Maezono group

前園グループ/مجموعة مايزونو/กลุ่ม มาเอะโซโน/मेइजोनो समूह /前园研究室

June 08, 2021 updated

What’ New


  • (07 Jun.2021) 博士研究員の吉尾さんによる「リチウムイオン電池の大容量化に向けた第一原理物質探索」 に関する論文が、
    J. Phys. Chem. C. 誌(IF = 4.772/Q1)に受理されました。
    (07 Jun.2021) Achievements by Dr. Yoshio (Post-doc.) about the High-throughput evaluation of
    discharge profiles of Li-ion batteries have been accepted as a reseach paper appeared in the journal,
    J. Phys. Chem. C. (IF = 4.772/Q1).
  • (01 Apr.2021) 前園教授の研究提案
    「第一原理量子モンテカルロ法を用いた層状物質に対する第一原理フォノン計算の実現」が、2021年度科研費基盤研究(数理物理および物性基礎関連)に採択されました。
    (01 Apr.2021) Research proposal, “ab initio DMC-phonon calculations applied to layered materials”, by Prof. Maezono has been accepted as a MEXT Grant 2021 (Mathematical Physics and Condensed Matter Physics).
  • (01 Apr.2021) 中野助教の研究提案
    「革新的信頼性を持つニューラルネットワーク力場の作成とその2次元層状物質への応用」が、2021年度科研費若手研究(計算科学関連)に採択されました。
    Research proposal, “Neural network potentials with innovative reliability applied to layered materials”, by Assistant prof. Nakano has been accepted as a MEXT Grant 2021 (Computational science).
  • (31 Mar.2021) 内村さん(2020年博士課程修了者)による筆頭原著論文 (固体中のイオン拡散に対する量子アニーリング法によるアプローチ)が
    Sci. Rep.誌 (2021/IF = 5.228) に出版されました
    (31 Mar.2021) Achievements by Dr. Uchimura (former-student, PhD/2020)
    have been published as a research paper appeared in the journal, Sci. Rep. (2021/IF = 5.228)
  • (19 Mar.2021) 中野助教らによる「第一原理量子モンテカルロ法によるフォノン分散計算」に関する原著論文が、 Phys. Rev. B (2020/IF=3.736)に掲載されました。本論文は、Editors’ Suggestion に選ばれました。おめでとうございます! 本学ホームページ(北陸先端科学技術大学院大学) に 掲載 していただきました。
    (19 Mar.2021) Achievements by Assit. Prof. Nakano have been accepted as a research paper appeared in the journal, Phys. Rev. B (2020/IF=3.736). This paper has been selected as an Editors’ Suggestion.
  • (16 Mar.2021) 中野助教が「革新的信頼性を有する第一原理電子状態計算の理論構築と産業応用」の業績で、
    公益財団法人 船井情報科学振興財団より 「船井研究奨励賞」 を受賞されました。
    (16 Mar.2021) Prof. Nakano has been awarded for his achievements to construct novel reliable ab initio method and its industrial applications by Funai Foundation .
  • (03 Mar.2021) AWS[Amazonによるクラウドコンピューティングサービス]とPBS[バッチジョブシステム] を組み合わせたクラウド仮想クラスタの運用を開始しました。
    (03 Mar.2021) We started to operate virtual cloud PC cluster using AWS [Amazon cloud computing server] coupled with PBS batch-job administration system.
  • (26 Feb.2021) 前園教授、本郷准教授らとインド工科大との共同研究による
    「黒鱗半導体の電極に関する研究」がACS Omega (IF=2.580) に受理されました。
    (26 Feb.2021) A paper by Prof. Maezono and Prof. Hongo under the collaboration with IIT (Indian Institute of Tech.) has been accepted by ACS Omega (IF=2.580).
  • (22 Feb.2021) 奥村さん(M2/博士後期課程進学)が、北陸先端大DRF制度(特別採用/3年間の 返還不要 の奨学金月額7万円および 授業料免除 )に採用されました。
