Research topics

TO BE UPDATED

二者間の行動を多センサ計測した時系列データの非線形解析

本研究では、親と自由に話し、遊びながら、子が新しい物体の名前を学習する場面を実験的に再現し(図1)、そのコミュニケーションの中で、以下に親から子へ新しい言葉・物体に関する情報が伝達されるか調べた。この実験では、親子が自由にコミュニケーションを取る一方で、複数・多種感覚に関するセンサーによる詳細な行動の時系列がデータとして得られている。このような大規模・詳細かつ多種にわたる行動データの分析にあたって、一つの問題は、手動による分析や直感が働きにくく、全体として分析の方針を立てることが困難なことである。そこで我々は、情報理論・データマイニングや非線形力学の方法論を応用し、新たな分析法を開発し、この問題を試みた。その結果、2者間の情報の流れを可視化することに成功し、それにより、センサーから得られる行動データから、幼児の動的な環境における学習の結果を予測できる事を示した。

Analysis of nonlinear dynamics in multisensory time series of two-agent communication

Predicting novel word learning in social interaction

 Most of children learn words in social situation where they interact with their care givers. Thus, it is natural to consider that children’s learning exploits its information-richness and also it needs to sort out information from noise. How do children learn a novel word in such a  full-of-information-and-noise environment? We have characterized information structure of natural child-parent interaction, and showed its predictability of children’s  learning.

ChildParentInteraction.jpg

図 1/Figure 1

Related papers (See also other publications/ 関連する発表論文 (その他の論文など)


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-05-02 (水) 16:45:17 (2299d)