本文へジャンプ

INTRODUCTION

水田・マノハラン研究室では、グラフェンを
始めとする2次元材料や極薄シリコンをベー
スとして、ナノエレクトロニクス、NEMS
(ナノ電子機械システム)、アトムスケール
デバイスの探索に取り組んでいます。単一ガス
分子を検出する超高感度環境センサーや、
超低消費電力スイッチ、さらに量子ドットを
用いた量子情報デバイスなど、従来の半導体技術では困難だった極限機能デバイスを開発中です。
また英国サザンプトン大学をはじめ、多くの海外研究機関と密接な国際共同研究を行い、スタッフ・学生たちが親しく交流していることが、本研究室の大きな特徴の1つです。

水田・マノハラン研究室のホームページへようこそ!

水田教授は2018年度の文部科学大臣表彰・科学技術賞(研究部門)を受賞しました。 <リンク1> <リンク2>

研究室の日常生活なども紹介しています。ぜひご覧ください! <Twitter>

一覧を見るNEWS

  • 2021.11.30

    グラフェン雷センサに関するニュースが以下のサイトでも掲載されました。
    <リンク1> <リンク2> <リンク3> <リンク4>

  • 2021.11.27

    グラフェン雷センサに関するニュースが種々のサイトで報道されました。
    <リンク1> <リンク2> <リンク3> <リンク4>

  • 2021.11.26

    音羽電機工業、東工大と合同でグラフェン雷センサ開発に関する記者会見を行いました。
    <写真1> <写真2> <写真3> <写真4>

  • 2021.11.19

    水田教授がNIMS WEEK 2021@つくばの学術シンポジウムで招待講演を行いました。またNIMS AWARD 2021の審査委員として授賞式に出席しました。<写真1> <写真2> <写真3> <リンク>

  • 2021.11.01

    11月1日にエクセレントコア『サイレントボイスセンシング』国際研究拠点の2021年度学生シンポジウムが開催され、水田・マノハラン研究室の4人が表彰されました。新宅君(M1)が教授選出優秀ポスター賞、今北君(M1)が学生選出優秀ポスター賞を受賞しました。そして今北君(M1)と大園君(M1)と九鬼君(M1)の三人がActive Audience Awardを受賞しました。<写真1> <写真2>

  • 2021.10.22

    今年のNIMS WEEK 2021の学術シンポジウム(11/17)で水田教授が招待講演を行います。イベント詳細は以下で御覧ください。
    <リンク>

  • 2021.09.08

    オンライン講演会のお知らせです!
    10月7日(木)午後3時より、JAIST産学官共創フォーラム「サイレントボイスセンシング技術の最新研究と社会実装の最前線」にて、水田教授が講演を行います。
    水田研と共同研究推進中の太陽誘電株式会社と音羽電機工業株式会社の方にも、ご講演いただきます。
    ご興味のある方は、次のリンクから参加をお申込みください。
    <リンク>

  • 2021.08.27

    機械学習を使って結果をより深く理解することを目的に、エクセレントコア「Silent Voice Sensing」国際研究センターの下に、機械学習に関する新しい研究会が発足しました。水田研究室のDr Kareekunnan Afsalがこの研究会のモデレーターを務めています。2021-08-27(金)に第1回キックオフミーティングを開催しました。<写真1> <写真2>

  • 2021.08.06

    ナイジェリアからの留学生として、水田研で博士後期課程を修了、その後博士研究員として大活躍してくれたオサズワ・ガブリエル・アグボンラホールさんの新たな旅発ちです。ガブリエルさん、これまで本当にありがとう。Wishing you the best of luck!!
    <写真1> <写真2>

  • 2021.08.03

    来週8/10(火)午後の『マテリアルサイエンス系大学院進学者のためのオンライン研究室説明会』の参加者募集中です!
    締め切りは8/5(木)までなので参加希望の方はお早めにお願いします。
    当日はオンラインツールREMOを使って水田博教授が対応します。
    <リンク>

ページの先頭へもどる