    (22 Feb.2021) Mr. Okumura(M2) has got a DRF [Doctoral Research Fellow (1st class)/2021.04-2024.03] financial support for his further PhD course study [JAIST-own fund, (70,000JPY/month for three yrs.) plus (Tuition Fee exempted for three yrs.)]
  • (17 Feb.2021) 中野助教らによる「第一原理量子モンテカルロ法によるフォノン分散計算」に関する原著論文が、
    Phys. Rev. B (2020/IF=3.736)に受理されました。おめでとうございます!
    (17 Feb.2021) Achievements by Assit. Prof. Nakano have been accepted as a research paper appeared in the journal, Phys. Rev. B (2020/IF=3.736) .
  • (27 Jan.2021) 内村さん(2020年博士課程修了者)による筆頭原著論文 (膨大なサンプルをクラスタリングするための確率論的クラスタ数推定法)が
    Adv. Theor. Sim. (2019/IF=2.951) に受理されました。
    (27 Jan.2021) Achievements by Dr. Uchimura (former-student, PhD/2020)
    have been accepted as a research paper appeared in the journal, Adv. Theor. Sim. (2019/IF=2.951)
  • (22 Jan.2021) 二階堂さん (D2/東京サテライト社会人学生) による筆頭原著論文 (第一原理量子モンテカルロ法による成果)が
    AIP Advances(IF=1.620/2020) に受理されました。
    (22 Jan.2021) Achievements by Mr. Nikaido (D2/Tokyo Satellite/a student from industrial domain)
    have been accepted as a research paper appeared in the journal, AIP Advances (IF=1.620/2020)
  • (19 Aug.2020) 中野助教らによるPfaffian型多体波動関数のTurboRVBへの実装とその応用に関する原著論文が、J. Chem. Theory Comput. (IF=5.011/2020) に受理されました。おめでとうございます!
    (19 Aug.2020) Achievements by Assit. Prof. Nakano have been accepted as a research paper appeared in the journal, J. Chem. Theory Comput. (IF=5.011/2020)
  • (18 Aug.2020) 中野助教らによる新しいFeの平面4配位化合物の合成とその物性研究に関する原著論文が、Inorg. Chem. (IF=4.850/2020) に受理されました。おめでとうございます!
    (18 Aug.2020) Achievements by Assit. Prof. Nakano have been accepted as a research paper appeared in the journal, Inorg. Chem. (IF=4.850/2020).
  • (10 Aug.2020) 前園教授、市場博士(2019修了/現、米国オークリッジ国立研究所)の共著による 第一原理電子状態計算に関する書籍がアマゾンの書誌情報に掲載されました。(2020.09発売) https://www.amazon.co.jp/dp/4627170319/
    (10 Aug.2020) A book about ab initio calculations composed by Prof. Maezono and Dr. Ichibha (ORNL in US/alumni of our group, 2019) has now appeared in Amazon.co.jp.
  • (03 Aug.2020) 100Gスイッチで並列させた自作クラスタ機 (AMD EPYC 7702)の運用を開始しました。
    (03 Aug.2020) We started the operation of hand-made parallel servers using AMD EPYC 7702 using 100G inter-connect switch.
  • (14 Jul.2020) 奥村君(M2)らによる「シクロデキストリン-薬剤包接体の第一原理結合エネルギー評価」の論文が、ACS Omega (IF= 2.580/2018) に受理されました。ACS Insights 日本版のFEATURED RESEARCHESに選出。
    (14 Jul.2020) Achievements by Mr. Oqmhula (M2) have been accepted as a reseach paper appeared in the journal, ACS Omega. (IF= 2.580/2018) .
  • (1 June.2020) 中野助教らの第一原理量子モンテカルロ法に関する研究成果が、本学(JAIST)より プレスリリース されました!
