圭祐,藤田恭平,宮田一乘 pp.57-64 第7回知識創造支援システムシンポジウム予稿集 2010/2/25
詳細度を考慮したコンピュータグラフィクスの質感表現に関する視覚特性の分析 堤孝宏, 宮田一乘 VCWS2009, S3-2, pp.1-6 画像電子学会, VCワークショップ2009 2009.11
ゆるやかなインタラクティブ性を活用したコミュニケーション支援システムの提案 小室直之,藪慎一郎,宮田一乘 CW2009-3, pp.11-16 電子情報通信学会,第12回サイバーワールド研究会 2009.3
3Dモデルを利用したモザイク画生成手法の提案 野田貴彦, 宮田一乘, 木村絵里子, 河合直樹 SIII-3, pp.1-6 第8回NICOGRAPH春季大会 論文 & アート部門コンテスト予稿集 2009.3
大規模工場の景観の自動生成手法 野村 健太郎, 宮田 一乘 SI-2 pp.1-6 第8回NICOGRAPH春季大会 論文 & アート部門コンテスト予稿集 2009.3
かおさがし:顔に見えるものとのインタラクションを実現するシステム 松本 遥子堤 孝広,寺澤 玲緒,
宮田 直貴,藪 慎一郎,宮田 一乘
pp.149-150 インタラクション2009論文集 2009.3
外国人向けの日本語学習支援ゲームの提案 許嘉君,宮田一乘 pp.113-120 第6回知識創造支援システムシンポジウム予稿集 2009.2
グループワークによるVRコンテンツの制作教育 宮田一乘,梅本勝博 Vol.2009, No.12, pp.119-124 グラフィクスとCAD研究報告,情報処理学会 2009.2
かおさがし:顔に見えるものとのインタラクション 松本 遥子堤 孝広,寺澤 玲緒,
宮田 直貴,藪 慎一郎,宮田 一乘
pp.149-150 EC2008予稿集 2008/10/29
カクテルのアナロジを用いた景観CGの直感的な生成法 野村 健太郎
高橋 誠史
宮田 一乘
pp.119-122 EC2008予稿集 2008/10/29
動物キャラクタアニメーションによるバイク走行データの可視化表現の提案 杜 暁冬
Jayasinghe Harinda
宮田 一乘
pp.115-118 EC2008予稿集 2008/10/29
デジタルメディアとセンシング技術の融合 宮田一乘 Vol.32,No.26, pp.17-24 映像情報メディア学会技術報告(IST & ME) 2008/6/23
実物体からのテクスチャの抽出と再構成 宮田一乘 3J3-03 人工知能学会全国大会 2008/6/13
ペンストロークの強調と省略を考慮したマンガ調レンダリング 瀬崎勇一,宮田一乘 S4-4, pp.1-6 第7回NICOGRAPH春季大会 論文 & アート部門コンテスト予稿集 2008/3/28
フォトンマッピング法を用いた3DAPI による大域照明手法 柿原利政,宮田一乘 S4-2, pp.1-6 第7回NICOGRAPH春季大会 論文 & アート部門コンテスト予稿集 2008/3/28
オブジェクト間の関係を考慮した3D テクスチャの生成 谷本隼飛,宮田一乘 S2-5, pp.1-6 第7回NICOGRAPH春季大会 論文 & アート部門コンテスト予稿集 2008/3/28
階層構造を考慮した木の分布生成 溝口敦士,宮田一乘 S2-2, pp.1-6 第7回NICOGRAPH春季大会 論文 & アート部門コンテスト予稿集 2008/3/28
風景バーテンダー:カクテルのアナロジーを用いた風景生成 野田貴彦,野村健太郎,小室直之,
楊深,鄭韜,宮田一乘
S1-1, pp.1-6 第7回NICOGRAPH春季大会 論文 & アート部門コンテスト予稿集 2008/3/28
漆工芸の質感表現 宮田一乘,櫻井快勢,友井俊弘,
田下博,今尾公二,坂口嘉之
07-05-27, pp.165-170 画像電子学会
第237回研究会講演予稿
2008/3/7
風景バーテンダー:カクテルのアナロジーを用いた風景画像生成システム 野田貴彦,野村健太郎,小室直之,楊深,鄭韜,宮田一乘 pp.163-164 インタラクション2008論文集 2008/3/3
動物キャラクタを用いた実走行データの可視化表現の提案 杜暁冬, Jayasinghe Harinda, 宮田 一乘 pp.56-63 第5回知識創造支援システムシンポジウム報告書 2008/2/20
アウェアホームのためのアウェア技術の開発研究 -4年目の研究成果- 國藤 進,金井秀明,藤波 努,三浦元喜,中田豊久,
高塚亮三,山崎竜二,小柴 等,宮田一乘,加藤直孝,
上田芳弘,高橋哲郎,山口聖哉,森田健一,伊藤禎宣
pp.1-7 第5回知識創造支援システムシンポジウム報告書 2008/2/20
フォトンマップを利用したリアルタイム大域照明手法 柿原 利政 ,宮田 一乘 S5-1, pp.1-6 NICOGRAPH 2007 秋 2007/11/16
毛穴で構成される皮革形状のパターン生成 櫻井 快勢, 宮田 一乘,
松藤 和夫, 河合 直樹
Vol.2007, No.129, pp.109-114 グラフィクスとCAD研究報告,情報処理学会 2007/11/13
毛穴で構成される皮革形状の特徴抽出手法の一提案 松藤 和夫, 河合 直樹, 櫻井 快勢, 宮田 一乘 Vol.2007, No.129, pp.103-108 グラフィクスとCAD研究報告,情報処理学会 2007/11/13
見えているもの /見えていないもの 大内農,宮田一乘 EC2007予稿集, pp.271-272 EC2007 2007/10/1
