北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 領域別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
マテリアル研究棟MS Building II 5F
TEL:0761-51-1621
研究室ホームページ
領域ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携総合推進センター

 

 

山口 政之 (ヤマグチ マサユキ) 教授
マテリアルサイエンス系、物質化学領域

■学位

京都大学工学修士(1989),京都大学工学博士(1999)

■職歴

東ソー株式会社四日市研究所研究員(1989-1999), 北陸先端科学技術大学院大学受託研究員(1995-1996), 東ソー株式会社四日市研究所主任研究員(1999-2005), Polymer Processing Institute, Visiting Scientist(2000-2002), 大阪市立大学工学部非常勤講師(2002-2006)

■専門分野

高分子物性、レオロジー、高分子成形加工

■研究テーマのキーワード

レオロジー、高分子複合材料、高分子成形加工、バイオマス系高分子、自己修復材料

■研究課題

レオロジー制御による熱可塑性樹脂の加工性改質
ポリマーブレンドなどの技術により熱可塑性樹脂の成形加工性を向上する
バイオマス系プラスチックの高機能・高性能化
低環境負荷材料として今後の需要が増加すると考えられているバイオマス系プラスチック材料の高性能化・高機能化を行う
副資材による高分子材料への機能付与
添加剤やナノ粒子などの副資材の添加により新しい機能を付与する
自己修復性高分子材料の設計
分子鎖のトポロジー相互作用を利用した新しいタイプの自己修復性高分子を設計する

■研究業績

◇著書

  • "添加剤によるポリカーボネートの光学異方性向上と位相差フィルムへの応用","光学樹脂の屈折率、複屈折制御技術と応用事例",山口政之,第11節, 技術情報協会, 2017.
  • "Manufacturing of High Performance Biomass-Based Polyesters by Rheological Approach" in "Handbook of Composite from Renewable Materials",M. Yamaguchi,Chap. 2, Eds. V. K. Thakur, M. K. Thakur, John Wiley & Sons, New York, 2016.
  • 非相溶ポリマーブレンドにおける第三成分の局在化とその制御,山口政之,ポリマーアロイの設計・制御・相容化技術, 第7節, S&T出版, 2016

全件表示

◇発表論文

  • Effect of acetylation site on orientation birefringence of cellulose triacetate,S. Nobukawa, Y. Enomoto-Rogers, H. Shimada, T. Iwata, M. Yamaguchi,Cellulose, DOI: 10.1007/s10570-015-0730-z,22,5,3003-3012,2015
  • Selective Localization of Carbon Nanotubes in PC/PET Blends,R. Wiwattananukul, S. Nobukawa, M. Yamaguchi,Polym. Comp., (2017). DOI: 10.1002/pc.23672,38,6,1103-1111,2015
  • Orientation birefringence of cross-linked rubber containing low-mass compound,A. Kiyama, S. Nobukawa, M. Yamaguchi,AIP Conf. Proc.,1664,030004 (1-5),2015

全件表示

◇講演発表

  • Control of optical anisotropy of cellulose derivatives,Masayuki Yamaguchi   ,Annual Meeting of American Chemical Society, ACS2017,San Francisco,2017.4. 2-6.
  • Rheological properties of polyethylene blend with poor mixing,Masayuki Yamaguchi, Tomoki Itoh, Jiraporn Seemork   ,Annual Meeting of Society of Plastic Engineering, ANTEC2017,,Anaheim, USA,2017.5.8-10
  • Autonomic healing of surface crack for glassy plastics,M. Yamaguchi   ,Frontiers in Materials Processing Applications, Research and Technology (FiMPART2017),Bordeaux, France,2017.7.9-12

全件表示

■担当講義

材料化学概論,物質デザイン・創出特論(E),ナノ情報通信材料論,分子設計特論

■学外活動

◇所属学会

  • Society of Plastic Engineering,Board member of applied rheology division (2016-),2014-
  • 日本ゴム協会,2011-
  • マテリアルライフ学会,2008-

全件表示

◇国際会議主催状況

  • 3rd International Workshop on Polymer Engineering and Processing,M. Yamaguchi and T. Kaneko (JAIST),2011/11/21,JAIST
  • 4th International Workshop on Polymer Engineering and Processing,Masayuki Yamaguchi, JAIST,2012/3/15,JAIST
  • JAIST International Symposium on Nano Technology 2010,責任者 マテリアルサイエンス研究科 山口政之,2010/09/30,石川県ハイテク交流センター

全件表示

◇審議会等への参画状況

  • COI研究推進機構運営委員会,委員,2016年度
  • SpringerPlus,Editorial Board Member,from Jan. 2016
  • 新エネルギー・産業技術総合開発機構 革新的ノンフロン系断熱材技術開発プロジェクト ,技術委員,2010年1月―2012年3月

全件表示

◇その他の国際・国内貢献等

  • 高分子学会北陸支部研究発表会,「高分子構造・物理」部門優秀研究賞選考委員,2016/11/11 - 2016/11/13
  • 第65回レオロジー討論会,第65回レオロジー討論会 オーガナイザー,2017/10/17 - 2017/10/19
  • Annual Meeting of Polymer Processing Society, PPS32,Organizing Committee,2016/07/25 - 2016/07/29

全件表示

■賞等

  • Best Paper Award, SPE Engineering Properties and Structure Division,Society of Plastics Engineering,2016
  • Best Paper Award, SPE Applied Rheology Session,Society of Plastics Engineering,2015
  • 総説賞,マテリアルライフ学会,2015

全件表示

■共同研究等希望テーマ

  • 熱可塑性炭素繊維複合材料のレオロジー、成形加工
  • 化粧品・食品のレオロジー
  • 高分子用機能性添加剤の開発