    (1 June.2020) An achievement by Assist. Prof. Nakano has been press-released from JAIST!
  • (8 May.2020) 博士研究員の吉田さんによる「リチウムイオン電池のサイクル特性向上に関するマテリアルインフォマティクス」の論文が
    ACS Omega (IF= 2.580/2018) に受理されました。
    (8 May.2020) Achievements by Dr. Yoshida (Post-doc.) have been accepted
    as a reseach paper appeared in the journal, ACS Omega. (IF= 2.580/2018) .
  • (8 May.2020) 内村博士(2020修了)らによる「機械学習を用いたXRD回折ピークパターン解析」の論文が
    (8 May.2020) Achievements by Dr. Utimula (2020 completed) have been accepted
    as a reseach paper appeared in the journal, Advanced Theory and Simulations (IF=10.0 - 12.5/ expected 2020) .
  • (1 Apr.2020) 東間君(D1)らによる「マテリアルインフォマティクス(材料情報学)による材料設計」を展開した論文が
    (1 Apr.2020) Achievements by Mr. Toma(D1) have been accepted
    as a research paper appeared in the journal, ACS Appl. Energy Mater./IF=12.5-15.0 (expected) .
  • (24 Mar.2020) Hanindriyo君(D2)らによる計算熱力学の原著論文が、
    Comp. Mater. Sci.(IF=2.863/2019) に受理されました。おめでとうございます!
    (24 Mar.2020) Achievements by Mr. Hanindriyo(D2) have been accepted
    as a research paper appeared in the journal, Comp. Mater. Sci.(IF=2.863/2019).
  • (20 Mar.2020) 中野助教らが開発する、第一原理モンテカルロ法のコード「TurboRVB」の総説論文が、
    (20 Mar.2020) A comprehensive review paper of a first-principles quantum Monte Carlo code (TurboRVB)
    written by Prof. Nakano has been accepted in Journal Chemical Physics (IF=2.997/2020).
  • (13 Mar.2020) 中野助教らの論文が、Physical Review B (IF=3.736/2020) に受理されました。
    (13 Mar.2020) Assist. Prof. Nakano’s paper has been accepted for publication in Physical Review B (IF=3.736/2020).
  • (10 Mar.2020) 内村さんが優れた業績により 在籍1年間での短期修了 で博士学位を取得されました
    (本学での前例なき事例として学系で慎重に審議され認められた成果です)。
    (10 Mar.2020) Mr. Utimula has been awarded by PhD for one year (ordinarily three years required) due to his outstanding achievement
    (the first ever establishment in JAIST after careful deliberation by the committee).
  • (5 Mar.2020) 学生の奥村さん(M1)らの論文が、Angewandte Chemie (IF=12.257/2020) に受理されました。
    (5 Mar.2020) Mr. Okumura’s (M1) paper has been accepted for publication in Angewandte Chemie (IF=12.257/2020).
  • (5 June.2019) 学生の内村さん(D1)らの論文が、Chemistry of Materials (IF=10.159/2019) に受理されました。おめでとうございます!
    (5 June.2019) Utimura-san’s (D1) paper has been accepted for publication in Chemistry of Materials (IF=10.159/2019). Congratulations!
  • (June.2019) 学生の内村さん(D1)が、学振特別研究員(DC2) に内定しました。おめでとうございます!
    (June.2019) Utimura-san(D1) has got a JSPS DC2 Research Fellowship. Congratulations!
  • (June.2017) 学生の市場さん(D2)が、学振特別研究員(DC2) に内定しました。おめでとうございます!
    (June.2017) Ichiba-san(D2) has got a JSPS DC2 Research Fellowship. Congratulations!
_images/tentative_top.jpg