クレープの表面形状のモデリング手法 櫻井 快勢, 白井 暁彦, Goslin Fabien, 宮田 一乘 EC2007予稿集, pp.195-198 EC2007 2007/10/1
ゲームエンジンの設計を取り入れたプレゼンテーションのためのアニメーションツールの開発 高橋 誠史, 堀 秀信, 宮田 一乘 EC2007予稿集, pp.103-106 EC2007 2007/10/1
偶発的要素による描画表現への発想刺激とその影響に関する評価 杜 暁冬, 宮田 一乘 EC2007予稿集, pp.53-56 EC2007 2007/10/1
子どもの創造性を刺激する知育メディアの開発 枡野大輔,宮田一乘 1H1-6 人工知能学会全国大会 2007/6/20
チラシメタファーを用いた重み考慮情報提示システム 益田義浩, 宮田一乘
Vol.2007, No.34, pp.61-68 デジタルドキュメント研究報告,情報処理学会 2007/3/27
SIMD命令を用いた木探索によるレイトレーシングの高速化 木村秀敬,宮田一乘 セッションⅥ:CG基礎 CGAC2007 2007/3/24
プレゼンテーションのための物理エンジンを搭載したアニメーションツールの開発 高橋誠史,中森義輝,宮田 一乘 セッションⅡ:コンテンツ CGAC2007 2007/3/24
Witch’s Cauldron:掻き混ぜて破砕するVRアプリケーション
瀬崎勇一,大内 農,櫻井 快勢,
瀬井 大志,谷本 隼飛,溝口 敦士,
宮田 一乘
セッションⅠ:VR CGAC2007 2007/3/24
Interactive Fountain 柿原 利政,溝口 敦士,
櫻井 快勢,宮田 一乘
セッションⅠ:VR CGAC2007 2007/3/24
実走行データに基づくプロモーション映像の生成・編集環境の研究 垣内祥史,武井 悟,
杜 暁冬,宮田一乘
Vol.31, No.20, pp.27-30 映像情報メディア学会
映像表現&コンピュータグラフィックス
2007/3/16
レイトレーシングのための4分木バウンディングボリューム階層の構築
木村秀敬,宮田一乘 Vol.31, No.20, pp.19-22 映像情報メディア学会
映像表現&コンピュータグラフィックス
2007/3/16
Interactive Fountain 柿原 利政,溝口 敦士,櫻井 快勢,
瀬井 大志,谷本 隼飛,宮田 一乘
pp.199-200 インタラクション2007論文集 2007/3/15
Witch's Cauldron:力覚インタフェースを利用した混ぜるVRアプリケーション 瀬崎勇一,大内 農,櫻井 快勢,
瀬井 大志,谷本 隼飛,溝口 敦士,
宮田 一乘
pp.73-74 インタラクション2007論文集 2007/3/15
BRDFとハイトマップデータを用いた金箔素材のCG表現法 宮田 一乘,光武 眞意,友井 俊弘,
田下 博,今尾 公二,坂口 嘉之
Vol.06-06, pp.55-60 画像電子学会
第231回研究会講演予稿
2007/3/9
Interactive Fountain 柿原 利政,溝口 敦士,櫻井 快勢,
瀬井 大志,谷本 隼飛 ,宮田 一乘
pp.23-28 第4回知識創造支援システムシンポジウム予稿集 2007/2/22
介護福祉施設における思い出ビデオと認知症高齢者の関係性の分析 武井悟,宮田一乘 pp.8-15 第4回知識創造支援システムシンポジウム予稿集 2007/2/22
アウェアホームのためのアウェア技術の開発研究―3年目の研究成果― 國藤 進,金井秀明,山下邦弘,宮田一乗,西本一志,藤波 努,三浦元樹,中田豊久,小柴 等,高塚亮三,山崎竜二,武井 悟,加藤直孝,上田芳弘,高橋哲郎,中川健一,伊藤禎宣 pp.1-3 第4回知識創造支援システムシンポジウム予稿集 2007/2/22
弾性体メッシュを応用した皮革テクスチャの生成手法 櫻井快勢,宮田一乘,坂口 嘉之 Vol.2006, No.119, pp.19-24 グラフィクスとCAD研究報告,情報処理学会 2006/11/16
パーティクルとメタボールを用いた皮革テクスチャの生成法 宮田一乘,坂口 嘉之,
今尾 公二,須崎 亮太郎
Vol.2006, No.119, pp.13-18 グラフィクスとCAD研究報告,情報処理学会 2006/11/16
Lシステムを応用した加賀友禅模様のデザイン支援システムの提案 鎌田洋輔,宮田一乘,永井由佳里 pp.137-140 Designシンポジウム2006講演論文集 2006.7
先駆的知識メディアに関して 宮田一乘 AIレクチャ、IC3 第20回人工知能学会全国大会 2006/6/7
着物模様のためのデザイン支援ツールの提案 鎌田洋輔,宮田一乘 ID2-2 第20回人工知能学会全国大会 2006/6/7
手指認識によるキャラクタアニメーション -バーチャル手使い人形”トムテ”- 薮博史, 宮田一乘 Vol.30, No.24, pp.17-20 映像情報メディア学会
映像表現&コンピュータグラフィックス
2006.3
加速度センサを用いたピッチングVR アプリケーション 伊豫田旭彦,垣内祥史,木村秀敬,武井悟,
杜暁冬,藤井宗太郎,益田義浩,
枡野大輔,宮田一乘
pp.237-238 インタラクション2006論文集 2006.3
画像構成要素の輝度-サイズ分散を用いた視覚デザイン支援手段の検討 宮下芳明, 西本一志 ,宮田 一乘 pp.117-124 インタラクション2006論文集 2006.3
