北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 研究者紹介

研究者紹介

研究室
情報研究棟IS Building III 3F
TEL:0761(51)1248
研究室ホームページ
領域ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携総合推進センター

 

 

丁 洛榮 (チョン ナクヨン) 教授
情報科学系、知能ロボティクス領域

■学位

漢陽大学工学士(1987)、漢陽大学修士(1989)、漢陽大学博士(1994)

■職歴

大宇重工業主任研究員(1994-1998), 通商産業省機械技術研究所客員研究員(1995-1996), 韓国科学技術研究院Research Associate(1998), 漢陽大学主任研究員(1998-2005), 新エネルギー・産業技術総合開発機構研究員(1998-2000), 製造科学技術センター研究員(2000), 科学技術庁フェロー(2001-2003), 産業技術総合研究所知能システム研究部門主任研究員(併)(2003-2007), ジョージア工科大学訪問教授(2008-2009), カーネギーメロン大学訪問教授(2015-)

■専門分野

人間協調・共存型ロボット、遠隔操作ロボット、機械システムの知能化、知識ネットワークキングロボット制御

■研究テーマのキーワード

知能ロボットシステム

■研究課題

知識ネットワーキングロボット制御
近年、ロボットの活躍の場が家庭やオフィスなど一般環境に広がることへの関心が高まっている。しかしロボット向けに環境整備のできる工場と違い、家庭のような非整備環境での作業には様々な難しさがある。環境側にセンサ・アクチュエータや情報処理機能を分担させる情報インフラを構築することが考えられる。個々の物体ごとに操作知識を分散蓄積しておき、作業実行時にそれを統合利用することで物体に対する高度なハンドリングを可能とする知識分散型制御手法を用いた自律移動ロボットを開発する。
遠隔操作ロボット
近年の情報通信技術の発達と一般への普及を背景として、誰でも時間・空間的制約を超えて容易に操作が可能な、遠隔システムの実現を目指す。インターネットを始めとする通信ネットワークに各種のロボットを接続し、遠隔操作することによって、情報を伝達するのみならず、人手による作業、保守、医療、介護などの様々なサービスを効率的に伝送することが可能なシステムを開発する。
人間型ロボット
人間の日常生活環境において、人間と協調して複雑な作業を行なうことが可能な、高い安全性と信頼性を有する人間型ロボットの実現を目指す。
ヒューマンロボットインタラクション
人とロボットの間に、お互いを理解するために必要なインタラクションチャンネルを開き、双方が情報を共有して協力し合うシステムを構築する。

■研究業績

◇著書

  • Distributed Autonomous Robotic Systems,Nak Young Chong, Young-Jo Cho,Springer,2015
  • Networking Humans, Robots, and Environments,Nak Young Chong,Bentham Science,2013,228
  • Special Section on 2012 CASE of IEEE Transactions on Automation Science and Enginering,Nak Young Chong,IEEE,2013

全件表示

◇発表論文

  • Online Boundary Estimation in Partially Observable Environments Using a UAV,Abdullah Al Redwan Newaz, Sungmoon Jeong, Nak Young Chong,Journal of Intelligent & Robotic Systems,2017
  • UAV-based Multiple Source Localization and Contour Mapping of Radiation Fields,A.A. Redwan Newaz, S. Jeong, H. Lee, H. Ryu, and N.Y. Chong,Robotics and Autonomous Systems,85,12-25,2016/8
  • Fast Radiation Mapping and Unknown Multiple Sources Localization using Topographic Contour Map and Incremental Density Estimation,Abdullah Al Redwan Newaz, Sungmoon Jeong, Hosun LEE, Hyejeong Ryu, Nak Young Chong,Proc. IEEE International Conference on Robotics and Automation,2016/05/17

全件表示

◇講演発表

  • Culturally Competent Robots for Elderly Care,Nak Young Chong,SICE Annual Conference Workshop on Culture Aware Robotic Assitance foe the Elderly,Kanazawa,2017/09/19
  • Culture Aware Robotics,Nak Young Chong,Invited Seminar at Korea University,Seoul, Korea,2017/06/15
  • Culture Aware Robots and Environmental Sensor Systems for Elderly Support,Nak Young Chong,EU-Japan Centre for Industrial Cooperation Webinar 104 Paving the Way to Culturally Competent Robots: The CARESSES Project,Brussels, Belgium,2017/10/10

全件表示

■担当講義

ロボティクス,離散信号処理特論(E)

■学外活動

◇所属学会

  • IEEE Robotics and Automation Letters,Editor,2015-
  • IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication,Program Co-Chair,2013-2013
  • International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence,Program Co-Chair,2013-2013

全件表示

◇国際会議主催状況

  • International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence,School of Information Science, Professor, Nak Young Chong,2017/6/28-7/1,Jeju, Korea
  • The 2013 AGI Cognitive Robotics Special Session Cognitive Robotics: Joint Perception, Representation, Action andLearning,情報科学研究科・教授・丁洛榮, David Hanson, Hanson Robotics, USA, Fulvio Mastrogiovanni, University of Genoa, Italy, Il Hong Suh, Hanyang University, Korea,2013/08/02,Beijing, China
  • Ministry of Knowledge Economy Robotics-Specialized Education Consortium International Summer Workshop,情報科学研究科・教授・丁 洛榮,2013/01/10-12,韓国ソウル

全件表示

◇その他の国際・国内貢献等

  • アメリカノースウェスターン大学,訪問研究員,2001/11/26 - 2002/01/25
  • 韓国ロボティクス研究組合,専門委員,2002/01/01 -
  • 富士通サイエンティフィック・システム研究会,ロボティクスWG まとめ役,2004/04/01 - 2006/03/31

全件表示

■賞等

  • 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2011)優秀講演表彰,計測自動制御学会,2012
  • THE CAMBRIDGE CERTIFICATE for Outstanding Engineering Achievement,The International Biographical Centre, Cambridge, England,2012
  • International Engineer of the Year 2012,The International Biographical Centre, Cambridge, England,2012

全件表示

■共同研究等希望テーマ

  • ロボット学習支援のための知識ベースの構築