Research topics

Learning in Game-theoretic Situations

学習するエージェントによる繰り返し囚人のジレンマの解析

  • 【キーワード】囚人のジレンマ,強化学習,マルコフ過程

従来、社会的ジレンマのモデルとしてゲーム理論を用い、協調行動の発生が議論されてきた。本研究では、各プレイヤーが報酬により行動を変える強化学習の枠組みを仮定し、代表的なゲームの一つである繰り返し囚人のジレンマを検討した。すべてのプレイヤーの行動履歴を状態遷移行列で表現し、そのダイナミクスを分析した。その結果、より長い行動履歴に基づき学習するほど、協調行動が安定して発生することが明らかになった。

Related papers (See also other publications/ 関連する発表論文 (その他の論文など)

  • Pub2014LearningInGames 鳥居 拓馬, 日高 昇平, 真隅 暁 (2014). 学習あり繰り返し囚人のジレンマにおける協調行動の発生., 第28回人工知能学会全国大会, 4H1-3. [Publications]
  • Pub2014MethodologicalImprovementLearningInGamesUoU Hidaka, S., T. Torii, & A. Masumi (2014). Tractable Infinite Order Markov Analysis for Iterated Games with Learners., In Proceedings of the Joint 7th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 15th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, 286-291, ISBN: 978-1-4799-5954-9. ((SCIS & ISIS 2014) held on December 3rd-6th, Kitakyushu International Conference Center, Kitakyushu, Japan.) [Publications]
  • Pub2015LearningInGames 鳥居拓馬 & 日高昇平 (2015). 利己的な相互協調:強化学習主体による不確実な囚人のジレンマ. 第29回人工知能学会全国大会, 1L5-3. (link) [Publications]
  • Pub2015LearningInGamesUoU 鳥居拓馬 & 日高昇平 (2015). 利己的な学習による相互協調:不確実な囚人のジレンマの分析., 認知科学, 22(3), 341-355. (url) In English: Torii, T. & Hidaka, S. (2015). Mutual Cooperation Out of Greedy Learners: Prisoner's Dilemma Under Uncertainty., Cognitive Studies, 22(3) 341-355. [Publications]
  • PubSelected?PreprintPub2015LearningInGamesUoU Hidaka, S. (2015). Recursive Markov Process., eprint arXiv:1509.00535.(link) [Publications]
  • PubSelected?Pub2015LearningInGamesUoU Hidaka, S., Torii, T. & Masumi, A. (2015). Which types of learning make a simple game complex?, Complex Systems, 24(1), 49--74. (link) [Publications]
  • UnderReview?LearningInGames Hiaka, S. (submitted) Recursive Markov Process. [Publications]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-15 (金) 16:10:54 (1305d)