Inter-disciplinary/International.


Based on the Quantum Many-body theory as our background, we are working on wide-ranged topics from fundamental problems of many-body theory to industrial applications of nano-simulation, including High Performance Computing using various super computers avaiable in JAIST. International collaborators are ranging not only in US/European countries but also in Asian, African, Indian, and Middle East countries.

我々のグループは、多体電子論を出自の学問基盤として、量子多体系の基礎的問題から、産業科学としてのナノシミュレーション、関連するスパコン高速計算科学まで幅広く研究展開しております。欧米の関連研究グループのみならず、アフリカや東南アジア域、インド、中東域にも学生派遣を含めて国際的に連携しています。

About JAIST


JAIST was founded in October 1990 as the first governmental independent graduate school in Japan, to carry out graduate education based on research at the highest level in advanced science and technology. JAIST aims at establishing an ideal model of graduate education for Japan. More than 40% of JAIST students are from overseas.

北陸先端大は、学部を持たない日本初の国立大学院大学として設立され、大学院教育設計に関する、数々の新しい制度導入に実績のある、極めて特色の高い教育研究機関です。

JAISTが紹介された記事

About Lab.


Electronic Structure Calculation Group at JAIST

01/Research Interests/


Topic/研究分野


Materials Informatics & Condensed matter theory using High Performance Computing
物質科学の理論とスパコンによる材料情報学

Keywords/キーワード


Many-body electron theory/Quantum Chemistry/Condensed Matter Physics/Materials Informatics/Diffusion Monte Carlo/Ab initio methods
物性理論/量子化学/多体電子論/スーパーコンピュータ/マテリアル・インフォマティクス/モンテカルロ/第一原理計算

Catchphrase/キャッチフレーズ


World-largest class materials simulations using JAIST supercomputers.
JAISTのスパコンを使って世界最大級・最先端シミュレーション研究に挑戦

02/Skills and Background we are looking for in Prospective Students/


「研究を始めるのに必要な知識・能力」

Maths taught in under-grad. common educations, English language skill required to survey journals, Adaptability to research interests in fundamental field of materials science, Sociability required for international research activities. Intellectual curiosity without sticking to one’s background.
理工系学部低学年の共通教育程度の数学、文献調査に最低限必要な英語、物質科学基礎分野の面白さに馴染める順応性、国際性の高い分野で通用する社交性、専門分野に拘泥しない高い知的好奇心

03/What you can expect to learn in this laboratory


「この研究で身につく能力」

We are working on ‘ab initio’ approaches excluding arbitrary modeling as possible to keep objectivity. Research activities requires not only logical/theoretical capabilities but also such toughness to develop several possible discussions for a scenario on your data which comes entirely from fundamental equations without any prior modeling for a picture. Scrupulous surveying over preceding studies is the required task which enables you to come up with how to develop your discussions, what points to be tackled, and how your contributions are positioned in the whole efforts made by researches so far. As we take it as the primary educational policy, such capabilities are those required for any leaders in the projects done at any organizations such as companies.
客観性を第一に基礎方程式から数値計算を行う「第一原理」と呼ばれるアプローチによる研究分野です。「積極的な近似方針に基づく模型化アプローチ」とは異なり、得られた純朴なデータを前に、如何に考察を展開するかについては、とりわけ労力が要求されます。周到な先行研究調査と、これに基づく問題点の洗い出し/位置づけがなされない限り、考察事項を設定することも出来ず、研究をまとめ上げることが出来ません。これら一連は、企業などで指導的立場に立ってプロジェクトを主導する人材に必ず必要となる素養です。学位授与を伴う研究とは、高度に細分化された技術事項を習得する事ではなく、「きちんとした論拠に基づいて考える経験」を積む事であると考えて研究指導を行っています。

04/Research Outline


「研究内容」

041/Materials Informatics Science


「マテリアルインフォマティクスの科学」
Frontiers of Information Science has enabled the massive data handling with reasonable speed, and has made qualitative changes in materials science recently. The simulation handles vast amount of couplings from at most 100 kinds of realistic atoms on the earth with quantum mechanical calculations to predict materials properties those are useful for our life. Such activities are about to be promoted intensively by several countries as their scientific strategies. The world of quantum mechanics is out of our intuitive expectations and hence the power of computer simulation is essentially in demand.
大量高速のデータ処理を可能とした情報科学は、物質科学分野の研究をも質的に変革させています。高々100種にも満たない地球上の原子の組合せを計算機上で仮想実現し、量子力学シミュレーションを網羅的に実行して、我々にとって機能性の高い未知の物質をデザインするという研究分野が、各国主導で本格化しています。量子力学的な世界は、我々の古典的直観からかけ離れた領域です。「計算してみないとわからない」シミュレーションが本質的な役割を担います。材料、バイオ、製薬といった産業界からも大きな関心がもたれています。