加速度センサとのれん状スクリーンを用いたピッチングVR アプリケーション 伊豫田旭彦,垣内祥史,木村秀敬,武井悟,
杜暁冬,藤井宗太郎,益田義浩,
枡野大輔,宮田一乘
pp.37-44 第3回知識創造支援システムシンポジウム予稿集 2006.2
映像を用いた回想法の利用 武井悟, 宮田一乘 pp.22-28 第3回知識創造支援システムシンポジウム予稿集 2006.2
アウェアホームのためのアウェア技術の開発研究 國藤進,金井秀明,山下邦弘,宮田一乘,西本一志,藤波努,杉山公造, 三浦元喜,中田豊久,高塚亮三,臼杵正郎,小柴等,Kim Dong Wook,小倉加奈代, 加藤直孝,上田芳弘,高橋哲郎,中川健一 pp.1-6 第3回知識創造支援システムシンポジウム予稿集 2006.2
SICサーバにおける新たな表現の効率的生成を目的としたデータベースの役割 宮田 一乘, ペジンソク, 笠尾 敦司
2B3-05 第19回人工知能学会全国大会 2005.6
SICサーバーにおける適切な画像処理事例の抽出と携帯コンテンツへの展開 笠尾 敦司, 宮田 一乘 2B3-04 第19回人工知能学会全国大会 2005.6
加速度センサとのれん状スクリーンを用いたVR アプリケーション 伊豫田旭彦,垣内祥史,木村秀敬,武井悟,杜暁冬,藤井宗太郎,
益田義浩,枡野大輔,宮田一乘
pp.43-48 第21回NICOGRAPH論文コンテスト論文集 2005.11
引っ張りを力覚で提示するVR アプリケーション 木村秀敬,伊豫田旭彦,垣内祥史,武井悟,
杜暁冬,藤井宗太郎,益田義浩,
枡野大輔,宮田一乘
pp.37-42 第21回NICOGRAPH論文コンテスト論文集 2005.11
EasyGPU : GPU を用いたコンピュータビジョン実験環境の開発 高橋 誠史,宮田 一乘,白井暁彦 2005-CG-120, pp.19-24 情報処理学会
第120回グラフィクスとCAD研究発表会
2005.9
布地素材における経年退色シミュレーションとレンダリング Janaka Rajapakse, 宮田一乘 Vol.29, No.25, pp.13-16 映像情報メディア学会
映像表現&コンピュータグラフィックス
2005/3/18
絵の具の実モデルを用いたペイントツールの試作 恒次創,宮田一乘,大渕竜太郎 Vol.29, No.25, pp.9-12 映像情報メディア学会
映像表現&コンピュータグラフィックス
2005/3/18
変位情報を用いた新たなインタラクション手法の提案-VRアプリケーションへの応用例 薮博史,鎌田洋輔, 高橋誠史,
河原塚有希彦 ,宮田一乘
pp.93-94 インタラクション2005論文集 2005/2/28
実測値に基づく絵の具の混色モデルを用いたインタラクティブペインティングツールの提案 恒次創,宮田一乘,大渕竜太郎 pp.69-70 インタラクション2005論文集 2005/2/28
印画紙露光アナロジを用いた実世界指向画像編集システム 河原塚有希彦, 宮田一乘 pp.55-56 インタラクション2005論文集 2005/2/28
身体動作をキーとした画像編集・提示手法に関する研究 河原塚有希彦, 宮田一乘 pp.86-93 第2回知識創造支援システムシンポジウム予稿集 2005/2/25
KJ法学習における躓き 三村修, 宮田一乘 pp.32-39 第2回知識創造支援システムシンポジウム予稿集 2005/2/25
アウェア技術を用いたアウェアホーム開発構想 國藤進,金井秀明,山下邦弘,宮田一乘,西本一志,藤波努,杉山公造, 三浦元喜,臼杵正郎,中田豊久, 平田敏之,小柴等,高塚亮三,加藤直孝,上田芳弘,林克明,中川健一 pp.1-5 第2回知識創造支援システムシンポジウム予稿集 2005/2/25
ジャンピングインタラクションを用いたVRアプリケーション 薮博史,鎌田洋輔, 高橋誠史,
河原塚有希彦, 宮田一乘
pp.101-106 NICOGRAPH2004秋季大会 2004/11/5
アルゴリズムとデザインの関係を学ぶことのできるNPR表現システム 宮田 一乘, 笠尾 敦司
1E3-09 第18回人工知能学会全国大会 2004.5
知育とデザイン知識の蓄積を目的としたNPR表現システムの構築 笠尾 敦司, 宮田 一乘 1E3-08 第18回人工知能学会全国大会 2004.5
非言語メディアのデザイン支援の課題と可能性 片寄 晴弘,平田 圭二,原田 利宣,
平賀 瑠美,笠尾 敦司,宮田 一乘
1E3-01 第18回人工知能学会全国大会 2004.5
GPUによる肌色認識処理の高速化に関する一手法 高橋誠史,河原塚有希彦, 宮田一乘 pp.55-56 第3回NICOGRAPH春季大会 2004/5/20
実測値に基づく絵の具の混色モデルの構築 恒次創, 宮田一乘, 大渕竜太郎 Vol.28, No.19, pp.5-8 映像情報メディア学会技術報告 2004.3
創造性支援システムの研究開発の動向とJAISTにおける開発の現状 國藤 進,山下 邦弘 ,西本 一志, 宮田一乘
pp.1-10 第1回知識創造支援システムシンポジウム報告書 2004.3
マーカレス顔部検出手法を利用した”ViewFrame” 河原塚有希彦,高橋誠史,宮田一乘 Vol.2004,No.5, pp.219-220 インタラクション2004論文集 2004.3
UoQA - ジェスチャ認識とエアブロワを用いたVRアプリケーション 河原塚有希彦,高橋誠史
桑村宏幸, 宮田一乘
2003-HI-106 (8)
pp.53-58
情報処理学会
ヒューマンインタフェース研究会
2003.11
ViewFrame - 画像処理による位置検出法を用いた「借景」
河原塚有希彦
高橋誠史,宮田一乘
2003-HI-106 (7)
pp.45-51
情報処理学会
ヒューマンインタフェース研究会
2003.11
階層的筆触データを用いた絵画表現の一手法 宮田 一乘,笠尾 敦司,蓼沼 眞 1B1-05 第17回人工知能学会全国大会 2003.6
知識創造ビル内位置情報アウェアネスサーバーの設置とその応用 山下 邦弘,國藤 進,西本 一志,伊藤 孝之,宮田一乘 Vol.46, No.12
pp.65-70
ヒューマンインターフェイス学会
ユビキタスインターフェイス&アプリケーション専門研究会
2002.12
Leaves 内村 弘毅,宮田一乘,木船 園子,加藤 智彦, 村山 登 Vol.26, No.27
pp.87-90
映像情報メディア学会
映像表現研究会
2002.3
Fairy Tale 森 英夫,宮田一乘,木船 園子, 加藤 智彦 ,村山 登 Vol.26, No.27
pp.83-86
映像情報メディア学会
映像表現研究会
2002.3
Equation 林 大悟,高倉 知之,宮田一乘, 木船 園子,加藤 智彦, 村山 登 Vol.26, No.27
pp.79-82
映像情報メディア学会
映像表現研究会
2002.3
夏こだち 佐藤 敦,宮田一乘,木船 園子,加藤 智彦, 村山 登 Vol.26, No.27
pp.75-78
映像情報メディア学会
映像表現研究会
2002.3
星屑の街に 進士 哲雄,高倉 知之,宮田一乘
木船 園子,加藤 智彦, 村山 登
Vol.26, No.27
pp.71-74
映像情報メディア学会
映像表現研究会
2002.3
Fly High 加藤 麿数 ,宮田一乘,村山 登 00-08, pp.61-66 画像電子学会
映像表現フォーラム
2001.3
Trinity -Hi- 鳥山 主税,石渡 重俊, 三宮 一晃 ,宮田一乘,村山 登 00-08, pp.55-60 画像電子学会
映像表現フォーラム
2001.3
スクエアパッキングを用いた石畳テクスチャの生成法 宮田一乘, 伊藤 貴之, 嶋田 憲司 ビジュアルコンピューティング2000予稿集, pp.53-58 画像電子学会
VC2000
2000
hand in hand - four seasons version 浅野 耕平, 村山 登,宮田一乘 Vol.24, No.23, pp.33-38 映像情報メディア学会
映像表現研究会
2000.3
再帰性反射材を用いたインスタレーション 広沢 美奈子, 宮田一乘, 舘 暲 Vol.23, No.2, pp.33-34 映像情報メディア学会
映像表現研究会
1999.3
ヘアスタイル・シミュレーション・システムの試作 宮田一乘,黒川 雅人 95-CG-74, pp.47-52 情処グラCAD研 1995
骨格線分を用いたテクスチャ生成法 宮田一乘 93-CG-65, pp.53-60 情処グラCAD研 1993
石垣パターンの生成技法について 宮田一乘 89-CG-40, pp.61-68 情処グラCAD研 1989
山岳・地形の生成技法の研究動向 宮田一乘 89-CG-40, pp.75-80 情処グラCAD研 1989
等濃度線を用いた雲画像の生成法 宮田一乘 87-CAD-29, pp.39-46 情処グラCAD研 1987
3次元自然形状の擬似符号化について 安居院猛, 中嶋正之, 宮田一乘 86-CAD-20, pp.1-8 情処グラCAD研 1986
フラクタル次元に基づいたディジタル図形の疑似符号化法 安居院猛, 中嶋正之, 宮田一乘 PRU, May 電通学会PRU 1985.5

Article

  Title Author Vol, No, Pages Publisher Issue Date
イノベーションデザイン教育による人材育成 宮田一乘、永井由佳里、由井薗隆也、國藤進 Vol.25-1, No.97, pp.28-39 日本デザイン学会・デザイン学研究特集号 2017
CGと体験型エンタテインメント 宮田一乘 Vol.19, No.1, pp.12-16 日本バーチャルリアリティ学会誌
特集:おもちゃとVR
2014
プロシージャル技術とデザイン 宮田一乘 Vol.17-3, No.67, pp.22-29 日本デザイン学会誌
デザイン学研究特集号
2010
ゲームとエンタテインメント技術(2) ゲームとCG - プロシージャル技術 宮田一乘 Vol.63, No.8, pp.1107-1112 映像情報メディア学会誌 2009
「事例に基づくデザイン支援と評価基盤の構築」チャレンジ卒業記念座談会 片寄晴弘, 平田圭二, 宮田一乘, 原田利宣, 西田豊明, 諏訪正樹 Vol.24, No.3, pp.434-444 人工知能学会誌 2009
誰でもできるビデオコンテンツ制作(5): 映像はコンピュータで作れる 宮田一乘 Vol.57, No.5, pp.580-584 映像情報メディア学会誌 2003
レンダリング技術の動向 宮田一乘 Vol.57, No.4, pp.442-443 映像情報メディア学会誌 2003
ディジタルアミューズメントを支える技術:ハードウェア技術 宮田一乘 Vol.56, No.6, pp.902-904 映像情報メディア学会誌 2002