042/Quantum many-body theory and Massive Parallel Simulations


「多体電子論の未解決課題に対する解明」
We have worked on the statistical simulations involving random number samplings combined with quantum many-body theory (Diffusion Monte Carlo method). The framework provides the most reliable estimation of electronic properties of materials. Our simulations require massive computational resources, but inherently in harmony with parallel processing. JAIST’s super computing facilities enable us to carry out such simulations. JAIST is a representative center of HPC in Japan, possessing four kinds of super computers.
グループが専門とする第一原理拡散モンテカルロ法は、磁性や超伝導など特異物性の起源に関わる量子多体問題上の未解決問題群に対し「決定版的切札」とされている強力手法です。これまで、フント則の起源、電子相関によるバンド幅変化、磁気モーメントの発生起源、カシミア・ポルダー力、励起子モット転移といった話題に業績を挙げています。

043/Interdisciplinary Challenge


「シミュレーション科学の人材育成」
There is a huge demand for researchers working on physics, chemistry, and materials science, who are good not only at mathematics but at ‘computics’ as another tool of analyzing phenomena. It is a great challenge for talented younger students to commit such a novel, exciting interdisciplinary field as a ‘Simulation Scientist’, experienced by rich computational facilities and fine course work provided by JAIST.
次世代スパコン「京」などで知られるようにシミュレーション科学が益々重要性を増しています。最先端の高速計算に強く依存するシミュレーション科学では、物理学/ 化学などの基礎科学のみならず、大型計算機に関する深い素養なくしてはトップレベルの理論研究は遂行出来なくなってきています。JAISTが誇る我が国トップレベルの高速計算機群に慣れ親しみ、計算機科学に関する優れた系統的コースワークを経験した新しいタイプの「シミュレーション科学者」養成を目指しています。

05/Teaching Policy/研究室の指導方針


We’re putting importance on such capabilities required for those who can lead the society as a respectable ‘degree holder’. These include the abilities [1/to plan projects with sufficient assessment on feasibility and sustainability, not just by impulsive motivations], [2/to make decisions on the comparison over the possible options based on the scientific criticism, not sticking an opinion], [3/to manage over several missions running parallelwise], [4/to enjoy pursuing well brushed up skills for document managements, digesting, and presentations with rich/appealing vocabularies.
指導的社会人として学位所持者にふさわしい活躍ができる素養の習得を重視します。単に思いつきや発想だけで行動するのではなく、実現可能性や持続可能性を勘案して物事を策定する事、一つの考えだけを推し進めるのではなく、多数のオプションを比較勘案して批判的科学的に方策選択できる能力、日頃の生活管理も含めて、並走するプロジェクトを管理できる能力、それを裏付ける文書管理能力、ダイジェスト能力、表現語彙力などには日頃から厳しく指導を行っています。これら能力の向上に前向きな学生を歓迎します。

01/Research Interests/研究内容


We are working on ab initio electronic structure calculations, especially highlighting Quantum Diffusion Monte Carlo techniques, but even with DFT, MO, and CALPHAD. The field is highly interdisciplinary, ranging Physics, Chemistry, Biology, Computer Science, and Statistics. Our group has originally focused on electron correlations in quantum many-body physics, but recent massively parallel computers have extended our research interests to diverse topics as above.

量子モンテカルロ法電子状態計算/第一原理量子モンテカルロ法/量子拡散モンテカルロ法>第一原理量子モンテカルロ法というシミュレーション手法を核に研究を進めています。物理学・化学・計算機科学・統計科学などをベースとした高度な複合科学です。元来は多体電子論/電子相関を専門とした物性理論の研究グループですが、下記いずれもの側面から 研究展開 が可能です。

See Publications [ June 08, 2021 updated ] for more details about which topics and grants we’re working on.
どのようなテーマで成果を得ているか、どのような外部資金を獲得しているか研究業績の項目もご覧下さい。
  • [Keywords] ; Electronic structure calculation, Quantum Monte Carlo method (QMC), more specifically Diffusion Monte Carlo (DMC) method, CASINO code, QMCPack code, TurboRVB code.
  • High Performance Computing (Computer Science)/高速シミュレーション科学(計算機科学)

  • Nano Materials Informatics (Computational Materials Science)/ナノ産業応用科学(計算物質科学)

  • Quantum Many-body theory (Theoretical Condensed Matter Physics)/多体電子論基礎科学(物性理論)

  • Statistical Science/統計科学

電子レベルのミクロな物質科学を対象とした最も信頼性の高いシミュレーション法である量子モンテカルロ法、特に拡散モンテカルロ法を用いた第一原理電子状態計算による多体電子論シミュレーションと、此に関わる高速シミュレーション科学(スパコンを駆使したシミュレーション)を専門に研究を進めております。

02/Projects based on grants/代表的な外部資金獲得


We’ve got research grants from governmental research funds as well as from several research foundations for the range of research topics as below:

以下のような研究項目で、政府系研究資金や各種研究振興財団から助成を受けております。

03/Research interests/研究テーマ


031/High Performance Computing (Computer Science)/高速シミュレーション科学(計算機科学)

  • We are performing massively parallel simulations using various types of cutting-edge supercomputers in Japan, i.e., the K computer at RIKEN and several supercomputers at JAIST (Cary XC30 was ranked in Top500 SCs as of June 2013). In addition, we have our own test environment of parallel computation consisting of more than 800-core PC clusters and GPGPU clusters.
  • JAISTのスパコン群や、神戸の京速スパコン、グラフィックカードなどを駆使した高速大規模シミュレーションに取り組みます。

032/Nano Materials Informatics (Computational Materials Science)/ナノ産業応用科学(計算物質科学)

  • 電池や腐食、触媒反応や生化学反応など、今後ますます重要となる電子レベル・シミュレーションの産業応用を見据えての、信頼性の高いナノマテリアル・シミュレーションに取り組みます。

033/Quantum Many-body theory (Theoretical Condensed Matter Physics)/多体電子論基礎科学(物性理論)

  • We are tackling fundamental problems in quantum many-body physics, where there still exists open questions about origin of diversity of quantum many-body effects arising from interacting particles, i.e., magnetism, superconductivity, as well as molecular interactions.
  • 多数の粒子が量子力学的な相互作用で多体系を構成する際の多様性の根源に関しては、未解明問題も多く高度に基礎科学的な研究テーマです。磁性や超伝導、分子間力の根源に迫る基礎課題に取り組みます。

034/Statistical Science/統計科学

  • We are developing statistical simulation techniques that enable us to acquire knowledge from big sampling data. For instance, we have devised optimal sampling techniques, taking account of characteristic structures of distribution functions.
  • 大量のサンプリングデータから知識を再構築するという側面をもったシミュレーションを扱っています。統計量の最適化手法、特にサンプリング対象の統計分布関数の特性を考慮した最適化手法の改良に取り組みます。
jisaku figure

図版:量子モンテカルロ法コード「CASINO」を京スパコン上で運用して53万並列までの高い超並列性能を達成(左図)

研究室内に自作クラスタ計算機を構築、バッチジョブ、LUSTREファイルシステムを運用(右図)