PCグラフィックボードの現状と動向 宮田一乘 Vol.55, No.8/9, pp.1094-1099 映像情報メディア学会誌 2001
CG表現と絵画表現:写実、印象、抽象 宮田一乘,笠尾敦司 Vol.16, No.4, pp.567-572 人工知能学会誌 2001
メディアアート領域における情報教育 宮田一乘 Vol.41, No.3, pp.244-248 情報処理学会誌 2000
画像とCGの融合 宮田一乘,黒川雅人,広田源太郎 Vol.38, No.3, pp.189-194 情報処理学会誌 1997
3次元CG入門(6): フラクタル入門 宮田一乘 Vol.46, No.6, pp.733-740 Journal of ITE 1992

Report

  Title Authors Vol, No, Pages Publisher Issue Date
GGC Interview 宮田一乘 No.38, pp.20-21 芸術科学会誌DiVA 2015.7
スパイダーヒーロー:張力提示に着目した移動型エンタテインメントVR 石橋賢,宮田一乘, Toni Da Luz, Remy Eynard, 北直樹,姜南,瀬木宏,寺田圭祐,藤田恭平 Vol.23, No.7, pp.22-28 画像ラボ 2012.7
コンテンツ関連技術に関する調査研究:(VR/MR技術,エンタテインメントコンピューティング,インフォーマルコミュニケーション) 宮田一乘(分担執筆) コンテンツ関連技術に関する調査研究報告書,
2.2(参考26-28), 5.7(参考163-164), 5.10(参考169-170)
(財)企業活力研究所, (財)デジタルコンテンツ協会 2009.2
印画紙露光アナロジを用いた実世界指向画像編集システム 河原塚有希彦,宮田一乘 Vol.19, No.2, pp.60-65 画像ラボ 2008.2
IVRC2006報告とIVRCの変遷 宮田一乘,高橋誠史,白井暁彦 11号,pp.120-128 DIVA, 夏目書房 2007.7
SIGGRAPH論文にみる最近の研究動向と今後の予測 宮田一乘 デジタルコンテンツの次世代基盤技術に関する調査研究事業,「次世代映像制作技術の動向と今後の展望について」報告書,pp.85-92 (財)デジタルコンテンツ協会 2005.3
テレイマージョンとビジュアルデータマイニング 宮田一乘 人間主体の知的情報技術に関する調査研究6, pp169-178 (財)日本情報処理開発協会 2003.3
アウェアネス情報のビジュアル表現法 宮田一乘 予防型社会とアウェアネス技術に関する調査研究,
pp.121-132
北陸先端科学技術大学院大学
(財)石川県産業創出支援機構
2003.3
インタラクティブグラフィックスの動向 宮田一乘 人間主体の知的情報技術に関する調査研究5, pp181-189 (財)日本情報処理開発協会 2002.3
Load Tester: ビデオカードMatrox Millenium G550 その2 宮田一乘 Vol.41, pp.159 CGWORLD 2001.12
Load Tester: ビデオカードMatrox Millenium G550 その1 宮田一乘 Vol.40, pp.157 CGWORLD 2001.11
会議レポート:SIGGRAPH2001 宮田一乘,中嶋正之 Vol.55, No.11, pp.1426-1427 映像情報メディア学会誌 2001.11
ビデオカードSPECTRA X20 宮田一乘 Vol.37, pp.23 CGWORLD 2001.8
東京工芸大学におけるコンテンツ制作授業 宮田一乘 制作者用知的支援に関する研究報告書、3.3節  放送文化基金委託研究 2001.8
フルデジタル化に向かう映画 宮田一乘 人間主体の知的情報技術に関する調査研究4, pp164-174 (財)日本情報処理開発協会 2001.3
NICOGRAPH/MULTIMEDIA論文コンテスト解説 宮田一乘 創刊0号、pp.83-91 DIVA, 夏目書房 2001.1
ディジタル映像に関わる動向 宮田一乘 人間主体の知的情報技術に関する調査研究3, pp110-120 (財)日本情報処理開発協会 2000.3
画像とCGの融合 - コンピュータによる映像編集からデジタル合成まで 宮田一乘 Vol.9, No.1, pp.38-41 画像ラボ 1998.1
フラクタルと自然形状 宮田一乘 No.125, pp.52-56 PIXEL 1993.2
石垣パターンの生成法 宮田一乘 No.98, pp.113-118 PIXEL 1990.11
CGや画像解析に応用できるフラクタル 宮田一乘 No.30, pp.166-170 日経CG 1989.3
等濃度線を用いた雲画像の生成技法 宮田一乘 No.71, pp.93-96 PIXEL 1988.8
等濃度線を用いた雲画像の生成法 宮田一乘 No.65, pp.61-62 PIXEL 1988.2
等高線入力による山岳形状立体化システム 安居院猛,中嶋正之,宮田一乘 Vol.19, No.7, pp.41-46 映像情報INDUSTRIAL 1987.4

Invited Talk

  Title Speaker Organization Date
ゲームとCG:プロシージャル技術 宮田一乘 福井県立勝山高校模擬授業 2017.7.14
メディア技術による楽しみの演出 宮田一乘 VRセミナー&ハッカソン, ふくい産業支援センター 2017.3.25
楽しみのデザイン 宮田一乘 金沢ITフェスティバル, ITビジネスプラザ武蔵 2017.2.25
人を楽しませるためのメディア技術 宮田一乘 東京国際科学フェスティバル・サイエンスカフェ, 富山市立図書館 2016.10.12
Differences and Similarities between the ways of working in a Japanese and in a French Laboratory Kazunori Miyata ENSAM Summer Seminar, Invited, Anger, France 2015.7.9
Fun Computing and Visual Computing Kazunori Miyata L'Ecole de design Nantes Atlantique Seminar, Invited, Nante, France 2015.6.16
Fun Computing and Visual Computing Kazunori Miyata Research Seminar ENSAM and LIUM, Invited, Laval, France 2015.6.11
Introduction to Fun Computing Kazunori Miyata ENSAM Spring Seminar, Invited, University of Anger, Anger, France 2015.5.21
Procedural Technology and its Applications Kazunori Miyata ASIAGRAPH 2015, Keynote, Tainan National University Living Art Center 2015.4.26
山梨伝統工芸のIT革新に向けて -芸術科学が果たすべき役割 宮田一乘 NICOGRAPH 2013・招待パネルディスカッション 2013.11.8
アニメーション 宮田一乘 画像電子学会・秋季セミナー 2013.9.13
Fun Computing 宮田一乘 DICOMO 2012 2012.7.5
楽しみを演出するコンピューティング 宮田一乘 いしかわ教育ウィーク特別授業 2011.11.3
皮革テクスチャ生成への試み 宮田一乘 新学術領域研究「質感脳情報学」第4回研究集会 2011.10.3
メディア創造とビジュアルコンピューティング 宮田一乘 平成22年度ISP交流セミナー 2010.12.3
プロシージャル技術の使い道 宮田一乘 東京大学・メディアコンテンツ特別講義2 2009.12.18
ゲームとCG - プロシージャル技術 - 宮田一乘 映像情報メディア学会講習会
「ゲームとエンタテインメント技術」
2009.12.7
楽しみを演出するコンピューティング 宮田一乘 北國科学技術フォーラム 2009.3.21
メディアインテグレーションによる体験型コンテンツの制作 宮田一乘 明治大学大学院・特別講義 2009.2.18
グループワークによるVRアプリケーションの制作 宮田一乘 JAIST マテリアルサイエンス研究科FD 2008.12.19
デジタルメディア技術による楽しみの創出 宮田一乘 JAISTシンポジウム2008 2008.12.1
デジタルメディアを駆使したインタラクティブな仕掛け 宮田一乘 盛岡広域地域産業活性化人材養成等事業
「コミュニケーションデザイン工学シンポジウム
2008.11.29
プロシージャル技術の動向 宮田一乘 CEDEC2008 CEDECラボ 2008.9.11
デジタルメディアとセンシング技術の融合 宮田一乘 映像情報メディア学会 2008.6.23
漆工芸のCGによる質感表現 宮田一乘 北陸経済連合会北陸STCサロン 2008.6.3
先駆的メディア表現の研究について 宮田一乘 石川県情報システム工業会 2008.2.29
伝統素材と感性デザイン 宮田一乘 日本デザイン学会第53回研究発表会 2006.7
先駆的知識メディアについて 宮田一乘 人工知能学会 AIレクチャ 2006.6
Virtual Reality for Entertainment 宮田一乘 Laval Virtual, Panel 2006.4
クリエイティブ制作技術知識講座「知識表現論」 宮田一乘 石川県IT総合人材育成センター 2005.10
ビジュアルコンピューティングとコミュニケーション 宮田一乘 東京工芸大学・芸術学部・メディアアート表現学科 総合メディア特論 2004.4
コミュニケーションツールとしてのCG 宮田一乘 芸術科学会 月例セミナー (9月) 2003.9
CG画像生成の技術動向 宮田一乘 JAIST-金沢大学研究プラザ 2003.1
表現メディアとしてのCG 宮田一乘 JAIST 知識科学シンポジウム2002 2002.5
リアルタイムCGの動向 宮田一乘 映像メディア処理シンポジウム 2001.11
最近の3次元CG技術 宮田一乘 日本工業技術振興協会 2001.4
コンピュータとデジタル映像 宮田一乘 東京工芸大学 公開講座 1998.11
デジタル映像とコンピュータの歩み 宮田一乘 東京工芸大学・芸術学部シンポジウム 1998.10
フラクタルのCGおよび画像処理への応用 宮田一乘 MMC Computer Research 1993.2
フラクタル理論とその応用 宮田一乘 CG Osaka 1992.6
フラクタル理論を用いた自然物体の生成技術 宮田一乘 テレビジョン学会技術報告会 1992.1