04/Students visiting abroad/学生の海外派遣実績


当グループでは「海外で逞しく活躍できる学生の育成」に努めています。これまでに以下のような出張事案を扱いました。
June 08, 2021 updated
  • Mr.Ichibha/India(M1)/UK(M1)/US(M1)
    India(M1)[※Three months/Bangalore]/US(M1)
    Ghana(M2)/India(M2)/India(M2)
    India(M2)/Thai(M2)/China(M2)
    UK(M2)/US(D1)[※One months/Chicago/Argonne Natl. Inst.]
    Italy(D1)/Thai(D1)/France(D1)
    China(D1)/RS(D1)/US(D1)
    UK(D2)[※Six months/Lancaster/Lancaster University]
    France(D2)/US(D2)/Thai(D2)
    US(D3)/US(D3)/
    Thai(D3)/Sweden(D3)
    市場君/インド/M1春/2015年度、ケンブリッジ/M1夏/2015年度、アメリカ/M1冬2015年度
    インド/3ヶ月滞在/M1冬/2015年度、アメリカ/M2/2016年度
    ガーナ/M2春/2016年度、インド/M2夏/2016年度、インド/M2夏/2016年度
    インド/M2冬/2016年度、プーケット/M2冬/2016年度、中国/M2冬/2016年度
    ケンブリッジ/M2冬/2016年度、アメリカ/1ヶ月滞在/D1冬/2017年度
    イタリア/D1/2017年度、タイ/D1/2017年度、フランス/D1/2017年度
    中国/D1/2017年度、ロシア/D1/2017年度、アメリカ/D1/2017年度
    ケンブリッジ/6ヶ月滞在/D2春/2018年度
    フランス/D2秋/2018年度、アメリカ/D2秋/2018年度、バンコク/D2冬/2018年度
    アメリカ/D3春/2018年度、アメリカ/D3春/2019年度
    バンコク/D3夏/2019年度、スウェーデン/D3夏/2019年度
  • Mr.Adie/India(M1)/India(M1)/US(M1)
    India/(M1)/Thai(M1)/Italy(M2)
    US(M2)[※One months/Chicago/Argonne Natl. Inst.]
    Indonesia(M2)/US(M2)
    US(D1)/Inidia(D1)
    India(D2)/India(D2)
    India(D2)
    アディ君/インド/M1/2015年度、インド/M1/2015年度、アメリカ/M1/2015年度
    インド/M1夏/2016年度、プーケット/M1冬/2016年度 、イタリア/M2/2016年度
    アメリカ/1ヶ月滞在/M2/2016年度
    インドネシア/M2/2016年度、アメリカ/M2冬/2016年度
    アメリカ/D1秋/2018年度、インド/D1冬/2018年度
    インド/D2春/2019年度、インド/D2冬/2019年度
    インド/D2冬/2020年度
  • Mr.Uchimula/US(M1)/US(M2)
    Italy(M2)/Kenya(M2)/Sweden(M2)
    US(D1)/Thai(D1)
    UK(D1)[※Two weeks/Cambridge/University of Cambridge]
    China(D1)
    Tanzania(D1)/Korea(D1)
    US(D1)
    内村君/米国/M1/2017年度、アメリカ/M2秋/2018年度
    イタリア/M2冬/2018年度、ケニア/M2冬/2018年度、スウェーデン/M2夏/2019年度
    アメリカ/D1春/2019年度、バンコク/D1夏/2019年度
    ケンブリッジ/2週間滞在/D1夏/2019年度
    中国/D1秋/2019年度
    タンザニア/D1冬/2019年度、韓国/D1冬/2019年度
    アメリカ/D1春/2019年度
  • Mr.Qin/China(D1)/Italy(D2)
    US(D2)[※One months/Chicago/Argonne Natl. Inst.]
    US(D2)[※One months/Chicago/Argonne Natl. Inst.]
    Chaina(D2)/US(D2)
    Thai(D3)/Italy(D3)
    US(D3)/US(D3)/
    China(D3)
    シン君/中国/D1冬/2016年度、イタリア/D2/2017年度
    アメリカ/1ヶ月滞在/D2秋/2017年度
    アメリカ/1ヶ月滞在/D2冬/2017年度
    中国/D2/2017年度、アメリカ/D2/2017年度