テクスチャマッピングとフラクタル理論 宮田一乘 電気・情報関連連合大会 1991.9
CGを用いた簡単な画像生成技術 宮田一乘 電情通, CG セミナー 1990.12
フラクタル理論を用いた自然物体の表現法 宮田一乘 情処 Graphics CAD セミナー 1990.9
CGの最新動向 宮田一乘 四国電力 1990.6

Book

 
  Title Editor/Author Chapter Publisher Issue Date
ビジュアル情報処理[改訂新版] 画像情報教育振興協会 編/宮田一乘 第4章, pp.104-130 CG-ARTS協会 2017.3
コンピュータグラフィックス[改訂新版] 画像情報教育振興協会 編/宮田一乘 第5章, pp.201-240 CG-ARTS協会 2015.3
知識社会で活躍しよう JAIST知識科学研究科/由井薗隆也,宮田一乘 第3章1, pp.43-52 社会評論社 2014
Virtual Reality - Human Computer Interaction Tang Xinxing/Kazunori Miyata Chapter13: Fun Computing, pp.287-306 InTech 2012
よくわかる映像コンテンツ制作入門 映像情報メディア学会/宮田一乘 監修ならびに
CGの節(pp.157-166)
オーム社 2009
三維計算机図形学 (1の中国語版) 中嶋正之/宮田一乘 フラクタル、自然物体の生成法の章 科学出版社 2004
コンピュータグラフィックス 藤代一成/宮田一乘 アニメーション, pp.161-192 CG-ARTS協会 2004
ビジュアル情報処理 藤代一成,奥富正敏/宮田一乘 アニメーション, pp.123-146 CG-ARTS協会 2004
ナレッジサイエンス - 知を再編する64のキーワード 北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 監修/宮田一乘 メディアアート 紀伊国屋書店 2002
入門コンピュータグラフィックス 入門コンピュータグラフィックス編集委員会/宮田一乘 アニメーション CG-ARTS協会 2001
映像情報メディアハンドブック 映像情報メディア学会/宮田一乘 新しいモデリング手法、テクスチャの章 オーム社 2000
The Pattern Book C.Pickover/Kazunori Miyata Stone Wall Pattern, pp32-35 World Scientific 1995
パソペディア 情報処理学会/宮田一乘 CGレンダリング オーム社 1994
技術系CG教科書 中嶋正之/宮田一乘 フラクタル CG-ARTS協会 1994
3次元CG 中嶋正之/宮田一乘 フラクタル、自然物体の生成法の章 オーム社 1994

Exhibition

  Title Exhibitors Exhibition/Place/Date
飛行船シャボン号 佐藤美祐, 柳卓知,高橋直也, 浦正広, 宮田 一乘 IVRC東京本選/日本科学未来館/2015.10.24-25
綿あめアニマル 武田幹也, 林宏紀, 山中孔聖, 木田将博, 浦正広, 宮田 一乘 ディスカバリーラボISHIKAWA/石川県産業展示館/2014.11.8-9
積み木キャッスル 永井 淳之介,沼野 剛志, Matthieu Tessier, 松尾 亮輔,廣瀬 大紀,宮田 一乘 いしかわ夢未来博/石川県産業展示館/2012.11.3-4
Laval Virtual 2013/Place de Herce,Laval,France/2013.3.20-24
NT金沢2013/金沢市民芸術村/2013.8.3-4
バーチャルドクターフィッシュ 奥成貴大,木下誠, 阿部翔太郎, 池田任志, 深瀧創, 山田彩加, 吉田翔, 宮田一乘 IVRC東京本選/日本科学未来館/2012.10.25-27
いしかわ夢未来博/石川県産業展示館/2012.11.3-4
咀嚼コミュニケーション:ポッキーゲーム 櫻岡卓哉,赤川龍之介,岩本拓也,笹谷竜矢,宮田一乘 EC2011/日本科学未来館/2011.10.7-9
いしかわ夢未来博/石川県産業展示館/2011.10.29-30
NT金沢2/金沢市民芸術村/2012.7.22
エクストリーム缶つぶし 坂口寛典,戎直哉,三原亘貴,佐藤政宣,古谷亘,宮田一乘 EC2011/日本科学未来館/2011.10.7-9
IVRC東京本選/日本科学未来館/2011.10.8-9
いしかわ夢未来博/石川県産業展示館/2011.10.29-30
雲を用いた紙すき体験システム「くもすき」 木下剛志,田中唯太,清水浩二,稲田聡,宇佐美佑介,宮田一乘 EC2010/京都工繊大/2010.10.22-24
いしかわ夢未来博/石川県産業展示館/2010.10.30-31
変身システム 高見澤大輔,才野仁史,馬場裕,宮田一乘 EC2010/京都工繊大/2010.10.22-24
いしかわ夢未来博/石川県産業展示館/2010.10.30-31
ビジュアルコンピューティングとメディアインテグレーション 宮田一乘 イノベーションジャパン2009/東京国際フォーラム/2009.9.16-18
Spider Hero 石橋賢,Toni Da Luz,Remy Eynard,北直樹,姜南,瀬木宏,寺田 圭祐,藤田恭平,宮田一乘 IVRC東京本選/日本科学未来館/2009.10.22-25