    バンコク/D3春/2018年度、イタリア/D3冬/2018年度
    アメリカ/D3春/2018年度、アメリカ/D3春/2019年度
    中国/D3秋/2019年度
  • Mr.Genki/Italy(M1)
    US(M1)[※One months/Chicago/Argonne Natl. Inst.]
    US(M2)[※Three months/Chicago/Argonne Natl. Inst.]
    US(M2)/Thai(M2)
    US(D1)/Tanzania(D1)
    RS(D1)/Thai(D1)
    ゲンキ君/イタリア/M1/2017年度
    アメリカ/1ヶ月滞在/M1秋/2017年度
    アメリカ/3ヶ月滞在/M2夏/2018年度
    アメリカ/M2春/2018年度、バンコク/M2夏/2019年度
    アメリカ/D1秋/2019年度、タンザニア/D1冬/2019年度
    ロシア/D1冬/2019年度、バンコク/D1冬/2019年度
  • Mr.Ueda/Italy(M2)/Brazil(M2)
    Taiwan(D1)/Italy(D1)/India(D1)[※Three months/Kolkata]
    Spain(D2)/China(D2)/India(D2)[※Three months/Ghandinagar]
    上田君/イタリア/M2夏/2013年度、ブラジル/M2冬/2013年度
    台湾/D1夏/2014年度、イタリア/D1夏/2014年度、インド/3ヶ月滞在/D1冬/2014年度
    スペイン/D2夏/2015年度、中国/D2冬/2015年度、インド/3ヶ月滞在/D2冬/2015年度
  • Mr.Apichai/Italy(D2)
    Thai(D3)/Italy(D3)
    アピチャイ君/イタリア/D2夏/2015年度、
    プーケット/D3冬/2016年度、イタリア/D3冬/2016年度
  • Mr.Oqumhula/Tanzania(M1)/India(M1)
    US(D1)
    奥村君/タンザニア/M1冬/2019年度、インド/M1冬/2019年度
    アメリカ/D1春/2019年度
  • Mr.Uejima/Kenya (M1/M2)
    上嶋君/ケニア/M1冬/2010年度、ケニア/M2冬/2011年度
  • Nishi/Taiwan(M2)、India(M2)
    西君/台湾/M2夏/2014年度、インド/M2冬/2014年度
  • Mr.Nakano/Italy(D1)/Italy(D2)
    中野君/イタリア/D1秋/2016年度、イタリア/D2/2017年度
  • Mr.Watanabe/Ethiopia(M2)
    US(M2)[※1year/Chicago/Argonne Natl. Inst.]
    渡邉君/エチオピア/M2秋/2018年度
    アメリカ/M2冬/2018年度
  • Imamura/UK(M1)
    今村君/ケンブリッジ/M1冬/2012年度
  • Hayashi/Kenya(M1)
    林君/ケニア/M1冬/2012年度};
  • Mr.Gewinner/US(M1)
    ゲビナ君/アメリカ/M1春/2019年度

05/How to visit our group


本学来訪の方法
交通アクセス [日本語] /Access [English]
Maezono group map
Hongo group map
  • JR/Komatsu station is the destination for your trip plan. From the station, you can take free-shuttle service to JAIST (reservation by faculties required). The shuttle departs from here Tell your name to the driver when you get in the shuttle.
  • 本学へのご旅程を組む際は、JR小松駅を到着地として本学シャトル/無料(当方にて予約手配)を利用し来学頂きます。小松駅でのシャトル乗車場所は こちら です。ドライバーに氏名を申し出て乗車して下さい。
  • Time table of the shuttle is given here . Please let us know which shuttle you’ll take so that we can make reservation for you. When you arrive at JAIST, we will meet you at the parking place, then we take you to our lab. and your accommodation.
  • シャトルの乗車時間は こちら となります。乗車時間をお伝え頂ければ当方らで予約手配を致します。シャトル到着後は停車場所にてお出迎えして研究室/宿所にお連れいたします。