いしかわ夢未来博/石川県産業展示館/2009.10.30-11.1
Laval Virtual 2010/Place de Herce, Laval, France/2010.4.7-11(Invited)
かおさがし 松本 遥子堤 孝広,寺澤 玲緒,宮田 直貴,藪 慎一郎,宮田 一乘 IVRC2008 東京予選/東京科学未来館/2008.9.13-14
EC2008/金沢歌劇座/2008.10.29-31
IVRC2008 岐阜本選/各務原市 テクノプラザ/2008.11.7-8
いしかわ夢未来博/石川県産業展示館/2008.11.22-24
インタラクション2009/学術総合センター/2009.3.6
漆工芸のCGによる質感表現 宮田一乘 MEX金沢2008/石川県産業展示館/2008.5.22-24
風景バーテンダー 野田貴彦,小室直之,野村健太郎,鄭韜,Yang Chen,宮田一乘 IVRC2007 東京予選/東京科学未来館/2007.9.29-30
IVRC2007 岐阜本選/各務原市 テクノプラザ/2007.11.2-3
いしかわ夢未来博/石川県産業展示館/2007.11.9-11
インタラクション2008/学術総合センター/2008.3.4
デジタルアートフェスティバル・デジスタ展/パナソニックセンター東京/2008.10.23-26
Visible / Invisible 大内 農, 宮田一乘 IVRC2007 東京予選/東京科学未来館/2007.9.29-30
EC2007/大阪大学コンベンションセンター/2007.10.1-3
Goolgle 瀬崎勇一,大内 農,櫻井 快勢,瀬井 大志
谷本 隼飛,溝口 敦士,Gill Van Herzele,
宮田 一乘
IVRC2006 東京予選/東京科学未来館/2006.9.16-17
IVRC2006 岐阜本選/各務原市 テクノプラザ/2006.11.10-11
インタラクション2007/学術総合センター/2007.3.16
Magical Splash 柿原 利政,大内 農,櫻井 快勢,瀬井 大志,
谷本 隼飛,溝口 敦士,Gill Van Herzele,宮田 一乘
IVRC2006 東京予選/東京科学未来館/2006.9.16-17
IVRC2006 岐阜本選/各務原市 テクノプラザ/2006.11.10-11
インタラクション2007/学術総合センター/2007.3.16
Laval Virtual 2007/Place de Herce, Laval, France/2007.4.18-22(Invited)
CEATEC2007/幕張メッセ/2007.10.2-6
いしかわ夢未来博/石川県産業展示館/2007.11.9-11
Virtual Petanque 伊豫田旭彦,垣内祥史,木村秀敬,武井悟,杜暁冬,藤井宗太郎,益田義浩,枡野大輔,宮田一乘 Laval Virtual 2006/Place de Herce,Laval,France/2006.4.26-30
球魂 伊豫田旭彦,垣内祥史,木村秀敬,武井悟,杜暁冬,藤井宗太郎,益田義浩,枡野大輔
宮田一乘
IVRC2005東京予選/東京科学未来館/2005.8.25-26
IVRC2005岐阜本選/各務原市 テクノプラザ/2005.10.28-29
インタラクション2006/学術総合センター/2006.3.3
CEATEC2006/幕張メッセ/2006.10.3-7
超人ヌーク 木村秀敬,伊豫田旭彦,垣内祥史,武井悟,杜暁冬, 藤井宗太郎,益田義浩,枡野大輔,宮田一乘 IVRC2005東京予選/東京科学未来館/2005.8.25-26
Ton^2 薮博史,鎌田洋輔,高橋誠史,宮田一乘 SIGGRAPH2005/LA Convention Center/2005.7.31-8.4
インタラクティブ東京/東京科学未来館/2005.8.25-26
変位情報を用いた新たなインタラクション手法の提案-VRアプリケーションへの応用例 薮博史,鎌田洋輔, 高橋誠史,
河原塚有希彦, 宮田一乘
インタラクション2005/学術総合センター/2005.2.28
実測値に基づく絵の具の混色モデルを用いたインタラクティブペインティングツールの提案 恒次創,宮田一乘,大渕竜太郎 インタラクション2005/学術総合センター/2005.2.28
印画紙露光アナロジを用いた実世界指向画像編集システム 河原塚有希彦,宮田一乘 インタラクション2005/学術総合センター/2005.2.28
トントン 薮博史,鎌田洋輔,
高橋誠史,河原塚有希彦
IVRC2004東京予選/東京科学未来館/2004.8.31
IVRC2004岐阜本選/岐阜県各務原市テクノプラザ/2004.10.29-30
ViewFrame2 河原塚有希彦,高橋誠史,宮田一乘 第2回DiVA展/東工大百年記念館/2004.5.20-21
マーカレス顔部検出手法を利用した”ViewFrame” 河原塚有希彦,高橋誠史,宮田一乘 インタラクション2004/学術総合センター/2004.3.5
UoQ 河原塚有希彦,高橋誠史,桑村宏幸, 宮田一乘 IVRC2003東京予選/東京科学未来館/2003.8.20
A Method of Generating Pavement Textures Using the Square Packing Technique K.Miyata, T.Itoh, K.Shimada SIGGRAPH-Creative Applications Lab./New Orleans/2000.7